全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月28日

●美愁湖試乗ツアー



先日より予告していた「正木ダム・美愁湖試乗ツアー」が行われました。
今回の参加者は上勝のカリスマTさんと、最近上勝で働きだしたゴローちゃん。
そして、これまた最近上勝で働きだしたσ(´▽`)ぉれぉれの3人です。
職場に2人乗りカヌー、「赤い人妻」を立てたまま置いている俺ですが、今回はそれの出番はありませんでしたので合計3人3艇の出撃です。まあ、平日なのでこんなもんでしょう。

さて、カリスマTさんは出撃前にホラ貝を取り出して一発、

ぶぉっ! と吹きます。



山伏が吹くような強烈な音が四方の山に反射して響きまくります。
そうです、彼はほら貝で有名なカリスマヤッホー認定士(ホラ貝づくりのプロ)なんです。
この上勝町にはヤッホーポイントというのがいくつもあるんです。
正木ダム周辺だけでも69個あるらしいですよ。ええ。

そのポイントでヤッホーと叫んだり、ほら貝吹いたりして、反響音の質や回数などを調べるカリスマヤッホー認定士なんです。
詳しくは「上勝ヤッホー調査隊のブログ」をご覧ください。

「上勝で遊ぶにはそのほら貝が吹けないとアカン!」

というので俺も、カリスマTさんにほら貝をカリマス。
早速一発…

びぃ~! びぃ…ぴにゃっ!

こんな音しかしません。昔から触った楽器は弦楽器オンリーのσ(´▽`)ぉれぉれ、これはマジで練習しないと上勝から追い出されるかも…
一方のゴローちゃんはきちんと吹けるんです。吹けないのは俺だけ…(ノ∀`)アチャー





さて、出撃の合図は町中に響いたはずです。それではいつものカモたちを蹴散らしてスタート!

漕ぎだせばいきなり別世界。
ぷかぷかと揺らぎのリズムで別世界。
しかも珍しくお天気も最高!山の中の湖は風光明媚の塊なんです。



ゴローちゃんは俺が作成した「正木ダム・美愁湖カヌーポイントマップ」を持っています。
若いのにたいしたものです。その探究心を褒めてあげたいm9(・∀・)ビシッ!!


■正木ダム・美愁湖カヌーポイントマップ(希望者に配布中)

正木ダム・美愁湖カヌーポイントマップ上の名所を回ります。
最初は「②ニホンカモシカの水飲み場
先日のブログで紹介した夫婦ニホンカモシカのいた水場です。
抉れた岩場がまるで隠れ家のように動物たちを守るのでしょうか、他にもいろんな動物が来ているのかもしれませんが、本日は残念ながら誰も居ません。


②ニホンカモシカの水飲み場

ニホンカモシカは特別天然記念物。
剣山系の山々では時々見られますが、正木ダム付近に住んでいるというのは聞いたことがありません。
奴らは2匹だけしか居ないのでしょうか。

ひょっとしたら2匹で剣山をスタートして、長い旅をこなしてここら辺の山に来たのかもしれませんし、居ないなら居ないで既にどこかに旅立ったのかもしれません。
何やら酒井法子の言い訳風な煮え切らない言い回しとなってしまいましたが、よくぞまあ、画像に収められたものです。
出来るなら上勝に定住して頂きたいものです。


■そうめん滝を覗くゴローちゃん

マップには載せていませんが、この次はそうめん滝A/Bがあります。
今日はそうめん滝Aのみが流れていました。そうめん滝Bは枯れています。
俺が知っている滝の中では一番、「流しそうめん」に適した滝でしょう。
この時期ならカヤックに乗ったままで奇麗な水を補給できます。
美愁湖、唯一の清水給水ポイントといっても過言ではないでしょう。



次は「④伝説の150間滝」です。上勝町には百滝という名所がありますが、高さ的にはこちらの方が倍以上あります。
ただ、難点は雨が降らない滝とは言えない幽霊滝なんです。大雨、台風の次の日こそ目指したいポイントです。


④伝説の150間滝

この2つのポイントは何回か出撃しないと見られない、レアなポイントです。
俺自身は今回の出撃で20回目位ですが、1回目は狙って大放瀑の150間滝、10回目は中放瀑の150間滝で当たり。20回目にしてニホンカモシカに大当たり!って感じです。
行き続ければ、いつかきっと見られる勲章のようなポイントかもしれませんし、そうでないと言うならそうじゃないのかもしれません。


■2日間の大雨のあとの150間滝(2006年3月)

さて、3つ目は「③どんぐり岬」です。実際は「④伝説の150間滝」の方が先に見えるのですが、マップのデザイン上、順番が入れ替わっています。ご了承下さい。

③どんぐり岬」は見えるポイントが狭いので出来るだけ離れないとあきません。
いや!っちゅうほど対岸にへばり付けば全体が見渡せるでしょう。
今回の「③どんぐり岬」は少し木が伸びて、毛の生えたどんぐりみたいになっていましたが、これも大自然のなせる技。
文句を言ってもしかたありませんが、それでも写真に収めれば「③どんぐり岬」です。ええ。誰が何と言おうと「③どんぐり岬」なんです。違いますか?ああそうですか。


■③どんぐり岬

最初はおしゃべりしながら漕いでいた俺達ですが、大自然の驚異に圧倒されてだんだんと口数が少なくなります。それほどに素晴らしい空間なのです。
季節により数種類、水位によりこれまた数種類の表情があるので、何度となく楽しめる。
一粒で二度おいしい」の数十倍の威力ですよ。ええ。



静寂なんだけど無音じゃない、癒されるのだけど眼は閉じられない、口ではうまく言えない空間。

これはぜひ体験して頂きたい。っていうか体験しなさい。いや体験しろっm9(・∀・)ビシッ!!
…と言わせてほしいくらいです。
俺がどんなに工夫し、知っている限りの言葉を駆使して文章に書いても、絶対に伝えきれないモノがそこにあるんです。

11月にはもう少し水位が上がり、岩の部分が埋まります。
そうなると今より遙かに広い湖という印象を受けるはずです。
イメージとしては水面から木が生えた、マングローブの森で漕ぐ!みたいな感じでしょう。
さらに紅葉がもっと進むでしょう。新たな美愁湖が見られるという訳です。
ダムなんて今じゃ敵のように扱われてますけど、既にあるものはどんどん利用するべきですよね。

先日、正木ダム管理事務所にとある用事で行ったのですが、正面切って質問してみました。

「ここのダムでカヌーやカヤックしてもいいのですか(゜Д゜) ?」

そう切り出すと担当者は、

「自己責任で危険のないよう遊んでください。救命胴衣は必ず着けて下さい。
              それから、オレンジ色の連続したブイには近寄らないでください」


とのことでした。これさえ守れば正式に自己責任で遊べると言う訳です。ありがたい!


カリスマTさんが時折、ほら貝を吹きます。
あたりに反響音がこだまして、ふぉんふぉんふぉん…と溶け込みます。
上勝町ではこの音が珍しいものではありません。上勝町に来られた方、もしもこの音が聞こえたならばカリスマTさん、あるいはその教え子達が鳴らしていると思って下さい。
びぃ~ぴにゃっ!と聞こえたら俺が鳴らしていると思って下さい ヽ(´▽`)スマヌ



さて、しばらく漕げば「⑤下からいっきゅう茶屋」ポイントです。県道16号線沿いにある「いっきゅう茶屋」でお買い物した方はたくさんおられるでしょうが、下から見た方は少ないでしょう。
きっと数えるほどのはずです。
まあ、お店の売り上げには全然貢献できない諸刃の剣ですが、たまには下から見るのも良いものです。



木々の位置関係で「ひだまり&ゼロウェイストアカデミー」は見えませんが、これはしゃ~ないか。ゴミステーションは少し見えます。
ゴミステーションの裏には行き止まりの道がついているのですが、出来ればその道を伸ばして、湖面に下りてくる道をつけてほしいと切実に願う俺です。

そうなれば、いったんトイレ休憩、あるいはここからスタート!なんてことが出来るとはずです。
坂道を登るのは大変だけど、いろんな選択肢が広がるのは新たな可能性を秘めている!と思いませんか?ああそうですか。目指せ!美愁湖ワンダーランド化!こ、これだっ!


■ひそひそポイント

ひだまり&ゼロウェイストアカデミー」の真下は現在の水位ならちょっとした入り江状態になっています。
ここに入ると流れ込みの音で会話がかき消されるため、ひそひそ話ができます。
これ以外の場所は何をしゃべっても湖面に反射して筒抜け状態ですから、秘め事を話すには持って来いの場所かもしれませんし、そうでないと言われるならそうじゃないのかもしれません。


■カリスマTさん

次は「⑥ちょっとたいくつポイント」と名打った区間ですが、カリスマTさんはここが一番お気に入りのようです。

ここが一番癒される

と言うので、俺も癒されてみました。なるほど確かに癒されます。
広くて日当たりが良く、水がきらきらしてて風光明媚。改めて美愁湖の魅力を再発見です。
俺は先を急ぐことばかりを考えて、「⑥ちょっとたいくつポイント」ぬわ~んて名前を付けてしまいました。反省しながら賛成します。
こりゃ、新しい名前を付けなければ怒られます。美愁湖の神に怒られますよ。ええ。



ふと気づけば、ゴローちゃんの姿が見えません。どこへ隠れた?沈したか??
先を急ぐと、ぬわ~んと岩場に乗り移ろうとしているゴローちゃんが居るではありませんか。



「泳ぎます」

ぬわ~んて言うんです。
確かに日差しは強烈ですが、水は冷たいはずです。もうすぐ11月ですよ。ねえ。
でも彼の意志は強いようです。
40代のカリスマTさんと俺は心の中で、(あほやなぁ…)と思いつつ、彼の若さが羨ましくも感じていました。おっさんには忘れていた感覚だったのです。



狭い岩の上で器用に服を脱ぎ始めます。
まるで風呂にでも入るかのように1枚づつ脱いで全裸に…

いけっ!ゴローちゃん、俺たちの青春を取り戻してくれっ!

ざっぶ~ん!!

ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、おっさんチームは笑いながら拍手を送ります。

「さ、さむっ!」

彼は数秒で上がってきましたが、彼の泳ぎはおっさんチームに「忘れていた何か」を思い出させてくれたのです。
でもそれがだったかまでは思い出せませんでした。ヽ(´▽`)スマヌ

ゴローちゃん、君の死は無駄にせんぞぉ!

ってか生きてますけど、死にも等しい勇気です。
ですが、ブログネタとしては最高でしたm9(´▽`)それそれ!

こんなゴローちゃんですが、少し前まで大都市で働いていたのです。
その時代に我がブログ「徳島☆秘密探検隊」を見つけて憧れて…いや、多分、憧れていたようなのです。
「中神子海岸をさぐれ!」時代から読んでくれているらしいので、かなり前からのファンかも知れません。

まさか、上勝に来て俺に出会うとは思ってもいなかったでしょうに。縁とはわからないものです。
偶然や奇遇なんて言葉を飛び越えた上に存在するものなのかもしれませんし、そうでないと言われたらそうでないのかもしれません。

そんなゴローちゃんは元の岩に上り、タオルで体を拭いて服を着ています。

「冷たすぎて逆に体が暑い」

なんて言っています。
俺にはなんとなく分かるような気がしますし、もう少しよく考えてみると分らないような気もします。




⑦「謎の自転車置き場」に差し掛かります。
何の為のものなのかわからないままですが、最初に来た時にはよくある自転車置き場に見えました。いろんな人に聞きましたが、誰にも分らず終いでした。
しかも今回は写真も撮り忘れてますヽ(´▽`)スマヌ


■2007年4月の画像

落石防止の棚のようにも見えますがなぜその区間だけ?と疑問を持ちます。
強度的には太い鉄骨でできていますから多少の岩なら防げそうですが、多少の岩なら間をすり抜けそうな感じです。といって巨大な岩なら一撃で潰れるでしょう。
高架の残骸にも見えないことはありません。ダム建設時に何かを運んだのでしょうか。
謎は深まるばかりです。


■下から日浦橋

水深の浅い区間を超えれば「⑧下から日浦橋」ポイントへ来ます。
よく渡る橋を下から見るのは少し感慨深いものがあります。
橋マニアにはたまらないかもしれません。
俺もいろいろと下から見上げてきましたが、1車線の橋を見上げられる場所はなかなかありません。
ダム湖ならではの場所かもしれませんし、そうでないというなら…もういいかこの新のりぴー語。
とにかく、橋マニアにもぜひ見上げてほしい日浦橋です。

⑨「最後の滝」ポイントです。美愁湖の湖面に注ぐ滝には幽霊滝が多い中、この「最後の滝」はいつも元気よく注いでいます。雨に頼らない真の滝です。アンタはえらい!
夏場ならここで終わり、この辺りは流れのある水の奇麗な川水浴場と化します。


■最後の滝

現在はダムに水を貯めている季節なので、もう少し上流を狙えます。
12月~3月位までなら寒いけれども、月ヶ谷温泉まで水上から行く事ができる訳です。
カヌーで入浴、ぜひ誰か試してほしいものです。
帰りには湯冷めして風邪をひくかもしれませんが、俺が思うにゴローちゃんなら出来る!
絶対、出来るはずです。頼みたいm9(・∀・)ビシッ!!


■最終到達地点

さて、本日の最終到達地点で一旦、上陸して休憩、足腰を伸ばしましょう。っていうか、ずっと伸びてたんで縮めたい。縮めさせて頂きたい。
何時間も座っているとやっぱり立ってみたくなるんです。
座りっぱなしってのは実に腰に負担がかかりますからね。

休憩が終われば帰りましょう。
来る時はかなりの時間がかかりますが、帰りは早いものです。
ゆっくり漕いでてもかなり早い。既に陽も傾いてきました。

今日、カリスマTさんが発見した「癒しのポイント」に今度は逆から差し掛かります。
いっきゅう茶屋」を正面に見据えて、ふと思います。

「この3艇で漕いでる姿を誰か写真に撮ってくれんかなぁ…」

と思いたったが吉日、いっきゅう茶屋で働くNちゃんに撮ってもらおう!という話になりました。
しかし誰も携帯番号をしりません。

そうだ、T子隊員だ!
彼女ならNちゃんの電話番号を知っているはずです。

なんとかお願いして連絡をとってもらい、写真を撮ってくれる事になりました。
なんというチームワーク!軽快なフットワーク!これぞ上勝だ!
かなりの急なお願いです。
おそらく携帯しか持ってないでしょうけど、その時のその瞬間を捕えて頂ければ幸いです。

頃合いを見はかり、ゴローちゃんがほら貝を吹きます。合図です。
いや、合図のつもりなんですが…

ぶにっ!



この大事な時に、いまいち響かない半端な音なんです。
泳いだので唇が工藤静香みたいに紫になったのかも知れません。
そこへカリスマTさんのほら貝が登場!

ぶぉっ!ぶぉっ~



あたり一面に響き渡ります。まるでこれから戦が始まるような雰囲気です。さすがカリスマTさん!

その瞬間、なんと「いっきゅう茶屋」の方からもほら貝の音が、

ぶぉっ!ぶぉっ~

Nちゃんからの返事です。っていうか返ほらです。

なんという事でしょう!「美愁湖」と「いっきゅう茶屋」の双方向通信!これぞ本来の使われ方!まさに戦いの火蓋は切って落とされた!
もう、誰がいきなり切られても文句も言えない緊張感!茶屋の方角から矢が飛んでくるのを想像してしまいました。
これこそ、上勝町ならではの出来事でしょう。素晴らしい!こ、これだヽ(´▽`)ノ


■いっきゅう茶屋を12倍ズーム

カリスマTさんのほら貝が、

ぶぉっぶぉっぶぉっぶぉ~

と弾みます。

ありがと~」と吹いたのです。
さすが、カリスマTさん!ほら貝でしゃべるとはヽ(´▽`)ノ

いろいろと面白い上勝の美愁湖、そして上勝の人たち…素敵過ぎ!



というわけで無事終わった美愁湖体験ツーリングでした。
カリスマTさん、ゴローちゃんお疲れ様でした。
ご協力頂いたNちゃん、T子隊員ありがとうございました。
次回はぜひみんなで行きましょう。俺もほら返できるよう練習します(ノ∀`)アチャー



2020年までには上勝にカヌー&カヤックのイメージを定着させるという、「上カヌ乗らんかい!」です。
みなさんぜひご参加下さい。


*マップ上の名称はすべて俺が勝手に付けたものです。ご了承下さい。



■この記事の関連ブログ
参加いただいたカリスマさんの「上勝ヤッホー調査隊のブログ」より
カヌーdeヤッホー その1
カヌーdeヤッホー その2

茶屋よりほら貝吹いて頂いたNさんの「みんなのはたけ」より
カヌーdeヤッホーがやってきた。

コメント頂いている通りすがりのyadoさんの「あるでよ Blog」より
正木ダム 美愁湖 上カヌ 十月桜

ぜひご覧くださいm9(・∀・)ビシッ!!



ブログパーツ






スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●上カヌ
この時期に、美愁湖 に飛び込むとは・・・ すごい!!
もう少し、紅葉がすすむと、さらに景色が良いかもしれませんね。

情報発信のみですが・・・ 私のブログでも、少し、紹介しました。
いろいろやってるので・・・ 同一人物なのか みなさん ?? するらしい。

正木ダム 美愁湖 上カヌ 十月桜
http://blog.arudeyo.com/archives/1293361.html
●上勝について
上勝で11月より仕事をするアウトドアスポーツ好きのものです。
MTB、クライミング、登山とカヤックを少々します。いずれ遊びにまぜてください!
ところで緊急で借家または部屋を探しているのですが、情報あるいは詳しい人をご存知でしょうか?
藁にもすがる思いです。
ご存知でしたらぜひmottohotあっとhotmail.comに一報お願いします。
●うぉお!(´ロ`ノ)ノ
yadoさんブログでのご紹介ありがとうございます。
おかげさまで上カヌのらんかい!も大きく広まるかもしれません。
いま、隊員を2000名ほど集めようとしていますが、これがまたなかなかなんです。
まあ、10人くらいは集まるでしょう。yadoさんもいかがです?
この季節最高ですよ。ええ。



新参者さん、上勝にご就職おめでとうございます。
http://www.kamikatsu.jp/wakamono/jutaku.html
ここにいろいろ載ってますよ。ぜひご覧ください。
あと、旧老人ホームも住宅化されたと聞きましたよ。
とりあえず役場にゴーでしょうか。
●スローライフ
休みの日に、のーんびり、ゆっくり、スローライフ 過ごすのは・・・
めちゃくちゃ、興味はあるのですが・・・ なかなかパワーが・・・
どっかに、走り回ってます。カヌーは、老後の楽しみに (汗

遠くの12倍ズームなので・・・ ちょっとピンぼけ気味ですが、
画像ファイル 必要ですか? エンジンかけたままだったので
ちょっとブルってた?みたいです。
橋からのアングルだと、もっと撮影してた可能性ありますが
その時の、見たぞーって感じで、2,3枚で終わってしまいました。
●カヌーツアーお疲れ様♪
いいお天気でよかったですね!
写真&コメントだけでも、楽しそうです。

寒くなってきたら、カヌーもオフシーズンかと思っていたら、
まだまだ?大丈夫なんですね~。

上カヌのらんかい!ぜひ、またの機会には、参加したいです!

■yadoさんコメントありが㌧でございます。
よかったら画像ファイル下さい!
なかなか上から写した画像ってのは少ないのでとても欲しいのです。
写ってればなんでもいいので、ぜひお願いします。

■楓ちゃんコメントありが㌧でございます。
上カヌのらんかい!ぜひ参加してください。
前回みたいなんじゃなくて乗りまくり!、カヌーでどっぷり5時間は最高です。
でも、急げば3時間くらいで大丈夫です。俺たちは道草食いすぎでした。

カヤックは冬は関係ありませんからね。
水濡れがほとんどないのでいつでも大丈夫です。
下半身はすっぽり艇の中、上着をきちんと着込んでいれば大丈夫です。
あのスピードで漕げば想像つくかと思いますが、もちろん自転車より暖かいですよ。

次回はお休みの日に連れて行きますからよろしくm9(・∀・)ビシッ!!
●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

yadoさんありがとう!いただきました!
お手数掛けますがもう削除して頂いて結構です。
ほんまにありがとうヽ(´▽`)スマヌ
●了解
おおお、取り出し & 紹介対応、早いですね。

橋の上からの撮影なら、もう少し見栄えが良かったのですが、
木と木の間からの撮影だったので、止まれ・・・ 木が入る・・・
っと思いながら撮影してました。
●貴重画像
■yadoさんコメントありが㌧でございます。

十分ですよ。ありがとうございます。
俯瞰のカヌー画像なんてなかなか撮ってもらえません。
貴重な画像ですよ。ええ。一生モノです。
ほんまにありがとうヽ(´▽`)ノ
●おつかれさまでした!
さすがにこれだけの距離をカヌるといろんな景色が見れますね☆
また平日隊で動ける人もできたんですね♪♪
うれしい限りです^^
11月は仕事がきつい季節なので、なかなか予定が合わなかったりしますが、
またぜひお供させてくださいね~w
山にも行きましょう♪
紅葉が駄目なら、雪山でww
●ひさしぶり!
いとちゃんコメントありが㌧でございます。
どちらかというと、今なら俺も平日のほうが休みやすい感じです。

このあと正木ダムはグンと増水してまた違う世界です。
草木が水につかり、ちょうどマングローブの森みたいな感じ…
ぜひカヌりましょう。休み教えてくれたら合わせますとも。ええ。

ぬわ~んと!わりと本格的な女性隊員が増えてきましたよ。
いっちゃさんやかえでさんです。あと男子も少ないけどゴローちゃんがいますよ。ええ。
山もいかなきゃねm9(・∀・)ビシッ!!

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。