全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月17日

●大雪の丸笹山

IMGP5362-thumb.jpg

三たび剣山系へ向かいました。
先週、第四ヘアピンでリタイヤしたσ(´Α` )ぉれぉれですが、今週も元気にチャレンジ!
なんたってお天気が最高です。山の上は行ってみないとわかりませんが、おそらく快晴でしょう。
風が少し強そうですが、いかがなもんでしょう。

貞光の道の駅へ到着。もう12時過ぎ(ノ∀`)アチャー
腹が減ったのでだんごを買います。美味しかった。剣山方面を見るとどうやら快晴のよう。
さて出発。そして中略。

IMGP5356.jpg

手打ちうどん・田舎でくらそうよ」に到着、いきなりうどん!と行きたいところですが、先にどこまでいけるか確認しないといけません。もし山に登られるならば帰りに寄りましょう。

今日は雪が少ないんです。ある程度の登ると雪道になりますが、先週よりずっとまし。
あれから除雪が入ったというのは聞きましたが、雪は毎日降っているとの事でした。

P1270419.jpg
■チェーンだぞぉ

今回の武器はとあるお方から頂いたチェーン!もうこの場を借りてお礼が言いたいくらいです。
未使用の非金属製チェーンです。その方の現在の車には合わないという事でした。
俺の車にも合わないのですが、よく見れば格安スタッドレスにはピッタリじゃありませんか!
スタッドレスとノーマルタイヤでは微妙にサイズが違うのですね。

IMGP5358-thumb.jpg

格安スタッドレスを買ったばかりに、この頂き物チェーンもピッタリと合う訳です。
これぞまさしく連鎖反応でございましょうか。違いましょうか。
素晴らしい!本当にすいまチェーンでした。
IMGP5447-thumb.jpg

問題の第四ヘアピンもらくらくクリア!圧雪されたならばもうこっちのもん!
ガンガン行きます。せっかく頂いたチェーンも今回は必要なさそうです。どうもすいまちぇ~ん!
しかし標高1000メートルを超えると雪の量はかなり深そう。
道は大丈夫ですがガードレールは埋まっています。

IMGP5446-thumb.jpg

塔の丸」の案内板も先々週に来たときよりもかなり埋まってます。
今日はここら辺に車を止めるのは無理でしょう。除雪後の雪が60㌢くらい切り立ってるんです。

下界では菜の花が咲くとか言っているのに、標高1500メートルともなると一段と雪深くなっているわけです。
完全に方向性が二分化してますよ。
「ホワイトアルバム」以降のジョンとポールみたいなものでしょうか。ちがいましょうねヽ(´▽`)スマヌ

IMGP5360-thumb.jpg

うぉお!(´ロ`ノ)ノ  ラ・フォーレつるぎ山への道も除雪あり!

こりゃ、もう「丸笹山」へ行けと言わんばかりのお膳立て!願ったり叶ったり山登ったり!

デリカが一台、新しそうな四駆が一台止まってます。FF+スタッドレスなんて居ません。
2月の剣山付近なんて、やはり皆さん敬遠するんでしょうね。

IMGP5364-thumb.jpg

しかし先程の「塔の丸」登山道入り口にも踏み跡はありました。来る人は来る。来ない人は来ない。
当たり前ですか。ああそうですか。

車を止めて準備しましょう。
丸笹山の案内板もかなり埋まっています。今まで見た中では最高雪位。
スノーシューが大活躍でしょう。おそらく。

IMGP5368-thumb.jpg

1月16日に来たときは簡易アイゼンが要るか?要らんか?くらいでした。景色もガスってゼロ景色!
今日昇れるのならば期待大ですよ。

┣¨‡┣¨‡



ターゲットスコープオープン!スノーシュー装着!

いくでぇ~マメタン!


ずぼぉっ…


工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工


う、埋まる…

IMGP5369-thumb.jpg
■素足50㌢スノーシュー25㌢

雪の中を足のみで歩くとズボッ!ズボッ!って感じで埋まります。
こういう風に細い穴を開けながら歩く事を「つぼ足 」と言います。八歩で「つぼ八」…ヽ(´▽`)スマヌ
深ければ腰まで入って「つぼ腰 」。ワキまで入れば「つぼワキ 」。
頭まで埋まれば「つぼ頭 」でしょうか。

もちろん入れば入るほど脱出に体力を消耗する訳ですから出来るだけズボりたくないのです。
そのためのスノーシューなのですが、あまりにも柔らかい新雪だとスノーシュー履いていても30㌢以上埋まってしまいます。

これではつぼスノーシュー です。

IMGP5375-thumb.jpg

もうパラパラでサラサラの雪。これが40㌢くらい積もってます。その下には固めの雪が数10㌢でしょうか。
まあ足のみなら、この倍は沈んでなおかつ抜くのに大苦労する訳ですから、これでもスノーシュー様様なのでしょう。

その上にスノーシューの歯が立ちません。
スノーシューにはステンレス製の鋭利な歯がついているんです。それらの歯が雪に食い込んで、アイゼンのように噛み締めながら滑らずに歩いていけるようになってるんです。

ところが今日は前述のとおり雪が柔らかすぎて歯が入るところか、スノーシューで踏んだ場所が丸ごと、どしゃあっ!と流れていくのです。

IMGP5377-thumb.jpg

スノーシューはいてるのに埋まりながらも雪の中の踏み跡を一生懸命広げにきましたよヽ(´▽`)ノ

みたいな感じなんです。登山というより工事 って感じです。また勉強させて頂きました。

スノーシューは万能ではない!

もう毎日が勉強です。ありがたいような悲しいような…

IMGP5373-thumb.jpg

それでもなんとか登れます。「丸笹山」は緩やかな初心者向けの山。
スノーシューツアーのコースとしても有名なようです。
つぼ足の跡を俺は埋めながら歩きます。まるでそれが使命のように感じてきました。

IMGP5386-thumb.jpg

ふと気が付くと夫婦の登山者が一組下りてきます。二人ともスノーシューを履いています。

こんにちは~

と声をかけます。

いっぱい積もっとうでよ~ほんでも踏み跡あるけんいけるわ~

やさしそうな感じのご主人です。


しばらく歩くとまた一人…この人はつぼ足ですが、なんとか歩いています。
かなりの人が登ったのでしょう。踏み跡が道となっている場所は全然大丈夫でしょうか。

つぼ足もみんなでつぼれば道となるヽ(´▽`)ノ

それでも大きなつぼ足跡が何箇所も…要は場所によりますって感じでしょうか。

IMGP5403-thumb.jpg

さて少し長い坂の部分が来ました。ここらは柔らかさの集大成!
歩く度に崩れて埋まって…なんか雪を移動させてるだけのような感じです。

つぼ足跡もすぐに埋まり、サラサラの雪の沼みたい。ここが一番苦しい…
スノーシューでもつぼ足でも何も通用しない…

IMGP5240-thumb.jpg

しかもまたもや俺の頭に木が突き刺さるのです。小枝がぐさっ!
雪山の特徴なんですね。
雪の上に乗ることによって巨大化した俺達は、わざわざ木の枝に頭を近づけているんです。
そりゃしゃ~ない。
でもだんだん腹が立ってきます。些細な事も繰り返しやられると腹が立ちましょう。でも防ぐ術がない。
俺の髪には木の破片や雪が一杯!実に気持ちわるい。ヽ(T▽T)ノ

IMGP5293-thumb.jpg
■「実るほど頭を垂れる稲穂かな」みたいな雪の幕かな?

雪により垂れ下がった枝も強敵です。雪はかなり重いのですよ。信じられないくらいに枝ごと垂れ下がって俺達の道を通せんぼするんです。

いちいち腰を下げて潜るのが体に堪えます。10回もやれば腹が立ってくるヽ(´▽`)ノ
そしてザックが触れれば雪の爆弾が落ちてきます。すぐに掃えばいいのですが、面倒なのでそのままにするといつの間にやら髪の毛に凍りつきます。
なんか重いなぁと思いつつ頭に手をやると板チョコ一枚分くらいの氷がついていました( ´Α`)あふぇー

IMGP5255-thumb.jpg

その雪+枝トンネルの横が緩やかで広いなら、そちらへ迂回しましょう。
これはスノーシューならではの技でしょう。

うりゃぁ!

う~ん快適!登山道無視して30㌢くらい埋まりながら新ルートの開発!
ショートカットです。積雪がある時ならではのルートですが、これは気持ちよい。

眺めがいいのがせめてもの救いです。これで曇っていたりガスっていたら割があわん。

IMGP5409-thumb.jpg

頂上手前にある眺めのいい場所にきました。もう一息です。
倒れたコンクリートの土管みたいなのがある場所ですが、今日は雪で埋まっています。
すこし登山道をそれた場所にあるんですが、そこまでの道がないんです。

こんな日には誰も行きませんわねえ。このままこの場所で小休止しましょう。
こじんまりと登山道占領です。

TOUNOLLd_001-thumb.jpg

雪の「三嶺」、「塔の丸」を目の当たりにして、「 来てよかった~ヽ(´▽`)ノ 」と思います。
これを見る為に来たんです。ずっと見てて差し上げたい。感動的…

ヤッホーと言いたいところだけど言いません。急激に大きな音を出せば雪崩れるかもしれませんからね。

明日の徳島新聞に

ヤッホーで雪崩れか?登山者より事情聴取

ぬわ~んて載ったら最悪です。ここは我慢のしどころです。しかもヤッホーなんて死語でしょう。


IMGP5408-thumb.jpg IMGP5407-thumb.jpg
■剣山と次郎笈


よ~し再出発!

いつもなら、ここから少しの間、岩の露出した急なのぼりの場所なのですが、雪に覆われてなだらかに感じます。
気のせいか雪質が変わっているような気が…さっきより表面がパリパリしています。
表面だけですが、風に吹き晒されている=凍りかけているのでしょうか。

これを超えれば森林限界!あとは笹原!

IMGP5420-thumb.jpg

どっぴょ~んヽ(´▽`)ノ

IMGP5276-thumb.jpg
■頂上もすぐそこ。

笹はほとんど雪没!一面の大雪原。
マイ・そり「青の798号 」を持って来ればよかった!
帰りはソリだった!しまったなぁ~
でもコース間違えると奈落の底へ落ちるのでやはり徒歩で正解でしょうか。

とにかく風が強烈です。今の今まで感じなかった強風を感じます。
粉雪が舞い上がり俺達の顔が一気に冷えます。あらあら、耳も一瞬にして凍りつく!
恐るべし零下の風…

IMGP5431-thumb.jpg

ほ~れぃ登頂m9(・∀・)ビシッ!!

さっきどっぴょ~んヽ(´▽`)ノ と言ってしまったのでもう言う言葉がない。寒さもも一段と強烈!

天気はいいが風が最悪。
頂上での写真を撮ろうと思い手袋をぬぎましたが一瞬で手の甲が痛い。
いつぞやも痛かったけれどレベルが違いましょうか。
今日のは冷水に手を入れた感じです。

IMGP5421-thumb.jpg

こんな頂上で昼食は無理です。もう下りたい!って言うか下ります。おろして下しさい!
ぴんぽ~ん♪ 下山用のベルがあるなら押しましょう。
もう勘弁してください( ´Α`)あふぇー

風により体感温度が下がっているのは分かりますが、我慢できない寒さ。
ここで寝たら確実にしぬなぁ~と思いましたよ。
しかし、さっきの休憩した場所なら2日は泊まれそうだ!とも思いました。
少しの場所の違いで大違い!これが山の怖いところでしょうか。

KENYAMA-thumb.jpg
■徳島市方面

下りましょう。がんがん下りましょう!登りだけであれだけ苦労したんです。
帰りは引力がプラスされてかなり大変でしょう。もうなんとなく分かります。

「こうなったらサラサラ作戦しかない(゜Д゜) 」

そうです。サラサラのパウダースノーと一緒に流れていくんです。
笹の葉さ~らさら♪みたいな感じ。拙い作戦でしょうかヽ(´▽`)スマヌ

最初から「雪と一緒に崩れて滑るつもり 」で行けばそれなりの対応が取れましょう。

ここを踏めば、ここら辺一帯がそこまでぐじゃぁ と崩れる!
先に想像しながら行けばなんとか大丈夫。
今日の足回りは「 とても滑るスノーシューとぜんぜん滑らないスキー 」の間みたいな感じ。

IMGP5370-thumb.jpg

時折、想像以上に滑りすぎて股関節が悲鳴を上げます。

ずりずり~っドサッ! ヽ(T▽T)ノぎゃぁ~

体の固いσ(´Α` )ぉれぉれですが、気が付けば新体操の 山崎浩子 以上に足がひらいているではありませんか。
こうなると体制を立て直す事自体が難しい。足を戻そうにもスノーシューが邪魔です。
手にはストックを持ってますから、それを雪の中にさして、体重をかけて杖代わりに…

ぬわ~んとストックはどんどん埋まって、まるで役に立ちません。1㍍くらい簡単に埋まるんです。

とにかく「 山崎浩子式股間スライド転倒 」が一番危険でしょうか。
何度もこの状態に陥ると「もう山なんかおもしろくないだろう? 」とマインドコントロールされる危険性もある諸刃の剣。
これもまた、統○教会 のなせる業でしょうか。違いましょうねヽ(´▽`)スマヌ

IMGP5437-thumb.jpg

新雪の危険性を股関節で受け止めながら下りる俺達ですが、かなり踏み跡は広げてきましたよ。
このまま2~3日経てばいい感じの踏み跡になってるはずです。
ラッセルとまでは行きませんが、なんたって「 山崎浩子式股間スライド方式 」です。
次の登山者のお役に立てば幸いでございます。

それではごきげんようヽ(´▽`)ノ







(追記)
IMGP5435.jpg

ハイドレーションは山頂付近で凍結したまま。役立たずでした。
吸っても駄目なら吹いたろう!とばかりに吹きましたがホース部分は全部凍結。
中身はアクエリアスですが零下ではあきませんね。
カメラは拡大すると画像に変な模様が出ています。(ノ∀`)アチャー

最終的にうどん屋さんには間に合わず…ヽ(T▽T)ノへろへろ~



ブログパーツ

スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●男臭い登山 in 丸笹山
PING:
BLOG NAME
12月14日の日曜日、「そろそろ山へいかないか?オフ第三弾」が行われました。 ...
●Re: タイトルなし
素晴らしい眺望ですね。
こんな素晴らしい日に雪遊びが出来て最高でしたね。
今回はレポートが早い。
足腰が痛くてドコモ出かけられずに一日中パソコンの前に座っていたと推察します。
家について車から降りる時に転げそうになりませんでしたか?
私も山の帰りに電車を降りて駅の階段で転げ落ちそうに何回も成りました。
そうこうしているうちに山の足腰が出来ていくのですね。
家に帰ってから風呂に入ってビールが美味しかったでしょう。
ドンドン山の魅力にとりつかれていきますよ。きっと...
今日は大麻山からをたつまで歩いてきました。
これでもかという階段に太股が久しぶりに痛くなっています。
真っ赤な顔のお猿さんにも出会いました。

Posted by: kyo | 2008年02月17日 20:53

こんばんは。
隊長さんの探検記もどんどん登山記になってきてますね。
一言目は「すごいなぁ」しか出てきません。
空が近いからでしょうか。
綺麗な青空ですね。
勝手に申し訳ないのですが、パソコンの壁紙にさせていただきました。
本当に癒されます。

股関節は大丈夫でしたか?
あんまり開きすぎると脱臼の恐れもあるかと。
気をつけてください。
今日も雪は降ったみたいなので、まだまだ楽しめそうですね。
次はどこに行かれるのでしょうか。
楽しみです。


Posted by: くまごろう | 2008年02月18日 01:03

■kyoさんコメントありがとうございますヽ(´▽`)ノ

眺めは最高でした。冬の眺望!これは癖になりますね。
晴れてる日ばかり選んで行けるといいのでしょうけど
タイミングがありますから運でしょうか。

今日はおっしゃるとおり、いつもと違う筋肉がいたくて家でdvd見てましたヽ(´▽`)ノ
スノーシューにはスノーシュー専用の筋肉みたいなのがあるんでしょうか。
E隊員はまだ筋肉痛が出ていないようです。明日くらいに出そうですよ。
しかし山ははまりますね。
これからどんどん暖かくなれば、緑の山でのテント泊が非常に楽しみです。

しかし大麻山のあの階段、実にきつそうですね。見た瞬間うわぁって思いました。
奥様のパワーは凄いですねヽ(´▽`)ノ


■くまごろうさんこんばんわヽ(´▽`)ノコメントありがとうございます。

山ばかり行ってますがはまります。山って凄いと思ってます。
最近特に、雪の山をみてると恐怖の雪山病にはまってきた予感です。
いつか険しい冬山に何泊も出かけるようになったらどうしましょうヽ(´▽`)ノ
まあ、夏は海でカヤックばかりですけどね。

どうぞ画像使ってくださいよ。もっと大きい画像が必要でしたら言ってください。
リサイズ前の画像を掲示板に掲載しますよ。

ただ今回の画像はマイナス温度のせいかccdの模様みたいなのが出ています。
気になりだすと気になるかもです。
いつもは誤動作の鬼みたいになるカメラなんです。
今回は誤動作こそありませんでしたが変な模様がヽ(T▽T)ノへろへろ~

次回は塔の丸の大雪原を見に行きたいのですが早起きが苦手で…(゜Д゜) 
それともう少し固い雪になってほしいと思ってます。
山で山崎浩子化はかなり痛かったです。
日頃から柔軟運動しておかなくちゃいけませんね。



Posted by: アゲ谷 | 2008年02月18日 02:09

おつかれさまでしたぁ~♪

三次会で今帰りました。。

明日も仕事だ!ピシッ!!へろへろ~。。。


Posted by: ほった老人 | 2008年02月18日 04:09

■ほった老人 さん!

あなたこそお疲れ様と言ってあげたいヽ(´▽`)ノ
無事仕事に行けたんでしょうか!
頑張ってくださいm9(・∀・)ビシッ!!

Posted by: アゲ谷 | 2008年02月19日 01:10

(*'▽'*)わぁ♪
私が行ったときとは全然違いますね~
ガスも出てなくて、すごくいい天気だし♪
こんな天気のいい日に雪山に行ってみたいです( ̄∇ ̄+) キラキラキラ~♪
休日のなさが悲しいですよ~(_TдT) シクシクアイーン


Posted by: いと | 2008年02月19日 23:09

■いとさんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

晴れた日の雪山は最高でっせぇヽ(´▽`)ノ
あのときよりも一段と雪深く、次郎笈は真っ白でしょう?
でもスノーシュー無しではやはり3倍くらい体力消耗しそうでした。
しかし場所によっては「つぼ足も貯まれば道となる」ような場所もあります。
今なら行ける!って感じでしょうか。

はらぐ2ちゃんと休み合いませんか?
3人居ればオフられるぞ!


Posted by: アゲ谷 | 2008年02月20日 09:03

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。