全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月15日

●正木ダムと赤い人妻


■アクアテラ社製二人乗りカヤック。通称:赤い人妻

仕事用のおぷちぃでカヌーを運んだろかいっ!と思い立ったが吉日、通常の許された長さ制限の範囲で1.1倍しても、4mの「赤い人妻」を運ぶには28.1cm足りません。
違反者には罰金7000円と減点1点…
は、運びたい!」と思うと居ても立っても居られない俺なんです。

軽四でカヌー運搬は無理かっ!(  Д ) ゚ ゚ 

と思いつつ最寄の警察署に行ってみると…

なんと即日発行で許可証がもらえるではありませんか!
とりあえず10日間有効の許可証ですが即日発行なら文句無しですよ。ねえ。



車検証、印鑑とカヌーの寸法データだけで即日発行なんです。
お手軽ですよ。これならキャリアベースさえ付いていればいつでも大丈夫。
何事も実験、実証だなぁ…と思いつつ10分ほどで小松島署交通課をあとにします。

その他に3ヶ月間有効の許可証もあるみたいなのですが、そちらは申請してから時間が必要なようです。 10分で許可証もらえるなら10日間有効の方で十分ですわ。ねえ。

さて、許可証と一緒に渡された注意書きには赤い布をカヌーの最後尾に吊るすように書いてありました。
30cmx30cmの赤い布なんてどこに売ってるのだろうか。

悩んだ挙句、100円ショップに行って「赤いハンカチ」を探してみましたがありません。石原裕次郎じゃあるまいし今時、「赤いハンカチ」なんて使う人おらんわなぁ~

代用品があるはずだっ!と思いながら探し出したのが暖簾(のれん)!
大きさは充分、赤さも実にいい感じです。
う~ん、実に居ても立っても居られる!こ、これだよ母さん!




そんな苦労をしながら、古い小さいおぷちぃに「赤い人妻」を搭載しつつ上勝町の正木ダムに向かってみました。

赤いカヤックってやはり目立つのか?いつもよりガン見の視線を感じます。
どっちかと言えば目立ちたがり屋の俺ですが、今回の目立ち様は少し違うぞぉ。
心持ち笑われているような気配すら感じます。

っていうか、帰宅途中の小学生達に大笑いされているし。俺が欽ドン賞なのかぁ?
これではいか~んと思い反対に笑い返してやります。

何が可笑しけらっm9(・∀・)!!



きっとバランスでしょう。ちっこい車にでっかいカヤック。
しかも割と地味な銀色に激しい赤のコントラスト!ウルトラマン色じゃないか!
こりゃ可笑しいわなぁ。

なんか来たぞぉ!車か?船か?ウルトラマンかぁ?

まさに何がメインかわからん可笑しさ。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

どうせ笑われるのなら、キャリア上のカヤックに乗っておぷちぃを運転してやろうか!とも思いましたが無理でした。足がアクセルに届かんし、下手すりゃ坂本トンネル入口で頭を打つかもしれません。
そんな事を妄想しつつもガンガン走れば無事、正木ダムに到着です。



久しぶりの正木ダムです。っていうかカヤックに乗ること自体が久しぶり。カヤックオフのBBQで肉を食らい、ビールをたらふく飲んでも、カヤックにはなかなか乗らない俺なんです。


夏の終わりのダムは暑いような寒いような、清清しいようなそうでないような何とも言えない雰囲気でした。 なんせこの「赤い人妻」、2008年の年末に探検隊カヌー部員8人によって買った艇ですが、まだ乗ったことが無い人が一杯いるのです。
中には金だけ払って、まだ見たこと無いと言う人も居るはずです。

そんな人たちの思いと希望も乗せて~スタート!



最近、気がついたのですがこの2人乗りのカヤックの前部座席は艇の中心まで移動できます。
最初に引き取りに行った時の試乗でまお隊員とそんな話をしたような気もしますが、すこ~んと忘れていました。
今回は一人乗りですので出来るだけ後ろへ移動させましょう。そうすれば中心が重心となりかなり安定するはずです。


■ノブをゆるめて任意の位置へスライドできます。

青い稲妻」に比べると重いけど思ったよりは軽い漕ぎ心地。これも座席移動のおかげでしょうか。
底にキール(船の竜骨)が無いため、するっと斜め移動が出来るのが最大の違いです。
感覚的にはFF駆動の車をイメージしてもらえば分かり易いかもしれません。



俺的にはラダーが無いのがイマイチですが、ラダー嫌いの人にはこれでいいのかも。
湖の流れを感じる場所では左か右、どちらか一方ばかり漕いでいないと真っ直ぐ進まないような場所が時たまありますが、これが実に肩が凝る原因になったりします。

その点、ラダーがあれば普通に両側を漕いで、足で調整すれば大丈夫。楽勝。
ラダーを付ける場所はあるようですので、もうひとつ上のクラスならきっと付いているのでしょう。
そのラダーだけで3万~5万するんですよ。高価なものなんです。


さて、思いっきり漕いでスピードを出してみましょう。どぉえ~いヽ(´▽`)ノ!!

…ってか出ません( ´Α`)あふぇー
この90センチ近い幅では2人分の合計馬力が無いと思うような速度がでません。
1人乗り時はゆったり乗らないとアカンのです。



座席を後ろに下げたことにより、パドルから滴り落ちた水滴がズボンや靴にダイレクトにポタポタ落ちます。こりゃ何かカバーが必要ですわ。
荷物を留めておけるゴムバンドも必要です。足元の広さには余裕がありますが、ここに荷物を置くと濡れてしまいます。 乾燥わかめを置いておけば、帰る頃には“戻っている”かもです。まあ、置かんけどねヽ(´▽`)スマヌ

コーミング(乗り降りする開口部分)の形に合わせたカバーを器用な誰かが作れば最高です。
きっと最高です。誰か作って下さい。作らせて差し上げましょう。っていうか作りなさいm9(・∀・)ビシッ!!



安定度は探検隊カヤックの中では一番でしょう。内湾で釣りするのに持って来いです。
竿を付けるホルダーとか、餌入れ小物入れとかを装着すれば2人で釣りするのに持って来いでしょう。ビクみたいな網みたいなヤツを用意すれば、鮮度の高いまま海中で魚を泳がしておけます。釣れればの話ですが…

キス釣りに行きましょう!天ぷら大会をしましょう!
海用3艇+赤い人妻なら5本の竿が出せます。運がよければ、「白ギス新鮮天ぷら食い放題祭り」が開催できるかもしれませんよ。
っていうかそれだけ艇出すなら、大きな網をみんなでつかんで追い込み漁をすれば大漁かも!
いやいや、おそらく違法なんでしょうね。カヌー漁…


少し奥のほうまで溯上してみましょう。
流れの抵抗は皆無です。静水を通り越してすでに止水でしょうか。漕がないと止まったままです。
この先の「仮称150間滝」を見に行きましょう。夏の幽霊滝ですから水無しでスッカラカンかもしれませんが…



うぉお!(´ロ`ノ)ノ なんかおるでぇ~!!

細々と湖に流れ込んでいる沢のそばに動くものが…

カ、カモシカ!

今までに見たことない光景です。
ただの沢と思ってた場所が、ぬわ~んと動物の水飲み場だったとは…



傾斜のきつい場所なのに歩いてやってきたようです。人間ならまず滑り落ちるでしょう。
あんな足でようやるわぁ…
山では時々見かけますが、まさかカヌってる時に見るとは、びっくりこっくりしゃっくりぷ~ですわ。


■オスか?立派じゃないけどツノがあります。


■メスのような感じ。

あらあら、よく見ると二匹います。
右側がメス、左側がオスでしょうか。メスがオスの方を見て心配しているような感じ。
オスは徐々に左の上の方へ移動しています。

メスは後ろ髪ひかれつ、右へ少しずつ移動…
俺が飼ってるわけでもないのに、落ちるなよぉ~と心の中で祈ります。もし湖に落ちて俺の方へ泳いできたらどうしましょう!

そうなればカモシカも必死ですから、登る場所なんて選んでられません。しかも辺りは切り立った岩ばかりの場所、一番這い上がり易いのが俺の「赤い人妻」なのは間違いないでしょう。



俺はカモシカを助けるために二人乗り艇に一人で乗ってきたんじゃないですからね。
そんな事態になればそれこそ大笑いですよ。カモシカと二人乗り…
今週の欽ドン賞間違いなしです。

仮にボチャン!と落ちてバシャバシャ泳いで這い上がってきて、なおかつ後ろの席にきちんと乗ったとしましょう。
それならそれでしゃ~ないけど、ただでさえ重い幅広の艇です。一人ではなかなか漕げない艇を俺一人で漕ぐのは苦痛ですよ。ねえ。

おまえも漕げ!

…ってパドル渡しても、奴のヒヅメじゃパドル握れる訳ないし、こりゃ重くなっただけ損です。

結論が出ました。やっぱり落ちるなよ~これが正解。祈りましょう。
そんな心配をよそに、そろ~りそろ~りと移動しつつ無事に右上の林の中に消えていきました。( ´Α`)あふぇーよかったぁ…




さて、帰ってきて調べましたら奴らは特別天然記念物のニホンカモシカでした。
奴らの“あんな足”は非常に斜面に有効とだと記載されています。
奴らはシカと違いヒヅメの先を広げて立てるらしいのです。
しかも崖地を好むとも記載されていました。自信があるからこそ、あんな斜面を移動して水飲み場に来てたのですね。納得、納得。

ってか、それならパドル持てるじゃん(  Д ) ゚ ゚

次は乗せてやるから
おまえも漕げ!



ブログパーツ






スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●お元気そうですね!
アゲ谷さんおはようございます。
古い小さいおぷちぃに「赤い人妻」ですか、ジブリ作品に出てきそうな光景ですね。古座や郡上でカヤックキャリア付きタクシーがいますね。
たまに赤い積載物に赤布って見かけますが、保護色の布を付けるってユラユラとなびけばいいのかな。手旗ならありますが30cm四方布だけってなかなか有りませんよね。
最近は狼もいなく食物連鎖の狂いで鹿系が増えているようですね。
昔ボーイスカウトでスタッグ班をつくりました(笑)

■Take It Easy!さんコメントありがとうございます。

そう言われてみるとジブリィ~な雰囲気かもしれませんね。
おぷちぃがちっちゃくて丸っこいからでしょうかヽ(´▽`)ノ
次回はカヤックの上にニホンカモシカのオス&メスを乗せて正木ダムへ行ってみたい!
ニホンカモシカ送迎車みたいな!

一部の地方で天然記念物化された奴らも天敵がいなけりゃ増えまくりとは、大自然はなんて素晴しい…ような素晴らしくないような…

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。