全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年04月16日

●お手軽・白髪山 2

お手軽・白髪山の続きです)

おびえながらも快晴が嬉しいσ(´▽`)ぉれぉれ。
空を見る限りでは熊のくの字もない。あたりまえか。熊は飛ばんよね。
ここまで来たからにはしゃ~ない。機嫌よく登るのが大人ってもんです。

天気予報は明日は雨とかヌカしてるようです。まさか…こんなに晴れ渡っているのに雨とは…
ズバリ当たれば夜に来る隊員たちは嘆くだろうな~
山の天気は変わりやすいってのはよく聞きますが、この突き抜けるような青空を見ている限りでは信じられません。



木々の間から見覚えのある山が見えてきます。三嶺…??
三嶺にしては隣の山がデカすぎるかぁ?…ええ??

うぉお!(´ロ`ノ)ノ



落ち着いて見ると…なんと次郎笈ですわ。隣はもちろん剣山
なるほどなぁ、見る位置、そして角度が変わればイメージと違う山に見えて当たりまえなのですが、ここまで三嶺に化けるとはアンタすごいな。
隣の西熊山に当たる部分に剣山をつかって騙すたぁプロやな。

書いてることがよくわからない様になってきましたが、白髪山の途中から見る「次郎笈&剣山」は、「三嶺&西熊山」に見える事が無きにしも非ずって感じでしょうか。
ってか、こう書くとよけいワカランなぁヽ(´▽`)スマヌ



緩くて快適な登山」が続きます。このまま続きますように何卒、よろしくお願いします。
月の輪熊との出会い」だけは避けさせて下さい。山の神様にお祈りしながら登りましょう。

P1070129.jpg
■振り返れば「みやびの丘」の東屋

P1070134.jpg
■駐車場

P1070135.jpg
■12倍

木がだんだん無くなり森林限界越えの笹原になってきました。この笹原を歩くために来たのです。
春霞の中、いろんな山が見え出します。風光明媚ったあ、このことですよ。
振り返れば駐車場が…車を止めた後ろには「みやびの丘」なる看板が出ていましたが、その頂上にある東屋も見えています。

P1070139.jpg

こんな素晴らしい景色が、こんなに簡単に拝めるとは白髪山、アンタはえらい!しかし、擬人化するといきなり相撲取りみたいな感じになるなぁ…

何気に頂上到着です。久しぶりの登山で息は切れたものの、まだまだ行けます。歩けます。
この際、白髪避難小屋でも見に行きましょうか。
あわよくば三嶺に登ろう!とも思いましたが、あわよくないのです。

三嶺は無理!白髪避難小屋は大丈夫!

林道歩きさえ勘弁してあげるなら、白髪避難小屋よりそのまま林道へ下りてくるりと周回できるそうです。
この際、林道も勘弁してあげましょう。

P1070165.jpg
■白髪山の頂上(標高1770m)

頂上ではε=\_○ノイヤッホーゥ!と言いたい所ですが言いません。
登山を始めて2年になりますが、未だかつてε=\_○ノイヤッホーゥ!なんて言ってる人を見たことが無いんです。
ε=\_○ノイヤッホーゥ!は前世紀の産物なのかもしれません。
でも我慢すれば我慢するほどε=\_○ノイヤッホーゥ!と言いたくなるのも事実です。でも言いません。
見られたとき、そして聞かれたときのダメージが大きい予感!我慢我慢。

IMGP7652.jpg

見える景色は最高!天狗塚お亀岩避難小屋西熊山三嶺
去年の11月にはお亀岩避難小屋までは行きましたが、そこからは悪天候のため未踏です。

ああ、あと少し登れば天空の笹原にいけたのかぁ~

しかし、俺たちにしてみればよくもまあ、お亀岩避難小屋まで登れたもんです。もう二度と行けないかもしれないもんね。行けるなら行きたいけどね。

 
■お亀岩避難小屋と三嶺避難小屋

三嶺より向こうは塔の丸、丸笹山、剣山、次郎笈…こちらは登った山のオンパレードです!

いろんな山からいろんな山を見て「ああだこうだ!」言うのが実に楽しいのです。
今となれば登った山もかなりの数になりました。そしてこれからも増えるでしょう。
増えれば増えるほど、「ああだこうだ!」言わせて頂きたい。山の頂で言わせて頂きたい。
近いうちになんとか天狗塚あたりに登って、「ああだこうだ!」言うぞぉと誓う俺たちでした。



さて先を急ぎましょう。避難小屋マニアの俺たちの真の目標とも言える白髪避難小屋見学です。
頂上からは緩やかな下りが続きます。どこまでも風光明媚。しかしあたりの木々の様子が…

    

爪あと…爪あと…爪あと…

どこまでも爪あと…鹿の角のキズなら勘弁してあげましょう。
熊の爪あとなら勘弁できません。っていうか先を急ぎましょう。
大声で話ながら、動作も大きくバタバタしながら、熊避け鈴も扇風機の如く振り回しましょう。

kumarankan.jpg
■橋の欄干に居座る熊のオブジェ

あの別府峡入ってすぐにあった、橋の欄干にデザインされた熊のオブジェは大げさじゃなくこういうことだったのです。やたらキズだらけの木は俺達にとっては十分な威嚇です。

え~い!上上下下左右左右BABA!

BAがひとつ多いか?
裏技で最強モードに入りたいのですがアカンわなぁ~オプション二個つけても熊にはカナワン!

P1070198.jpg

なだらかな道のせいもあってか、いつもよりかなりハイペースで歩いています。
でも、あんまりあわててもあきません。出会い頭ってのがありますからね。ゆっくりあわてず大げさに。

こ、これだっm9(・∀・)ビシッ!!

でも、熊の本当の活動時間は夜明け頃だと聞きましたよ。ええ。それでも急ぎましょう。

P1070201.jpg

なんとか白髪分岐まで来ました。そろそろ見えるはずですよ。白髪避難小屋
造りは丸石避難小屋と同じだと聞きました。でも立地条件が最高らしいのです。
開けた草原にポツンとあるらしいのです。
ここら辺りからおそらく徳島県に突入したはずです。
高知へ行って歩いて県境越えて徳島へ戻る…まさに逆輸入みたいな感じでしょうか。

P1070225.jpg

キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

なんとメルヘンチックなんでしょう。大草原の小さなお家みたいな感じ。
河合奈保子風に言わせてもらえば♪大きな森の小さなお家~って感じでしょうか。
ちょっと違う?ああそうですか。

P1070226.jpg

なるほど造りは丸石避難小屋とまったく同じでしょうか。広さも同じみたい。中はどこも変わらず殺風景です。
でも確かに立地条件が違います。なんたって日当たり最高!風の流れも良さそう。

「ここなら泊まれるか?」E隊員に聞きますと…

「勘弁してください」ですと…

デリケートなおばはんやなぁ…( ´Α`)

俺は丸石避難小屋にはもう泊まるつもりはないけど、白髪避難小屋なら一度お手合わせをお願いしたいと思います。夜なんか星がよく見えそうじゃないですか。ねえ。

P1070228.jpg

さて、いつまでも小屋小屋しているわけにはいけません。
登山口へ戻ってテント泊の準備をしないとあきません。他の隊員と深夜の合流がありますからね。

P1070232.jpg

ふるさと林道への案内板より下山しましょう。見るからに快適そうな道です。笹原の中のエスケープロード。

いいぞぉヽ(´▽`)ノ

と思ったのも束の間、いきなり道幅は15センチくらいになりました。坂もきつく、崩壊している場所も多々あります。

P1070234.jpg

急で細く、足場も悪い!油断すれば空中へ飛び出しそうな狭い道。なんと散弾銃の空薬莢まで落ちています。
どこからか狙われていそうな予感!熊と間違われて撃たれるなんて最悪です。
狩猟の季節では無いのかもしれませんが、白髪山登山口には明日、鹿を追い払う山域の案内地図とその域には入るな!というお知らせが張り出してありました。

とにかく急峻で細くてザレています。これ以上何をどうしたいん?と思わせる荒れ具合です。
雨なんか降ったらイチコロで滑落しそうな道なんです。
それでも何とか降りてこられました。どっちかというと落ちてきた感覚です。

P1070239.jpg

ここからは林道歩き。いつもは嫌いな林道歩きですが、先ほどの道に比べりゃ雲泥の差です。
舗装路がこんなに愛しく感じたのは初めてでしょうか。
ダラダラと30分ほど歩いて元の駐車場へ到着。お天気は相変わらず最高。

P1070243.jpg

さて、テントを張りましょう。久々のテント泊です。
初参加のビリーちゃんの分のテントも張らなければいけません。
テント泊できる女性隊員が増えるのは非常に嬉しいことです。

深夜12時頃には、はらぐ2隊員KLE隊員ビリー隊員と合流しました。彼らも各自のテントを張りました。もはやテント村化!4張りは探検隊史上最高記録かもしれません。アウトドア系隊員が増えた証拠です。

ビリー隊員はテント泊をとても喜んでいます。やはり、ただものではありません。

そのままテント村は宴会場に…

張ったテントが飛ばされるのではないかと思うくらいの強風が吹いています。しかし不思議なことに音ばかりでテントは震えるだけ…
テントの中で居ると風の動きがよくわかります。

ぐぉごごごごご~

…と白髪山の方からみやびの丘へ台風以上のボリュームで流れていきますが、音のみ…
丁度いい具合に山と山の間に位置しているので影響がないのでしょうか。こんな体験は初めてです。
このままでは俺のいびきが目立たない!ε=\_○ノイヤッホーゥ!
さすが1450mキャンプ!

お昼に覗いた白髪避難小屋には、斜めの丸太で何本も両側から補強されていましたが、きっとあれが今頃役に立っているのでしょう。山の過酷さを垣間見た気がします。



楽しくキャンプして飲んでいると、あんなに晴れていたのにきちんと雨になりました。さすが天気予報!
半分濡れながらもワイワイガヤガヤと会話が弾みます。
夜でも雨でも強風でも関係ない。これぞまさしくキャンプ!
飲んで歌って踊ってお芝居も出来る!そんな選手になりたいです!
こんな感じで夜は更けていくのです。

ワイワイガヤガヤがガイガイワヤワヤになってきたのでそろそろお開きしましょう。
トイレもあるしいざというときは避難できる準備小屋もあります。最高の場所です。

Q800000.jpg

朝起きると雨は最高潮!ボタボタ降っています。
風は止んでいますが、雨のせいでテントが浮いている感じ…


29653582_1982731613.jpg

まあ、熊にも襲われなかったし、先行部隊の俺達は風光明媚な白髪山~白髪避難小屋を思い切り楽しめました。
後続部隊も雨の中、白髪山~白髪避難小屋を決行しました。
それで良しとしましょうヽ(´▽`)スマヌ



ブログパーツ



スレッドテーマ:香川・愛媛・高知・徳島:地域情報

メインページへ 

コメント

●コメント一括化
みやびの丘って良いスポットでしょう?
山はあるし丘はあるし。。。
アウトドア好きにはたまらないですよ。
また香美市に遊びにくださいね(^。^)

Posted by 香美 at 2009.04.23 15:32 | edit


■香美さん初めまして&コメントありが㌧でございます。
みやびの丘&白髪山は素晴らしいですねヽ(´▽`)ノ
楽に三嶺に行けるのもグッドですね。
お手軽に1770mへ行けるが最高!何より最高なのはトイレ&待合室ですよ。
トイレがあるのと無いのではホームランか三振か!ですよね。
徳島県じゃこうはいかないと思います。
光石登山口、白髪山登山口、どちらもトイレ有りで素晴らしい!

Posted by アゲ谷 at 2009.04.24 03:01 | edit

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。