全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月16日

●男臭い登山 in 丸笹山

pp033.jpg

12月14日の日曜日、「そろそろ山へいかないか?オフ第三弾」が行われました。
今回の目的地は矢筈山だったのですが、朝起きてみるとなんと雨!午前5時半からH隊員と晴れ間を待ち望みます。
今や登山部主要メンバーの彼は、前日から基地に宿泊しています。
年末商戦が始まれば、彼の休日はすっ飛んでいくらしく、誰よりもこの日を待ち望んでいたのでした。

しかも彼は今日の日のために新兵器を投入していました。
それは…某アウトドアショップ「ジョイン」で購入したブラックダイアモンド製のトレッキングステッキ!二本一組で強固な造り、しかもワンタッチストッパー付のため縮まない、固着しないというこのストックは、登山だけでなくスキー、スノーシューでも使えると言う強力新兵器なのです。

そんな彼の願いが通じたのか、6時半頃には晴れ間が見えてきました。
ε=\_○ノイヤッホーゥ!と喜んでいるところに、まお隊員が到着、今日は男三人の「男臭い登山」なんです。晴れ間が見えるものの曇りの気配。しかも午後の降雨確立は30%だと天気予報が言ってます。

こんな日は迷わず標高の高い山へ行きましょう。なまじ近所の山で我慢してますときっと雨にたたられます。
標高の高い場所なら間違いなく、あられ、悪くてもみぞれでしょう。
そう願いながら、予定より1時間30分遅れでスタートします。

とりあえず438号線を走って見の越へ行きましょう。そこら辺の雪の具合で目標の矢筈山へ行けるかどうか判断することにしました。

P1000046.jpg

川井峠のあたりで剣山方面の山々に日が射しているのが見えました。思わず停車して撮影します。神々しいの一言。この景色を見ただけでも来た甲斐があったってもんです。

ここまで道路に雪は皆無。凍結もなし。しかし山をみると山頂に近い部分は真っ白、少し下を見ると緑と茶色の木々がいつもどおりに…ここら辺の山脈すべてこの状態で、白と緑の二色に分かれているんです。なんか異様な感じ。

P1000036.jpg

想像するに、細なが~い雪雲が山頂部分にかかったまま全然移動せず、その場所のみ雪を降らせたような感じ。
見の越へ登る道も雪なしでなんなくスイスイ走れます。雪の無い道はまだ秋の気配のままで、季節感がおかしくなりそうなσ(´▽`)ぉれぉれ

P1000031.jpg

しかしそう思ったのも束の間、1500m近くなればいきなり雪が積もっています。剣山付近では1500mを境に雪!
それまでは秋の気配の道!もうこれはホームランか三振か?みたいな感じでしょう。
まあ、とにかく面白いものを見せてもらいました。感謝しましょう。
さて見の越へ到着です。積雪は3センチくらいでしょうか。朝降った雪のようです。なんか水っぽい感じ。
誰も居ません。奥の方の屋根付駐車場に2台くらい車が有ります。とても登山ではなさそうな感じの人です。
トイレを借りて再スタート!しかし、時刻はもうすでに9時40分。矢筈山に行くにはまだかなりかかりそう…という訳でお手軽な丸笹山にしようかと言う事になり、結局は丸笹山へ登山となったのです。

P1000032ss.jpg

なんたって矢筈山はアプローチが遠いのです。ええ。落合峠に行くのも遠いし、落合峠の登山口から山頂までがまた遠い。今日は我慢しましょう。

凍った夫婦池を越え、冬季休業中の「ラフォーレ・つるぎ山」の前を通り丸笹山登山口へ
前日にスタッドレスに履き替えた我がシビクペは快調、まさかのためにジャッキとチェーンも積んであります。
これぞまさしくジャッキー・チェーンでしょうか…ヽ(´▽`)スマヌ

P1000038.jpg

一台のジムニーが止まっています。それのみであとは誰も居ません。俺たちが2台目の車でしょうか。
雪は所々あるだけでビチョビチョの水溜りの方が多いんです。それでもベンチには5センチくらい積もっています。
早速、用意を整え登りましょう。

P1000040.jpg

通常、片道40分とお手軽な山ですが、最初にある不揃いの階段たちが足腰に来ます。
変なリズムで登ることの難しさを実感する山でもあります。まあ最初だけです。いやいや、途中にも少しありますが我慢しましょう。途中から雪山になるのは間違いないのです。お手軽に雪山気分を味あわせてもらえる丸笹山に感謝の気持ちを持って登りましょう。

思い起こせば今年だけでも…(  ̄- ̄)トオイメ…

IMGP4949hh.jpg IMGP5362hh.jpg
■1月17日、2月1日
IMGP566hh.jpg
■5月3日

IMGP7358.jpg
■本日12月14日

1月17日、2月1日、5月3日、そして今日と4回目ヽ(´▽`)ノ
もう、俺を「丸笹山チャンピオン」と呼んでほしい。
いくら簡単でお手軽、しかも雪山も楽しめるとはいえ、こんな簡単な山に普通4回も来ないだろうと思います。どっちかと言うとハイキングみたいな山ですわ。ええ。

IMGP7360.jpg

でも、そのお手軽さの数倍の「爽快登山」を確実に約束してくれる、明訓高校の小さな巨人・里中クンみたいな奴なんです。
もちろん標高も1712mと立派なもんですよ。

今日、途中で見てきた山と同様、ある程度の高さまで行かないと雪は無いようです。登山道にはまるで雪がありません。木から落ちてきた雪が散らばっているだけです。

突然、H隊員が立ち止まって何やらゴソゴソやりだしました。どうやらせっかくの秘密兵器をザックに収納するようなのです。使い慣れないから邪魔なのでしょうか。

IMGP7363.jpg

このマウンテン・ステッキですが、杖の代わりに片手に持って登るだけで膝の負担を25%減らすと言われています。片手なら杖代わりですが、両手に持つと大胸筋や腕の筋肉に直接働きかけ、なんと歩くだけの運動を全身運動へと変えてしまうらしいのです。生半可な気持ちでは腕の筋肉に負担をかけるだけです。徐々に慣らしていけばパワーリフトと言うべきスピードと力強さを見せながらグングン登れる人になります。
彼はストック無しでも次郎笈を数分で走りあがった男です。ひょっしたらあと二本位必要なのかも…

俺も当初、二本持ちで挑戦しましたが腕がだるいのなんのって…( ´Α`)あふぇー
その1回だけで止めてしまいました。でもいつかはパワーリフトだっm9(・∀・)ビシッ!!と思っているのですが、いつになることやら…ヽ(´▽`)スマヌ

IMGP7373.jpg
■きみ、もう使うてないやん

さあ、ある程度の標高まで来ると雪が増えてきます。積雪も5センチでしょうか。林の中で5センチですから場所によっては10センチくらいあるかも知れません。しかしどこの雪もごく最近の雪のようです。木に覆いかぶさっているだけ…しかも湿気が多く重たそうな雪です。

IMGP7364.jpg

ガスってきました。しかしガスが出ても迷うことはありません。
もう、人に歩かれ過ぎてて、道が道にしか見えない山なんです。
道にしか見えない道を歩いていけば知らぬ間に頂上へと導かれる、素晴らしい安定感!俺が思うに山としては「優しさチャンピオンの山」かもしれません。

今回のまお隊員は前回と違いかなり元気そう。彼は今日で2回目の登山ですが、俺たちと行動することが楽しいようです。おそらくもう山好きと呼ばれる部類でしょう。スノーボードが趣味なので雪山耐性は持っています。

IMGP7369.jpg

隊員のなかには一度行ったきりで2回目の登山に来ない人もいますからね。やはり趣味って奴は多様です。いろんなものがありますから合う、合わないってのはあるでしょう。
でも、ぜんぜん来た事無い人に比べりゃ、登山に一度でも参加する人はまだマシです。えらい!と言ってあげたい。
カヌー、カヤックは物珍しく簡単そうですから興味を持ちやすいでしょう。その点、登山ってのは体力勝負。たしかに最初はとっつきにくい趣味かもしれません。体力はかなり必要だろうと思われているはずです。最初は優しい山から始めればなんてこたぁ~ないのですけどね。俺も二十代に戻れるならば、ガンガンと強烈な優しくない山に登っているかも…いや!やっぱり登山なんかしていないかも…ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

IMGP7396.jpg

さて笹原の頂上付近へ出ました。ガスっています。風は少しだけ…
ここへ来るたび素晴らしい景色が見えてたのですが、今回はどうもだめっぽい…そういえば前回の剣山登山オフもガスってたわ…

「だれかガス男がおるんちゃう?」

みんなに聞いても「タイチョだ!」と言うんです。おそらくその通りでしょう。
でもよく考えれば、前回はある程度時間が経てば晴れたじゃないですか。ねえ。

IMGP7402.jpg


俺はきっと、最初はガス、最後は晴れ男なんですよ。ええ。

はい、頂上キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

IMGP7414.jpg

誰もいないのでセルフタイマーで記念撮影します。変な画角で撮れました(゜Д゜) 
温度計を見るとマイナス2度。風が弱い分、前回の剣山オフよりはマシでしょうか。耳がちぎれそうとまでは感じません。

晴れないので途中にある「仮称・倒れたコンクリ土管休憩場所」で昼食としましょう。
そう思って下りようとしたら…

IMGP7418.jpg

晴れ間キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

さすがはσ(´▽`)ぉれぉれ

IMGP7420.jpg

若者たちも感動しています。男臭いチームでしたがそんなにも臭くないぞ!と思わせるこの瞬間。
いや、晴れ間が見られるなら臭くてもいい!もっともっと臭くなってもいいので晴れてください!
山の神様にお祈りいたしましたらどんどん晴れてくるじゃありませんか。

IMGP7425ss.jpg

しまいにゃあ、晴れ間はどんどん拡大、塔の丸が見え出しました。
雪化粧の塔の丸です。尻尾側から見る恐竜みたいな感じ。
今日、本来なら行くはずであった矢筈山も見えています。


俺ら降りようとしたら晴れるやん!

        自分、めっちゃずっこいやん!


山の神様に大阪弁で話しかけながらもしばらく待ちました。
が、結局は晴れたりガスったりの繰り返しで、その後は小さ目のあられも降ってきましたが、幸せな俺たちだったのです。

IMGP7441.jpg
■雪が降った約1500m以上と、降っていないそれ以下の標高の線引きライン

さあ、景色は見た!あとは男臭い昼食だm9(・∀・)ビシッ!!

秘密☆探検隊アウトドア調理ガイドH隊員です。今日のメニューは①ホットコーヒー②ライス③豚キムチ炒め④フカヒレスープらしいのです。あっ、締めは⑤生姜湯。これは温まるはずです。身も心も温まるはず。

IMGP7443.jpg

まずはお米を炊きます。この標高で完全なコメ炊きは非常に難しいのですが、彼ならなんとかやってくれるでしょう。俺は一番簡単な、お湯沸しを担当しましょう。ホットコーヒーあげちゃうm9(・∀・)ビシッ!!

IMGP7444.jpg

寒さの中で飲むコーヒーは最高。やはり速攻で温まるのは液体です。飲めば飲むほど暖まる。
でもすぐに冷えます。半分飲めば、三倍くらいの速さで冷えていきましょうか。でも飲まないでも冷えますから、飲まないと損です。

うわぁ!この豚キムチめっちゃやばいやん!

        どないなってん、これ!ホンマ激シブやん!


大阪弁でほめながらも、寒い中で調理するのも登山の醍醐味。外で美味いもの食えば気分も晴れる!
お天気もどんどん晴れる!
もし、あなたが冤罪に貶められているならば、その疑いまでをも晴らすかもしれません。
んなこたぁ~ないかヽ(´▽`)スマヌ
とにかくお手軽雪山は本当に楽しい。
あと2回くらいなら行ってもいいぞぉ!と思わせる丸笹山なのでした。

IMGP7450.jpg





ただいま、徳島☆探検隊登山部では隊員募集中!
君も山頂・豚キムチ食わないかm9(・∀・)ビシッ!!



ブログパーツ












スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント


降雪限界ってのがあるんですかね???
面白い現象ですね♪
それにしてもこの「豚キムチ」!
ウマソウです♪  飯に載せても、ビールのアテにも・・・最強のフンイキ!!。♪♪♪
雪山でこんな美味そうなの食っちゃイカンでしょ!
飢えと寒さに耐え、生死の狭間を彷徨ってこそ秘密探検隊でしょう!!!アハハッハハハ♪♪♪

丸笹山はやっぱりガスってたんですね~><
1月に行ったときと同じ、真っ白な頂上の写真w
ちょっとでも青空が見えてよかったですね♪
いつかは快晴の雪山に行きたい!!
焼けますけどね・・・(TvT)
1月からは仕事も暇になるので、また誘ってください!
(日曜は行けんけど・・・・)

束の間ってなに?

すごい!こんなに雪が降ってたんですね。
降雪の線引きライン=異様な風景・・・生で見てみたいです。
きれいな雪景色ですね。
インスタントでもそうでないのでもどっちでも良いんですが
外で沸かして飲むコーヒーって、好きです。
豚キムチも美味しそう^^

■ぶちさんコメントありが㌧でございますヽ(´▽`)ノ
よくわからん現象でしょう?雪雲が移動するとこんな風にはなりませんよね。
でも山ごとに雲がかかるのも変ですよね。
雪のラインより低い所はもうまるで秋の道なんです。
だから鬼の439号も普通に走れます。しかもどの山の登山口も雪解け状態。
だから楽勝で雪山気分なんです。徐々に雪に慣れていけ!みたいな感じ。
ひょっとしたら年に一度の「ようこそ!お手軽雪山期間」なのかも!
山がわざわざそんな風にしてくれているのかも!ちゃうかもねヽ(´▽`)スマヌ
俺的には頂上制覇よりも食事!食事よりも山小屋!でしょうかヽ(´▽`)ノ
死の彷徨だけは避けたい…
■いとちゃんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!
冬の快晴雪山は最高ですね。風の無い快晴なら超最高!
でもなかなか日が合わないのよねえ。
山の天気によって休みが動かせれば最高ですね。
ぜひ行きましょう!クマも見ましょう!
さて、これから60センチ80センチと積もっていきますよ。
アイゼンだけでは駄目な季節がやってくる~ヽ(´▽`)ノ
■ことさんコメントありが㌧ヽ(´▽`)ノ
これから来年にかけて下界の雨毎に、山には雪がどんどん積っていきますよ。
腰まで積ったの見たらきっと腰ぬかすと思います。同じ県とは思えないくらい…
山のラインは生で見ると色の差がよく解ってもっと不思議に感じますよ。
なんか無理に作ったクリスマスツリーみたいな感じの山でした。
雪の寒い中で暖かい料理や飲み物は最高ですね。
生姜湯も最高でした。外で食べると本当に美味しいですよね。

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。