全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年02月03日

●雪の塔の丸



“マイ・そり” を手に入れた俺達は午前4時起床という、探検隊本部にしてはとても珍しい「大人のスケジュール」で剣山スキー場を訪れてみました。

「除雪されている」 とブログ仲間のほった老人さんに情報を頂いていました。旬の情報、ありがたい事ですヽ(´▽`)ノ

さ~て剣山付近は粉雪ぱらぱら。気にならない程度です。
へたすりゃ夜にかけてガンガン積もるかもしれませんが、それはそれでしゃ~ない。
遊べるうちに遊んでおきましょう。
“マイ・そり” の試そりは帰りにする事にして、まずは「塔の丸」か「丸笹山」に登ってみましょう。
いや、 「登れるものなら登ってみましょう」 って感じでしょうか。

前回、ヒコ隊員いと隊員と行った頃とは積雪がかなり違います。
俺はスノーシュー完備、体力はともかく何処へでも行けるはずです。
しかし!E隊員はスノーシューの必要性など微塵も感じていないようです。
先日の「高丸山」もなんとか簡易アイゼンだけで乗り越えられたので、今回も取らぬ狸の皮算用でしょうか。

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

ラ・フォーレつるぎ山への入り口を横切ろうとしてびっくり!除雪無しの見事に30㌢以上の積雪です。
これでもまだ暖冬のせいか少ない方かもしれません。
車を止められる場所が非常に少なくなってきましたよぉ~(゜Д゜) 

香川ナンバーの車が一台止まってます。リヤのハッチを開けて朝ごはんを食べているようです。
3人ほど居ましょうか。実にツウな感じでカコイイ。

雪と夫婦池と朝ごはん…  渋い!
そのまま止められる場所は皆無です。いっそのこと「剣山&次郎笈」でも見に行きましょうか。
そしてUターンしてきましょう。



ガスってますがなんとか見えましょう。うぉお!(´ロ`ノ)ノ 富士山か!

剣山と次郎笈と白い雪…  渋い!

これは初めて見る風景…真っ白の「次郎笈」!なんてこった…
少し感動してしまいました。

ここら辺は車の対向が不便です。こんな日に来る人は少ないと思いますが、引き帰してして「塔の丸」登山の準備をしましょう。

夫婦池付近に戻ると、スペーズギアの後輪チェーン車が駐車、どうやらこの先の「丸笹山」狙いでしょうか。徳島ナンバーです。




…っていうか、

四駆と十分な車高と後輪チェーン!…  渋くない!

俺なら前輪にチェーンを巻きなおして絶対の残りの100㍍に挑戦する!
と思いましたが人は人、俺は俺でしょうか。

「あっしにはかんけぇのねえ事でござんす…」 と楊枝咥えて立ちさればいいのですね。ああそうですか。

もう少し「塔の丸」入り口よりに車を止めましょう。
車道が雪のせいで狭いため、一番広そうな場所を選んで雪かきしましょう。
数分でなんとか一台置けそうなスペースができました。
さあ、ザックを出してスパッツつけて準備しましょう。



と、そこへスノーシューを装備した若者3人衆が隊列組んでやってきました。
なるほど、先ほどの香川隊の人たちです。
男子2名の女子1名、完全装備の服装と全員スノーシューという足回り!

雪山と完全装備と3スノーシュー! …し、渋い!

「こんにちは~」と声をかけます。

彼らは挨拶のお返しをくれながらも隊列乱さず「塔の丸登山口」より入っていきました。

3人分のスノーシュー跡!いいぞぉ!3人分の圧力により俺達も登れるかもしれん!
かすかな望みが沸いてまいりました!

まあ俺は1スノーシューを背負っています。いつでもアカン!と思ったら履き替えましょう。
問題は「徳島秘密つぼ足隊長」のE隊員
しかし相変わらず気にしていないのか平然と簡易アイゼンを装着しています。「I SHOULD BE SO LUCKY 」の鼻歌までうたっている。
大泉 洋mihimaruGTのファンであるE隊員です。去年、放送の終わったドラマ「暴れん坊ママ 」のままで脳内停止しているようです。


mihimaruGT 「I SHOULD BE SO LUCKY」

俺もヒロコだけですが、大ファンなのでブログパーツでも貼り付けておきましょうヽ(´▽`)スマヌ



準備万端!いくでぇ~塔の丸!( Д )

って今回は小さく心の中で言いました。
一生懸命考えても行ける気しませんもの。
頂上の白さ具合が違いましょうか。今日の「塔の丸」は刷毛で塗りたくられたような白さ。



アイゼンのみで行ける山ってのは、パラパラとまぶされた砂糖みたいな感じの白い山でしょうか。
まあ状況にもよりますけどね。

それでもE隊員を先頭にがんばります。最初はなんとか行けてますよ。
ズボッ!(´ロ`ノ)ノ  時々20㎝くらい埋まる感じ。




20歩に一歩くらいでしょうか。このままなら前回の「高丸山」と何ら変わりない。
ここら辺は誰かが何回か踏襲した気配があります。かなり圧縮されています。
その人たちはどこまで行ったのでしょう。
よく分かりませんが、とてもこの圧縮具合が尾根まで続いているとは思えません。

その上にさっきの3人が3スノーシューしてくれているのですから踏み跡は明瞭。
しかし、よく考えれば彼らによる圧縮はゼロに近いでしょう。
なんたって圧縮せず雪の上を歩くためのスノーシューですからね。




まあ行ける所まで行く… 最近の探検隊に多いのがこのパターンです。

道具なくして山へ来るべからず… このパターンでかなり痛めつけられています。
俺は重いのでE隊員よりも沈みが大きいため、ここら辺でスノーシューに履き替えましょう。

今使えるものはもう使え!  先祖代々の教えです。

さすがスノーシュー。シューシュー行けましょう。あると無いのでは大違い。

( Д ) ..._。..._。 ぶっ!

森林部分はもう少しで終り!と思われる部分でE隊員が進まなくなってきました。
埋まってます。10歩くらいのうち3歩ほど埋まっています。
確実に埋まっています。




こ、これが真の雪山!

膝下ずっぽり…( ´Α`)あふぇー

なんと膝を抜いて次の足も埋まるようになりました。…こりゃ進みません。
歩いて、歩いて、埋まって、歩いて、埋まって埋まって…また埋まる!
体力の消耗ばかりです。



ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、 取らぬ狸の皮算用だ!

俺をみろ!
取った狸の皮算用だm9(・∀・)ビシッ!!

誇り高く叫んでみますが、嬉しくありません。



なんたって雪の「塔の丸」登山の夢はここで断たれた訳です。終焉という奴はいきなり摺り寄ってきます。
っていうかこの場合、俺の背中にはスノーシュー、E隊員の背中には“終焉” を背負ってきたようなもんです。

この山の中で“終焉” 背負ってつぼ足神化してたんですね。

よく見ると腰まで埋まっています。「もはや危険」 ってやつでしょうか。
木に捕まって抜け出し、Uターンです。

雪とつぼ足とつぼ腰! …つ、辛い!


■なんとテレマークスキーのあともあります。

香川3スノーシューズ」の皆さんはもう大雪原に出た頃でしょうか。
俺達は帰ります。俺達の分まで楽しんできてください。

帰りがまた埋まるのなんって…不思議な現象ですが、今まで普通に来られた部分も埋まります。
E隊員が急に重くなったかの如く、確実に「つぼ足神」へと近づいている気配さえ感じます。

「スノーシュー私も買うわぁ~( ´Α`)」

なんてヌカしています。
来る前に買えよと諭して差し上げたい。
やはり実際にこういう目にあってみないと分からないのですね。これが人間でしょうか。



登頂不可って事はお昼ご飯はどうしましょう。
まだ昼前ですが、朝早く出た分、俺達の体内には「 大人の早い時間 」が流れてます。

つぼ足による疲労と体力消耗も原因でしょうか。やたらお腹空き過ぎ。

「ラフォーレの軒下借りて昼ご飯食べよう」

つぼ足神さまのご提案です。
気付けば数分前より粉雪が激しくなってきました。どこか屋根のある場所でないと昼食に支障が出ましょうか。

大雪と軒下とお昼ごはん …さ、寒い!



さて道端の雪で実際どれくらい積もっているのかつぼ足神さまに試してもらいましょう。
嫌と言うほど埋まります。こうなると次の足が出せなくなります。
「この膝下10㌢と膝上10㌢が大違いでなんです 」ってつぼ足神さまが言ってました。




ラ・フォーレつるぎ山が営業していれば温泉に浸かりたいところですが3月までは休業中です。
とりあえず軒先借りましょう。
もちろん歩いて行きますが、さきほどのスペースギアが躊躇した積雪です。
つぼ足神さまの足元はまたもやつぼ足です。




なんせなんにせよ、何処へ行くにもつぼ足!これが雪山の掟でしょうか。
朝早く起きても掟は掟。

雪深い地方の通勤はスノーシューで!ってのが増えているらしいです。
これから、もっと流行るモノかもしれません。
しかし徳島では、やはり登山している人と山スキーヤーくらいしか持っていないアイテムでしょう。
ここ剣山付近でも「スノーシュー・体験ツアー」なるものが流行っていると聞きました。


■つぼ足神社(うそ)

やっと到着、こじんまりと素早く軒先を借りましょう。
傍から見れば、堂々と玄関に陣取っているように見えるかもしれませんが、誰も来ません。
陣取りますよ。
玄関ツカイホーダイの定額制でしょうか。
使うだけだと失礼に当たるので宣伝しておきましょう。

なんとラ・フォーレつるぎ山は一泊2食付で7500円、素泊まりなら4500円だそうです。
素晴らしい。いつ聞いても素晴らしいとしかいいようのない値段です。
もちろん食事も素晴らしいので7500円の方がお得感が強いかもしれません。


ラ・フォーレつるぎ山徳島県美馬郡つるぎ町一宇字葛籠6198番地の2
Tel:0883-67-5555 Fax:0883-67-5678

今日の「玄関のみ無料」も、とてお得感強いものでした。ありがとうございました。



さてご飯を食べ終わった俺はE隊員に初スノーシューを履かせてあげようと思い立ったのです。
今はつぼ足神さまですが今日体験すれば、先ほどもらした「スノーシュー私も買うわぁ~( ´Α`)」 がもっと具現化するのではないか!

おそるおそる歩くE隊員。歩くだけですから1分も歩けばなれましょう。
つぼ足を体験すればするほど、その魅力が分かるはずなんです。


「うまらんわぁ~歩ける歩けるヽ(´▽`)ノ」 と喜んでいます。

俺は思わずクララが立ったシーンを思い出しました。
歩けることがこんなに嬉しい人なんて、あの時のハイジクララ以来見たことがありませんからね。

と言うことは…今度は俺が「つぼ足神さま」でしょうか。
歩くたび埋まります。なんとかもっと丁重にお祀りしてほしい気持ちです。



丸笹山」の入り口も雪だらけ…今日は前回のようにはいかんでしょうね。
あの案内板の脚部分だけで60㌢以上あると思います。
丸笹山も無理ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
どこも無理。

こうなったら夫婦池だm9(・∀・)ビシッ!!

なんたってどこでも行けるというフレコミなんです。このスノーシュー。
雪に沈まないってことは、重力分散ですからある程度の氷の上も大丈夫じゃないでしょうか。

前述の「スノーシュー・体験ツアー」では最初の練習を夫婦池の上で歩くってのを聞いた事がありますよ。
しかももう既に誰かの踏み跡があります。みんな考えることは同じでしょうか。

明確に今日の氷の厚さなんて分かりませんが、誰かが行った所まではほぼ大丈夫のはず。

「ミシッ!とかパリッって音がしたらすぐ下がれよ。英語でバックオフだぞm9(・∀・)ビシッ!!」

と言い聞かせますがあまり聞いていないみたい。よほどスノーシューが嬉しいのでしょうか。



どんどん真ん中まで行ってしまいました。誰かの踏み跡は真ん中位まであるようですが…

「水には浮かんぞぉ~(゜Д゜) 」

と脅して差し上げました。

何歳になっても雪は楽しい。氷も楽しい。そんなもんでしょうか。

夫婦池と雪と氷! …し、渋い!

こうして俺達の雪の「塔の丸」は失敗に終わったのです。

あ!“マイ・そり” は次回にヽ(´▽`)スマヌ


追記-------------------------------------------------------------------


■2007年12月2日の夫婦池。これが氷るとはたいしたもんだぁヽ(´▽`)ノ


ブログパーツ

スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●まとめ
■コメント一括化しましたヽ(´▽`)スマヌ


まってました♪

次郎ぎゅーの方が剣山より積雪があるのはなぜ?


ほった老人もツボ足状態だったのだ!!口だけゴルァーーでした。

米子のホームセンターにはプラスチックのかんじきを売ってるのだ。。
今度かって来るぞぉ!!(ダイキのソリ状態で売ってます)
スノーシュー??年に数回に金は出せん!!ピシッ!!

最後の写真は、ちぉッとしょっくでちたね(笑)
いつから臆病になったんだろ???

ここに穴あけて、魚釣りできるのかなぁ~(笑)

早く天気になりませんかね。。

青空がないと写真がモノトーンすぎてあきちゃった。。


では、ソリのレポートを楽しみに寝よ。。。



Posted by: ほった老人 | 2008年02月04日 01:54

おおぅ!飛ばしますねぇ~暴走とうちょっきゅう状態ですねぇ~。

あたしゃ神山魚止めゆきましたが、積雪のため4km弱の行程(大半が林道)に3時間かかりましたわ!帰りでも100分近くかかりました。もう最後は笑わなしゃーない状態でした。
わたしもつぼりましたよ!長靴に上から雪は入りました!こっちゃも最後は膝上10cmでしたよ!足高くあげても一歩ごとに足先が雪面引っかくので、腿つりそうになりましたわ。
平地の方が積雪多いですよね~。木陰は雪が浅くて助かるのですが、気を付けないと駆逐艦に追われるUボートの如く雪の爆雷が・・・。
あたしにゃ本格的な雪山登山は無理だべさと感じた次第。林道でこの有様ですけん。

気温はそう低くなく風もなかったので、足以外寒くはなかったけど、帰り運転しててタバコ吸うため窓あけるとさっぶいさっぶい!やっぱ風速冷却って大きいですね~。
お互い色々気ぃつけまひょね。

Posted by: 毛面 | 2008年02月04日 19:44

前略、お疲れさまです。
探検隊がなかったらスノーシューが何か全然分からんかったですよ。
ぶちょうの友達にスノーシューや言うたら絶対に冬季限定のお菓子だろと言うはずです。
またひとつ賢くなっていってますよ、ぶちょうは。
隊長さん、いつもありがとうございます!

真ん中くらいのつぼ足Eみっちゃさんの写真
めちゃ可愛いぃ…
ぶちょうのハートど真ん中ですよヽ(´▽`)ノぐぉ~

Posted by: はっちゃく☆ぶちょう | 2008年02月04日 22:49

■ほった老人さんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

次郎笈は笹原のみなので笹原が雪で埋まればのっぺりと真っ白って感じでしょうか。
トラバース道も笹のみなので滑落すれば死へ一直線です。

こっちのホームセンターにもかんじき欲しいですね。
プラかんじきあれば歩くくらいは大丈夫だ!
つぼ足は本当につらい…
しかもある程度歩いてからつぼ足になるんですよね。

車で砂浜に入るのに似ている感じがします。
ある程度入れるのだけど出て来れないみたいなヽ(´▽`)ノ

夫婦池は夏には釣りしている人いますけど冬はどうでしょう。
わかさぎいるのかなぁ。


■毛面さんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

とうちょっきゅう!ちょうとっきゅうよりも早そうな気がしますねヽ(´▽`)ノ

ちょっと上がれば雪だらけですよね。
はらぐ2隊員も今日、腕山を目指してて雪で敗退!らしいです。

つぼればつぼるほどつぼりましょうね。

もうE隊員は旧モデルのスノーシューをヤフオクで買ってました。
よほど悔しかったのでしょう。雪おばばですからね。
ある程度山へ登れるタイプがヤフオクなら半額で手に入ります。
アレさえあれば毛面さんのHPも「阿波名滝・氷瀑集」が作れますよ。
ぜひアレをはいてスノーシュって欲しいヽ(´▽`)ノ
走ることも出来ます。元気ならですが。

風は本当に体感温度を下げますよね。小憎たらしいくらい冬の風は嫌いヽ(´▽`)ノ


■はっちゃく☆ぶちょうコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

スノーシューってたしかに美味そうな名前ですよね。
まあお菓子に近いかもしれません。そうでないかもしれません。
次回のブログでは非つぼ足のEみっちゃが見られます。おそらく

Eみっちゃさんのそり動画がみくしぃにアップされています。
ここより早い情報が満載!
招待メールをPCあてに送ったのでぜひ登録して見に来てください。
登録さえすれば、日記なんか書かなくても見にこられますのでぜひヽ(´▽`)ノ


コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。