全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月13日

●大川原高原は秘密スキー場

IMGP5319-thumb.jpg

大川原高原 へ行きました。
ひぷ隊員にメールすると「雪あるはず 」って言うんです。もちろん喜び勇んで行きましたよ。
大川原高原ふるさと村 」の広場は知る人ぞ知る、
大川原高原・大雪が降った日から数日スキー場 」なんです。

数年前から何度か行ってますが雪合戦しかした事無いσ(´▽`)ぉれぉれ
今日はマイ・そり「青の798号 」と「誰も興味ない古いスノボ 」を持ってきていましょう。
旭が丸」へも登ってみたい。これにはスノーシューが大活躍の予感!

IMGP5251-thumb.jpg

がんがん上りましょう。下のほうは全然雪の気配なんて無し。
しかし途中からど~んと雪!

日陰は大凍結ありですが圧雪されていますので先日の剣山みたいなことはありません。
きちんとグリップして…ε=\_○ノイヤッホーゥ!
これぞ、スタッドレス!
久々のスタッドレスっぽい効果ばんざ~い!

凍結がガリガリのバリバリなんでグリップは大です。四駆なら普通のタイヤでも大丈夫かもしれません。

IMGP5252-thumb.jpg

広いコーナー部分で駐車して雪遊びしている人たちもいます。
もう少し歩けば大スキー場があるのに…



見えてきました!「大川原高原ふるさと村

うぉお!(´ロ`ノ)ノ   想像以上に真っ白!

普通は芝生なんです。でも雪が降ればちょっと木の邪魔なスキー場へと早変わり!
県は狙っていたのでしょうか。大体毎年雪が降り積もっていますが、そんな時は子供連れの皆さんで一杯です。
雪面は既にそりのあとが一杯!
sana_001-thumb.jpg

┣¨‡┣¨‡

はやる気持ちを抑えつつ山頂まで行きましょう。先に登山と行きたい。
登山と言っても、展望台とかある周遊路みたいなもんです。
30分も歩けば着いてしまうんです。ハイキングと言った方がいいでしょうか。

ただし積雪で有名な場所らしいのです。
標高1000メートル程度ですが、柔らかい冬の朝日が当たる場所は溶けにくいのでしょうね。
まるで日の当たらない場所はもちろんガチガチの凍結でしょうか。

俺は昭和小学校出身です。
もう30年以上前の話ですが、高学年になれば3階の教室に移ります。
冬には、その教室の窓から、いつもここ大川原高原一帯が白く光って見えてました。
授業中もお構い無しに「あそこへ行きたいなぁ」といつも思っていましたよ。

IMGP5257-thumb.jpg


工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

積雪で車が放置されています。そこへ四駆がバックしてきます。

なるほど!除雪が入っていないためこれ以上進めないようなのです。
下がりましょう。バックして離れた場所に車をとめて上りましょう。
登山準備にまた時間がかかるσ(´Α` )ぉれぉれ

そこへ年配の方が「アゲ谷さん? 」と聞いてくるのです。

うぉお!(´ロ`ノ)ノ っと思ったのも一瞬です。分かりましたm9(・∀・)ビシッ!!
HP「里山倶楽部四国」のkyoさんです!

IMGP5258-thumb.jpg

俺が登山を真剣に始めた秋頃に見つけたkyoさんのHPで、いろいろと山の情報を仕入れていたのです。
そこの掲示板へ出入りするようになっていろいろと教えて下さったkyoさんなんです。
しかも富田中学校の先輩でもあったのです。

実際にお会いするのは初めてでしたが、一発でピンと来ました。
kyoさんのレポート「雪の大川原高原」にも俺達が登場するのでぜひ見てくださいヽ(´▽`)スマヌ
しか、偶然とは言えこんなに早く実際にお目にかかれるとはとは思いもよりませんでした。

IMGP5261-thumb.jpg

なるほど大雪ですわヽ(´▽`)ノ
とりあえず簡易アイゼンを付けて上りましょう。
とにかく準備が遅い俺達です。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

雪は20㌢以上積もっています。
吹き溜まりはもちろんそれ以上。波のような造形を作りながらやりたい放題です。
あまりにも芸術的なので見とれてしまいます。

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

IMGP5264-thumb.jpg

ふと気が付くとE隊員がそれをブチ壊しながら歩いています。
次、来る人に見せなあかんのに…と思いますが除雪までの命でしょうか。
雪おば 」は雪を見ると童心に返りすぎるきらいがあります。

IMGP5268-thumb.jpg

駐車場部分も雪!

IMGP5267-thumb.jpg

これから登る方面も雪!
こりゃ、スノーシューに履き替えましょう。
きっと先ほどの吹き溜まりみたいになっているに違いありません。

IMGP5271-thumb.jpg

アイスクリーム屋さんのカウンターを借りて履き替えます。
ここのアイスクリームがまた美味しいらしいのですが、今日は営業していません。
これだけ雪があれば、「カキ氷用の蜜 」を持って来ればいやというほどかき氷 は食えましょう。

しかし、アイスクリームが食べたかった。 がいないと出来ないのでしょう。おそらく。

よっしゃあ~行くでぇ!マメタン!

出発進行です。登山口はすぐそこ。
雪だらけ!なのですがところどころ解けてアスファルトや土が露出しています。
一面真っ白な中にまつざきしげる がポツポツ寝転がっているような感じ。

真っ白な雪の上を求めて道草します。道をそれて空き地へ…
なんかあるぞぉ…

うぉお!(´ロ`ノ)ノ お、お前はだれだ!

015274-thumb.jpg


「コーンと申します…」

ぬわ~んて言うはずがありませんが、工事用のコーンが鼻先を出しています。
今日の雪質は少し固めでしょうか。
重い俺ですがあんまり沈みません。コーンのそばへ寄りましょう。

50センチは積もってるんでしょうね。そう、コーンくらい積もってるヽ(´▽`)スマヌ

015204-thumb.jpg

スノーシューならではの芸当でしょうか。俺は浮いているんです。
雪のおかげで50センチの空中浮遊!!あさはらしょうこうみたいなうそ臭い感じですか?ああそうですか。

これですよ、俺が求めていたものは!
西洋カンジキと呼ばれるスノーシュー、これぞまさしく

「ヒデキカンジキぃ~!」  ってやつですよ。おそらく。


015277-thumb.jpg

登山口も雪だらけ…これより山へって感じです。一歩踏み込むとスノーシューのあと!
みんな一緒の事考えているんですわ。
このスノーシュー跡を辿りましょう。

すぐに先行者のつぼ足あとが…
深い所では50センチくらい沈んでいます。既につぼ腰でしょうか。
持ってきてよかったスノーシューm9(・∀・)ビシッ!!


015279-thumb.jpg

木々の下を通り抜けていくんです。トンネルみたいな感じで普段は面白いのかもしれません。
だけども雪が積もっているせいで俺達は30㌢以上巨大化しています。
足が沈めば何にも感じないのでしょうけど、そのままなので2㍍10㌢近くになっているんですね。

もう、枝が頭にささる、刺さる!ヽ(´▽`)ノプンプン!!

しまいに腹が立ってきます。俺のヘアースタイルを少しづつ崩していくんです。ええ。
今が我慢の時でしょうか。
もう我慢の限界だぁ!と思った瞬間木々が高くなりました。

IMGP5206-thumb.jpg

少し歩くと左側が開けてきます。

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

巨大な丘がそびえ立っています。
木々の間に吹き貯まった雪の丘って感じです。

0150005-thumb.jpg

ここを歩けば木の中に落ち込んでしまうのでしょう。多分中身は空洞ですよ。
いわゆる雪庇の大集合みたいな感じでしょうか。あっちこっち雪庇。
実験してみたいところですが出てこれなくなると嫌なので止めときましょう。

IMGP52191111-thumb.jpg

道は右側しかないのですが登れそうな感じでしょう?これを登れば罠にかかるわけです。

天然落とし穴!

穴どころか全部、雪崩れるかもしれません((;゚Д゚)ガクガクブルブル…
しかし風紋があまりにも綺麗過ぎてしばし見入ってしまう俺たちなのです。

IMGP52154444-thumb.jpg

ちょっとだけ試してみましょう。
恐る恐る…ストックを突き刺しながら強度を確かめつつ…なんか変なユレを感じます。
木の上ですからしゃ~ない。
崩れる前に退散!王を打たせなくない時は太田胃散。

ここで下までズボッ!と埋まればブログネタにはもってこいでしょうが、実際に埋まる俺にの身にもなってほしい。
リスクの割りにコメント少なけりゃ笑うに笑えませんからねヽ(´▽`)スマヌ

IMGP5213gg-thumb.jpg


木がまたうるさくなってきたので広い道にでましょう。真横に自動車の通れそうな道が並走してます。
しかも景色が最高なんです。徳島、小松島、石井、鳴門、上板、板野どこまでも見えます。
壮観!とはこの事でしょうか。

ふと見るとkyoさん一行が下りて来ています。おそらくもう頂上制覇が終わったのでしょう。
昼食も取っているはずです。
俺達は道草で腹一杯ですヽ(´▽`)ノ

しかしみなさん体力が凄い!俺が凄くないのは分かります。
もうタバコ止めよう…と思いながら歩きました。

015283-thumb.jpg

はい、展望台に到着!

ようし!休憩だ!喫煙だ!携帯灰皿探すσ(´▽`)ぉれぉれ

風光明媚!心地良いとはこの事です。なんたって晴れてます。
いつも雪といえば灰色の空だったじゃありませんか。太陽光がとても嬉しい。
誰も来そうに無いのでこの展望台の上で昼食として差し上げたい。

015292-thumb.jpg

いわゆる「 こじんまりとした占領 」ってやつです。スペース的にはもう一組分残してあげたい。
大きな顔してこじんまりと占領。でも大丈夫ですよ、まだ座れますヽ(´▽`)ノ
これぞ「徳島秘密探検隊」魂です。

ここは頂上ではなく、ただの展望台なんです。実際の頂上はまだ向こうらしいのですが…
今日はあきらめます。なんたって雪山遊びしなくちゃならんのですわ。
スノーシューのせいか、すこし道草を食いすぎてしまいました。

IMGP5289-thumb.jpg

上勝町と佐那河内村の山々が見渡せます。
ぬわ~んと「上勝町教育委員会 」が見える!

ブログ見てくれている知り合いがいるので叫んでみようとしました…が止めました。
ここで大声だせば雪崩れを誘発するやもしれません。

「Sさぁ~ん!」

(゜Д゜)  ごごごごおぉぉおぉ~どしゃぁ~!

そんな風になったら死んでも死に切れませんよ。ねえ。何よりもSさん今日休みのはずだし…
いない人に呼びかけて雪崩れ…これは実に頂けない行為と言わせて頂きたい。

IMGP5290-thumb.jpg
■高丸山や雲早山も見えます。

さて食ったらとっとと下りましょう。
大川原高原ふるさと村 」の広場へいかなあかん!
知る人ぞ知る、 「大川原高原・大雪が降った日から数日スキー場 」へゴー!


IMGP5340-thumb.jpg

ほ~い到着!

ここもスノーシューで中腹まで行きます。20~30センチは積もっています。

あるもんはもう使え  ご存知家訓です。ええ。

IMGP5320-thumb.jpg

子供なら10㎝くらいのつぼ足で歩けますが大人は20㌢以上埋まるんです。
でも歩けない事はないですよ。

さて俺んちに古くから眠る「スノーボード 」を出しましょう。
だ~れも興味が無いためだ~れも触らないふる~いスノーボード。

IMGP5315-thumb.jpg

E隊員は初スノボ。俺も初スノボ。

「どんな感じかわからんけんアンタからいってみ!」

って言おうと思ったらもう行きかけなんです。さすが雪ばば

ε=\_○ノイヤッホーゥ! って感じで行ってしまいした。

IMGP5316-thumb.jpg

なんか神社の狛犬みたいですが乗れてます。
最後までコケずに行ってしまいました。ちょっと羨ましいσ(´Α` )ぉれぉれ

こめでとう…

あんまり嬉しくないので冷たく小さくお祝いしてあげました。

曲がれはしないけどまっすぐなら大丈夫でしょうか。
っていうか、いつの日にか曲がれるのでしょうか。
何度かこれを繰り返しましたが直ぐに飽きます(゜Д゜) 

やっぱり登ってくるのは足で…しかもスノーシューは上にあるからつぼ足登りです。

IMGP5317-thumb.jpg

調子に乗ってもう一段高いところから行くぬわ~んてヌカすんです。
まあやりたいようにやればいいとおもいますが、かなり上は急な坂ですよ。
でも彼女は止めませんでした。
果敢に滑って…

( Д ) ..._。..._。ぶっ!  転んで顔面から突っ込んでしまいました。

IMGP5336-thumb.jpg

ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

それでも積雪30㌢なので「余裕のよっちゃん」 らしいです。

インファント島の小人達なら

「皆さん、E隊員は顔から突っ込みましたが余裕のよっちゃんだと言っています」
「皆さん、E隊員は顔から突っ込みましたが余裕のよっちゃんだと言っています」

声を揃えて説明してくれるでしょう。

とまあ、こんなにも雪だらけな 大川原高原

これは行かなくちゃいけない!

徳島市から30分でこの積雪!なかなかいいでしょう?
みんな行かないか! 大川原高原




ブログパーツ

スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●Re: Re: タイトルなし
待ってました!!
お二人の楽しそうな様子が良く伝わってきます。
あの壺腰跡は私のです。
体重が..
お会いした後、旧牧場から登山道に戻る時に、見事にツツジ盛り雪トラップに引っかかりました。
脇下まで埋まると自力で脱出するのは大変です。
旭が丸頂上まで行かれる方はこんもり雪吹きだまりには気を付けて下さい。
私達もスノーシューを手に入れたくなりました。
ネットで探索中です。今週中には..この週末も一杯雪がありそうです。
楽しみですね。

Posted by: kyo | 2008年02月13日 22:47

こんばんは。
大川原高原は車で走りながら遠くからいつも見てました。
雪積もってるんだろうなぁぐらいの感じでしたが、実はスキー場にもなるくらいだったとは。
くまごろうはスノーボードはやったことないんですが、初めてで滑れるE隊員はすごいですね。
隊長さんは転ばずに滑れましたか?

天然の落とし穴にはまらなくてよかったですね。
県内で遭難というのも大変でしょうから、気を付けてください。
それでは。


Posted by: くまごろう | 2008年02月13日 23:57

こんばんは。

行った事があるような・・・・

風力発電でしたっけ??

もう、雪はいいや。。

徳島中央公園で花見だ!ピシッ!!
風がさぶぅ~~(>_

Posted by: ほった老人 | 2008年02月14日 01:29

ようこそ、わがS村の大川原高原へ!。 
村人の一人として、PRしてもらって感謝・感謝です。
夏のアジサイはわりと有名だけど、冬の様子をこんなに紹介してもらって、うれしい限りです。 
また、ブログのなかでお会いしましょう! 

Posted by: sudachikun | 2008年02月14日 15:41

■kyoさんコメントありがとうございます!

雪はかなり深かったですよね。
尾根は風が吹き抜けて行くんでしょうね。
あの調子じゃ当分楽しめそうな感じがします。

脇まで埋まるともう潜った方が早いかも…
いっそカマクラ作った方がいいかも…

冗談はさておき夏に行ったこと無いので
いまいち旭が丸がよくわかりませんでした。
春にも行かんとあきませんね。

MSRとかの本格登頂用は高価ですが
tabbs(代理店ゴールドウィン)旧モデルならヤフオクで半額程度です。
それでも登頂用のマウンテニアは高いですが…

またお会いするかも知れません。これからもよろしくお願いします


■くまごろうさんコメントありがとうございます。

徳島から30分の大川原高原でこれだけ積もってて
雪遊び出来るってことは凄いことですよね。
ほんと広さといい角度といい初心者コースみたいです。
あとリフトああれば完璧ですね。

E隊員は何かしら冬スポーツに向いてそうな感じです。
おれは向いていませんでした。板が小さいのかおれが重いのか…
とにかく雪に潜っていく感じです。しかもバランス悪いタイプかもしれません。
ボードはあきらめました。
短いテレマークスキーとかを習おうと思いましたが来年ですね。

しかしこの寒さが続いているのでしばらくは遊べそうですよ。
遭難は気をつけますね。もし落ちたら違う穴から出てきて
こんにちは!って言わせて頂きたいですヽ(´▽`)ノ


■ほった老人さんコメントありがとうございます。

そうです!一本だけ風力発電の風車があった場所です。
今は取り壊され、新たに20本くらい建設されそうですよ。
大川原高原のいたるところに巨大風車のパーツが置かれています。
20本も回れば爽快でしょうね。

その風車を回すほどの風に運ばれた雪が吹き溜まり、がんがん積もるのでしょうか。
つもり具合が芸術的でしたよ。


■sudachikun さんはじめまして!

RIKAさんところでは時々お見かけていましたよ。
こちらでもよろしくお願いしますヽ(´▽`)ノ

まだ佐那河内の記事は2つしかないのですが、
どこか面白そうな所ありませんかね?

旧ふのうトンネルの記事を書こうとしていましたがそのままになってます。
神山から佐那河内へ出たときの開放感が素敵なので思わず書きました。
いつか発表したいと思っています。

夏のアジサイも見に行きますよヽ(´▽`)ノ
これからもよろしくお願いします。

Posted by: アゲ谷 | 2008年02月14日 16:46

なんか凄いことになってますね大川原高原。
あっこ普段は林道のおかげで山っ!!ちゅうような山でない印象なのに、雪のおかげでいっぱしの名山高山っぽく見えますね。
車使わず登れば、結構な高さですもんね。
三角点藪だったと記憶。雪で埋まってたでしょうね。実は牧場の柵の記憶しかないわだ。
でも楽しそうですね~!楽しむんがいっちゃんええでよ!体力なんか気にせんと!(と自分に言い聞かせてるワタス)


Posted by: 毛面 | 2008年02月14日 19:17

凍結するの?

Posted by: BlogPetのラ? | 2008年02月15日 11:02

大川原高原に行って来たんですね!

それにしてもホント凄い積雪ですね!徳島市内でそんなに雪が降ったら、数年前の大渋滞がきっと起こってしまいますね。(笑)
あの時、私は18時に仕事を早々に切上げて帰宅に向かったのですが、大渋滞にハマって結局我家にたどり着いたのが深夜の1時過ぎでした。(笑)
同僚なんかは明け方の5時半に家に着いたそうで、家で1時間休んでまた出勤したそうですよ。(笑) 何のために帰宅したのか意味がないと嘆いていましたよ(笑)

そういえば大川原高原から見えた風景って、冬は空気?っていうか、大気?の具合っていうのか、良くわからないですけど、夏の湿っぽい空気と違って透明度がありますから、随分と遠くの景色まで見えたんじゃないですか?
もの凄く条件が良かったら、双眼鏡で関西空港らしき?埋立地が見えちゃうんですよ!多分見間違いでは無いと思います・・・ ちょっと自信ないですけど・・・

大川原の夜間は、ちょっと人里離れているので少し怖いですけれど星が綺麗に見えるんですよ。
よく言う例えで、「星に手が届きそう」な感じがするんですよね。
星を眺めてたら、なんだか懐かしいような、ウルウルと涙ぐんでしまいそうな不思議な感覚になってしまいます。
あんなに沢山の星があるのに、生命体が有るのは地球だけだなんて嘘ですよね。
もしそうだとしても、こんな奇跡はやっぱり大切にしなきゃイケナイと思います。
地球温暖化が進んでいるそうですね。大川原の積雪の画像を拝見してたら、そんな現実とは程遠いように錯覚してしまいそうです。

それはそうと、お正月に雪の中へ失くした携帯電話を見知らぬ方が届けて下さってたのですね。良かったですね。
私はauの携帯が先月末から故障しています(笑)
電源が勝手に入ったり切れたりの繰り返しで、充電器を繋いでも一瞬充電するだけで後は知らんプリして拒否します(笑)
それはまだ良いのですが、miniSDカードの画像も勝手に消去しているみたいで、大切な画像も沢山失ってしまいました。トホホ・・・

新しい機種が今月中に出そうなので、それまで携帯の無い生活を続けています。(笑)
それで、思ったのですが公衆電話って少なくなりましたね(笑)
それに、相手の携帯に繋がっても拒否されていることが多いんですよね(笑)
非通知拒否と同じ割合ぐらいに公衆電話拒否されている方が多いんですよね。
つくづく思いました。携帯って便利だったんだと。(笑)

悲しいのは小銭が無いときに電話が掛けられない事。最寄の自販機を見付けて欲しくも無いジュース買って釣銭で小銭を作って、また公衆電話まで戻って100円投入して相手に掛けたら、電波の状態が宜しくないみたいで、10秒ほど会話が出来たら切れました!(笑)
それに当然ですが100円では釣銭が出ないんですよね。(笑)
10秒100円の通話料金はどんなもんでしょう(笑)

あきらめずに今度はケチケチ気分で10円投入して会話してやろうと思ったら、通話が出来るのは、これまた10秒ほど(笑)

「あの~もしもし先程はお電話が切れたみたいなので、もう一度掛け直させて頂き・・・」
ビーーー(もうじき切れる警告音)

おいおい!もう少しお話をされておくれ!(笑)


隊長ぉ~!
携帯の無い日々を少し楽しんでいる変わり者の私です!
公衆電話を探す毎日!まさに気分は昭和です!
隊長は昭和小学校だったんですね!
何の関係もありませんが・・・ スマヌ
E隊員さまもお元気そうでなによりです♪

相変らず通院の日々が続いていますが、皆様のおかげで幸せに暮らしています。
ネット喫茶で知り合った悪友の「清志郎」共々よろしくお願いします。


P.S.清志郎は忌野清志郎の顔に良く似ていますので、私が名付けたアダ名です。

Posted by: カロゴン | 2008年02月15日 12:13

■毛面さんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

そうなんですよ。1月の14日ごろは出遅れてほぼ雪無しだったのですが
今回はしつこく降っているようで晴れ、降り、晴れ、降りのくりかえしみたいです。
しかし旭が丸のほうは吹き溜まりの威力が凄いです!
高丸山と同じような感じでした。高さは負けますが近いからそんなもんなのでしょうか。

確かにあの林道さえなければかなりの山ですよね。下から行け!って言われたら
よういきませんわヽ(´▽`)ノ
そり貸しますよ。ぜひソリってみてください。ウルトラセブン見てたあの頃に帰れますヽ(´▽`)ノ


■カロゴンさん久しぶり&コメントありが㌧でごっざいます~ヽ(´▽`)ノ

そうなんですよ。下からみれば雪あるなぁ程度なんです。
しかも途中まで何の気配もないし。
んでもって寄って行ってみればこの有様ですよ。ええ。

そういやぁ渋滞ありましたね。
俺はここ数年徳島市内に向かって走るのは遊びのときくらいなので渋滞できませんでしたが
E隊員は渋滞を見事に頂いてましたよ。

あんなときは寝るに限りますね。次回は2時間タイマーセットして寝る!ですよ。
かならず試してみてください。
きっとまた起こりましょう。寝てたらなんとかなりそうでしょう?
寝て起きても渋滞であれば、また寝る!

こ、これだっヽ(´▽`)ノ

白くかすんではいたのですが春とちがい遠くまでよく見えました。
和歌山は霞みながらも見えましたよ。双眼鏡持って行けばよかった!
星は高丸山のもんですよ。余計恐いけどね、もう頭が痒くなるくらい星が見えます。
400M分の勝利でしょうか。☆というより白い虫に見えてきますよ。
これぜひ試してみてください。俺は5回くらい高丸山駐車場で泊した事がありますヽ(´▽`)ノ

和歌山の一番近い岬と淡島海岸の距離って33KMほどしかないらしいです。
こりゃ原付で一時間車でも100㌔だせば20分ですよ。
カヌーなら一日かかりますね。

実際にカヌーで来る人がいるんです。
ブログ見つけたのですが、一番恐いのは大型船やタンカーだと書いてありました。
よく分かりますよその気持ちヽ(´▽`)ノ

しかしこれでも雪はへりましたね。俺が小学生の頃は雪で停電とかよくありましたよ。
家から出られないのが一度ありました。
夜が来ても何処の家も電気がつかないのが印象的で今でも覚えています。
やはり温暖化はしているんでしょうね。
それでも時々、異常気象がどん!と来る。
これは不安定のなせる業でしょうか。

携帯は無事やさしい人が届けてくれましたヽ(T▽T)ノへろへろ~
なんてやさしいのでしょう。おそらく山登りの好きな人だと思います。

山で会う人はいい人ばかりです。時々挙動不審者もいますがヽ(´▽`)ノ
早く携帯が治るといいですね。
公衆電話にはもう戻れませんね。携帯の電池が切れるとよく分かります。
公衆電話探しは大変な労力が要りますよ。ねえ。
またそんなときに限って小銭が無いんですよ。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

「あの~もしもし先程はお電話が切れたみたいなので、もう一度掛け直させて頂き・・・」
ビーーー

↑ワラタ!「まさに話にならん」って感じでしょうか

そうそう俺は白梅幼稚園、昭和幼稚園、昭和小学校、富田中学校ですよ。
今では廃校になってしまいましたが…なってないかヽ(´▽`)ノひゃ~
E隊員は雪ばばとして大活躍中です。
清志郎さんは元気ですか?よろしくお伝えください!それではε=\_○ノイヤッホーゥ!

Posted by: アゲ谷 | 2008年02月15日 19:29

アゲ谷隊長今晩は。
お~~富中出身ですか!私の後輩ではないですか。
私は富田幼稚園、富田小学校、富田中学校と富田トミダ富田です。
今日は雪山初心者コースのお高越山に登ってきました。
レポートはHPを見てください。
本とは寒風山に行きたかったのですが昨夜のレーダー画像を見て断念しました。
スパイク長靴が活躍しましたよ。

Posted by: kyo | 2008年02月16日 22:42

大川原高原でスノボー練習ですか!!
斜度があれば練習になるかもしれんですな~~!
でも体は予想以上に温まりそうですね!!
なにせリフトなし!!
全て歩くわけですから・・・・
休憩時間に体が冷えちゃうのが難点って感じ?!
お茶屋さんでもあれば、そこはパラダイスかもしれません!!
そんでもって車でもっと近くまでいければ
そこはまさに大川原パラダイスになるはず!!

Posted by: sawa212 | 2008年02月17日 15:13

■kyo先輩コメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

昭和昭和富田の俺です。よろしくお願いします。

高越山はきつそうな感じですね。
俺は高校の時の登山部でたしか登ったことがあるはずなんですよ。
無理に頼まれて入部したのであまり覚えていないのですが
おこぉっつあんが高越山でしょうか。
薄黄色の三角テント張って寝た記憶があります。
あの頃から思うと快適になりましたよね。道具もテントも…
水飲んだらあかんとかいう精神論がありましたよ。
部はすぐに止めましたけど(ノ∀`)アチャー

丸笹山は頂上が強風でした。滞在時間5分でしたが道中はとても楽しかったです。


■SAWAチャンコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

斜度は俺達には十分ですよ。スペシャルコースにE隊員が挑戦して
顔から突っ込みましたァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
のぼりは大変ですが俺達は登山トレーニング兼ねているのでしゃ~ないのです。
あの上の平坦な牧場じゃないのですよ。
「大川原高原ふるさと村 」ね。
休憩中も体は冷えませんね。なんたってリフト無しですからねヽ(´▽`)ノ

お茶屋さんですか(ノ∀`)アチャー
登山家の俺は背中にお茶屋さんとお弁当屋さん背負ってますわ。
まあ一度いってみなさいよ。手持ちの板があれば十分滑れます。
しかものぼりで痩せるでしょう。
お手軽スキー&スノボ。
車は中に入れますよ。



Posted by: アゲ谷 | 2008年02月17日 17:37

お知らせです! 本日よりブログ始めました、ヨロシク!
旧府能トンネルは、我が家のすぐ上といってもいいくらいの
所にあり、新トンネルは我が家のすぐ下、そう中間のあたり。
面白いかどうか? 園瀬川の源流をめざすってのは、どうかな。 
今度、写真付きでその関連記事を予定しています。

Posted by: sudachikun | 2008年02月19日 19:35

■sudachikunコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

ブログ頑張ってくださいヽ(´▽`)ノ
佐那河内はいいところ一杯ありそうですね。
でもあんまり知られていないような気がします。

俺が知っているのは嵯峨峡と徳円寺くらい…
ぜったい秘密の秘境があるに違いないm9(・∀・)ビシッ!!



Posted by: アゲ谷 | 2008年02月19日 20:23

はじめまして、葉っぱです


ふもとに住んでますが

すごいでしょ、大河原(自慢げ)

そこへ登る管理人さんのほうがすごいですが^^;

旧府能トンネルは夜行くと不安になりますよ…フフフ

Posted by: 葉っぱ1130 | 2008年02月25日 11:33

■葉っぱさん初めましてヽ(´▽`)ノコメントありがとうございます。

はっぱさんも佐那河内なんですね。
最近、佐那河内村の人とたくさん知り合えてとてもうれしいです。

大川原高原は自慢できますよね。雪は凄いし遊べるし!
夏も冬も遊べる高原ですよ、こりゃ目が離せない!
キャンプ場もあるし牛も出てくるしアイスクリームも売り出すし、
景色はいいしヽ(´▽`)ノ

険しい上勝町側にくらべて有効利用し放題ですね。
普段使わないあの広場も、空気いれて転がる風船(中に人が入るやつ)を転がしたり
芝スキー場にすればいいと思いませんか?パラグライダーも出来そうですね。

旧府能トンネルは私の大好物です。
神山側から来たときのトンネル越えて出たあの開放感が素晴らしいε=\_○ノイヤッホーゥ!
夜はまだ行ってませんので夏に探検したいですヽ(´▽`)ノ


Posted by: アゲ谷 | 2008年02月26日 19:38

お久しぶりにコメします。

大川原高原へ行ったのですか。
ここ良いですよね。

私もここは大好きで冬になると雪上走行訓練と称して
毎年行っています。

この秘密のスキー場知っていますよ。
けど私はできません。

Posted by: シラサギ | 2008年03月04日 21:42

■シラサギさんお久しぶりでございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

ここらへん最高ですね。いろいろ見渡せますし、キャンプ場あり、
しかも冬は雪遊び!
雪が降るとみんな集まってきます。
市内から30分程度で雪国ごっこが出来るなんて目からうろこですね。

今度、雪上キャンプやってみませんか!
雪の上でテントはって1泊!これは面白いかもしれませんよ~ヽ(´▽`)ノ

Posted by: アゲ谷 | 2008年03月11日 12:26

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。