全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月27日

●八丁ヒュッテとお亀岩避難小屋1



俺がいつも思ってる「山の怖い話」聞くぅ?m9(・∀・)

高い山の尾根を隔てて隣同士が他県という県境の山。
仮に車で行こうとしたら正反対の方向へ大きく周回して行かないと着かないのに、足で登れば隣同士(゜Д゜) 
山頂から見ればあっちに下りるか、こっちに下りるか、ひとつ間違えば隣の県に下りてしまうという怖さ!

例えば三好市東祖谷の名頃の駐車場へ車を置いて「三嶺」に登ったとしましょう。
三嶺」は徳島県側からは「みうね」と呼ばれ、高知県側からは「さんれい」と呼ばれている大自然が残っている美しい山ですが、あなたがそこに登ったとしましょう。

なんとか山頂に到着!美味しいお昼ご飯を食べました。ε=\_○ノイヤッホーゥ!も言いました。
ところがお天気が怪しくなってきた!なんと大粒の雨!そしてガスもどんどん立ち込めて何も見えない。
こりゃいかん!でも何とかして下りないと…明日は大事な所用があるあなた。
今日中に下りないとえらい目にあう!

1547_3-thumb.jpeg

真っ白い景色しか見えない中、方向感覚を失い、行くべき道を間違えて気づけば西熊山方面へ下りて、高知県の香美市物部の光石登山口側に下りてしまった!
もちろん自分の車は無い。ここは高知県だ。車は徳島県。

雨に濡れて、疲れ果てた体でもう登る余力も無い。どうしよう…
タクシーやバスを乗り継いでなんとしても車を取りに行かなければならない(゜Д゜) 

もし仮にタクシーが通りかかったとしても…
物部から西熊林道下りて大栃周って、195号線へ出て四足峠トンネル越えて、やっと徳島県那賀郡那賀町木頭へ出て上那賀を通って相生を通って鷲敷を通って、阿南市へ入って日亜の前を通り持井の橋を渡って勝浦町に抜けローソン越えて勝浦川沿いに徳島市内へ出て、そして192号線目指して石井鴨島川島山川穴吹貞光でやっと左折、438号線に乗って一宇、そして剣山へぐんぐん向かい、見の越手前で439号線に乗ってくねくねと三好市東祖谷へ帰ってきましたよぉ~!って、これはほぼ徳島県一周コース
多大なる時間とお金の消費をしてしまう訳です。こりゃ、朝がきますよ。ええ。

実際にはスーパー林道走ったりして工夫すれば、そんなに大回りしなくても済みますが、道を良く知らない人、あるいは狭い山道が大嫌いな運転手だったら、この徳島・高知連合☆大迂回作戦に近いものになるでしょう。

隣はよその国!そこにはあなたが乗ってきた車は無い!

これが県境の山の道迷いの怖さでしょうか。映画に出来そうなくらい怖い!
大きな土と岩と木々の塊は己の足を使わないと越えられない。ヽ(´▽`)ノおのれ~
ひとつ道を間違えれば大変な事態を引き起こす!これぞまさしくみぞゆうの大惨事!
怖くない?ああそうですか。
俺は時々、この「道迷いで他県に下りてしまった話」を考えながら((;゚Д゚)ガクガクブルブルと怯えてしまうのです。
いろんな条件が重なり合えば有り得る話でしょう。無いか?ああそうですか。


■避難小屋ランキング堂々ワースト1位と言われた丸石避難小屋

さて先日、丸石避難小屋泊でひどい目にあった俺たちは、もう少しランク上の避難小屋で寝泊りしてみたい一心から、剣山系山脈の高知県側にある避難小屋を目指してみることに決めたのです。
目指す場所は高知県香美市物部町という場所です。ちょうど徳島県三好市東祖谷の「三嶺」「西熊山」「天狗塚」「綱付森」を挟んで隣の場所なんです。これらの山は両県にまたがっているという訳です。

裏から目指せ!m9(・∀・)ビシッ!! って感じでしょうか。

光石登山口

この物部町の光石登山口からカンカケ谷コースを登れば途中に「八丁ヒュッテ」、山頂近くに「お亀岩避難小屋」があるんです。
連休ならば、連泊!一気に2小屋制覇の予感!ネットで調べてみると双方ともいい条件に恵また小屋らしいのです。こりゃいかんとしゃ~ない。
しかも、あこがれの三嶺に繋がっているんです。ひょっとしたら初三嶺かもしれん!

調べていくうちに、徳島県側から登って真の「三嶺」は語れない!みたいな事を書いてあるページも見つけました。
高知県側の光石登山口から登ってこそ大自然の宝庫!それが三嶺への行き方だぁ!みたいな。

名頃から!?ちゃんちゃらおかしいわ!

と、そこまでは書いていませんでしたが、そういう風に書いていると感じるのと同じくらい書いていなかったのです。
ややこしいなヽ(´▽`)スマヌ 

IMGP4651gg.jpg
■俺が見た三嶺は「いやしの温泉郷」のモノレールの風景だけヽ(´▽`)スマヌ

そんならそこから登ってやろうじゃんかm9(・∀・)ビシッ!!と思いましたね。
なんたって、「八丁ヒュッテ」、「お亀岩避難小屋」と連泊すれば俺たちでもそこら辺の感じを味わえるんじゃないか?
一日では無理かもしれんが二泊三日もかければ…

光石登山口~八丁ヒュッテ(1泊)~カンカケ谷~お亀岩避難小屋(1泊)~西熊山~三嶺~フスベヨリ谷~光石登山口

裏から大作戦!こ、これだっ!m9(・∀・)ビシッ!!

いきなり、アメリカンクラッカーの上下連発状態を想像してしまいました。上でカンカン、下でもカンカン!
これ以上、カンカン言わせられないくらいの躁状態です。もうこれしかない!

hh_1.jpg
■知る人ぞ知るアメリカンクラッカー

冷静に考えてみましょう。まあ「三嶺」まで行くのはは無理かもしれん。それならそれで「天狗塚」へ行ってもいいし。
三嶺」手前でフスベヨリ谷からスベリ降りて帰る!これなら絶対なんとかなりそう。


■光石登山口(高知県香美市物部町)

そんな訳で連休初日の午後3時過ぎに光石登山口に到着!かなりの時間がかかりましたよ。木頭に入ってからが遠いのなんのって。しかも大栃から西熊林道も細くてうねうねです。
しかし、今日は「八丁ヒュッテ」で宿泊。ここから40分くらい登れば到着です。カルイ!

先日の「丸石避難小屋泊」では娯楽に関するものがゼロでした。今回は入念な計画を持って暇をつぶそうとしているのです。
まずは小説!小説さえあれば何時間も潰せる!読み耽ってしまえばこっちのもん!しかし、あまりにも面白い小説を持っていくと、明日も登らず続きを読んでしまい、小屋内から出られないという諸刃の剣!

という訳で昨晩、厳選セレクトしたんです。
そこそこに面白い小説を持っていくのがツウでしょうか。新しく買いに行くのも面倒です。「容疑者Xの献身」が手元にありましたがこれは山には合いそうに無いでしょう。本棚の前で考えました。
八甲田山死の彷徨」…(  Д ) ゚ ゚ こりゃ論外だわ。

なんでもいいやっ!と思って触ったのが西村寿行の「化石の荒野
ε=\_○ノイヤッホーゥ!こ、これだよ母さん!ε=\_○ノイヤッホーゥ!
古いけどちょうど剣山系山脈も出てくるし最高!東祖谷山村でライフル銃撃戦になるけど、まあいいか!

本が決まれば次は酒!これもスキットルにウィスキーを入れてきました。ちびちび飲んだろかぃヽ(´▽`)ノ
酒は百薬の長、されど万病のもと!万病はいらんか…
あとは音楽…あの日から少しづつ、少しづつ携帯に合計300曲ぶち込みました。
もう完璧じゃん!

IMGP7294.jpg

駐車場でトランクを開け、それらをまとめた小さなバッグをザックの背中に装着!これで完璧!
あと途中のスーパーで買ってきた2日分の食糧を入れてさあ出発!
背中に背負ってみると重い…明らかに重い。10キロオーバーは確実かもしれません。

しかし今が一番重いのだ!と思い直します。
食べれば食べるほど軽くなる、水はそれぞれの小屋に水場がある!
至れり尽くせりの入れたり出したりだ!

IMGP7117.jpg

ふと、E隊員を見ると彼女もかなりふらついている。何が重いんだろうと聞いてみると、ボンカレーマルちゃんのご飯5パックがやたら重いと抜かすのです。

ああ、こりゃきちんとアウトドアショップ系で乾燥系のお米系を買って来るべきだったなぁ~

と声をかけて労います。ここまで来たらもうしゃ~ない。

今晩、2つ食え!おかわりしろ!」と言い聞かせました。

食えば食うほど軽くなるんです。帰り間際には何も食料が無くなり、ザックを持ち上げた瞬間に宙に舞うかもしれないくらい軽くなるでしょう。ええ。


■西熊渓谷の案内板

標高920㍍の光石登山口にはトイレがあります。高知県側にある山の登山口にはトイレが多い!土佐矢筈山もそうでした。香美市物部町が管理している綺麗なトイレがありました。うらやましいかぎりです。
まずはここで用を足さないといけません。「山の上の放尿」でしょうか。
放尿、放尿、放尿、さかなのこ♪



出発しんこ~みゅーじっく!

用意は万全のはず、あとは体力のみ!今日はたった40分ですから大丈夫でしょう。道はかなり綺麗。
紅葉も終わりかけですがまだ大丈夫。なるほどいい感じだわ。沢沿いに渓流の音を聞きながら歩く。
実に大自然。会話には邪魔ですが、ただ歩いている限り爽快感!

なんやかんやのてんやわんやでもう午後4時を過ぎています。出来れば明るいうちに八丁ヒュッテに駆け込みたいのです。真っ暗になって入るのはちょっと怖いでしょう?
日の光があれば、小屋の内部をいろいろ見極められるはずです。
もっと真っ暗になれば、寒さと動物の襲撃による怖さで入りたくてたまらないようになるのも事実です。



ガンガン歩きましょう。っていうかいきなり下りてるんです。降下中。
ぬわ~んと堂床野営場なんて看板が見えてきました。かなりいい感じの野営場です。エメラルドグリーンの水を見ながらキャンプったぁ~おつなものに違いない!しかも無料らしい。
高知県にはこういう無料のキャンプ場がたくさんあります。素晴らしい!素晴らしい世界旅行!

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

標高850m!俺の70mを返せ!(゚Д゚#)

(続く)


ブログパーツ

スレッドテーマ:アウトドア:趣味・実用

メインページへ 

コメント

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。