全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月07日

●次郎笈を牛耳ろう!4

●次郎笈を牛耳ろう!1
●次郎笈を牛耳ろう!2
●次郎笈を牛耳ろう!3の続きです。



剣山頂上から足を下ろします。
家訓もこの際無視でしょうか。次郎笈には一旦高度を下げずには行けません。
そりゃそうですよね。
剣山1955mから次郎笈1929mへ26メートル下りるだけなら誰でも行けます。
そんなに簡単ならみんな行くでしょう。一度、がばぁ~っヽ(´▽`)ノと下がるから行きにくいのです。

次郎笈

山は大体、隣の山へ行くときに一旦下がるみたいです。まあ例外もありましょうけどね。

一旦下がってまた登りなおす…つらいなぁ…下りたままで登頂できるなら最高かもしれません。
でもそうはいかない。
しかもこちら剣山側の下りる角度よりも、次郎笈側の登りの角度がかなりきつそう。

遥か彼方に登っている人が見えますよ。アリより小さい
なんか笑うわぁ~
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
ほんまに笑うわ~
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
俺も行くんです。きっとね。
9月に見たときは(俺には絶対無理だわ…)と心の中で思ったんです。



先ほどから聞こえている韓国語ですが、どうやら日韓友好登山をしているみたいなのです。
どこの何のグループかは全然わかりませんが、どうやらそうらしい。
あらゆる場所で「ニダ、ニダ」聞こえます。
なにやら「決意表明」みたいなのを読んでいるみたい…

その日韓友好登山チームが出発しました。もちろん行き先は「次郎笈」です。

うぉお!(´ロ`ノ)ノ

全部で何人いるんだ?30人位いたでしょうか。
数えてみましたが、何度数えてもチョロチョロと動く人がいるので50人超えてしまう。
俺には野鳥の数も計れないわ…と思いつつ断念。

次から次へとみんな降りていきます。
割と急な道ですが降りるのは何とかなりましょう。ただし小石の多い道です。かなり滑りそう…



いや~みんな行ってもうた。
俺たちはお昼ごはん食べながら見守っているのです。

( がんばるニダm9(・∀・)ビシッ!! )

心の中で応援しましょう。
さ~て昼ごはん終了!俺たちも行きましょう。
山の天気はつるべ落とし…なんか違いますがとにかく日が落ちるのは5時くらいです。
行くだけでは終わらないのが登山。
必ず帰らなければならない…ここ、剣山頂上へ帰ってきてもしゃ~ない。
誰がなんと言おうと、見ノ越の駐車場まで降りないと終わらないのです。



若者達を先頭に追い立てて坂道を下ります。危ないところは君たちでがんばってくれぃ!
先に経験してから、俺に「危ないお手本」を見せてくださいなヽ(´▽`)スマヌ

案の定、彼らがずるっ!とすべるような場所では俺もずるるっ!と滑ります。
反射神経が鈍い分、俺のすべり幅が大きい。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

って事は彼らが滑落するような場所では既に俺は落ちているかもしれん。
まあ落ちればみんな死ぬけど(ノ∀`)アチャー


■後ろを振り返ってみる

気を抜けないのが登山です。特に尾根道は左右に何もない。広い場所ならなんとかなるでしょう。
でも狭い場所で蹴躓いたりすればそのまま急角度の笹原を転げていきます。
まず止まりません。

オチタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

な~んて事になったら笑い事ではありません。
ものすごいスピードで、途中の石や岩に当たりながら数百メートル転げるでしょう。
普通の人間の形ではまず発見されません。骨折だらけで妙な塊になりましょうか。
ひょっとしたら発見さえされないような場所に落ちるかもしれません。

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク

これが滑落ってやつです。雪があった場合、極まれに助かる人もいるようですが、本当に稀です。
こんなに危ないのに、蹴躓くだけで死ぬかもしれないのに…なんで山へ登るんだ?

疑問が浮かびますが考えないようにしましょう。
これを突き詰めると一冊の本が書けるくらいです。ここでは無視しましょう。


■標高がもったいなくて振り返らずにはいられないのです。貧乏性でしょうかσ(´Α` )ぉれぉれ

尾根道は快適で周りの景色は最高!
これしか見ない。明るく良いところだけ見て登るんです。臭い物には蓋しましょうヽ(´▽`)スマヌ

しかし若者チームは元気…俺は降りているのに苦しいくらい…
ここでの足運びは独特です。バランスを取りながら滑らないように下りていく…案外難しい。
登山靴は必須でしょう。小さな石ころだらけの道を硬い靴底で的確に捉えていく。
足裏の疲労は最小限に抑えられます。

これが雨となると登山靴じゃなければ進めなくなります。
スニーカー等の靴の裏側の溝は土が入り込んで埋まってしまうと、ただの平面的なスリッパみたいになります。
こりゃ危ない。
湿った腐葉土の道もそんな感じです。



今一番大事なものは何だ?」と聞かれるなら俺は登山靴だ!と答えます。

いや、待てよ…水分かなぁ?裸足で痛いのも嫌だし、喉が渇くのもいや。
まあ、とにかく登山靴だ!と答えたい。
んでも、雨が降ってきたらカッパか?…ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

とにかく、山では一番大事なものが一杯あるんです。そんな大事なものだけ持って登る。
登山というものは現代における「究極の移民」みたいなもんでしょうか。
自ら好んで成りえる「災害避難民」みたいな感じもします。
これらの行動はいつか来る南海地震にも役に立ちそうな予感もしましょうか。



不必要な物は持たない…必要なものだけを持つ…これが案外簡単そうで難しいのです。

みかんとか果物は行動食、非常食として非常に有効ですが、かぼちゃなんて持ってたらまず失格でしょうね。
俺は無駄なものは何ひとつ持っていないつもりm9(・∀・)ビシッ!!
…でしたが「ヘアミスト」の缶がザックに入っているのは誰にも言いません。
あっ!「水曜どうでしょう」のDVDも入ってるわヽ(´▽`)ノぎゃ~




さあ、本格的登り坂に到達。山頂も見えないほど急です。こりゃいったいいかがなもんか!

「いくよっ!」

有無を言わさず登っていくヒコさんいとさんに着いてかなしゃ~ない。
ま、まってくれぃ…

遠く頂上の方から歓声が聞こえます。

「俺たちは登ったニダ~!」

どうやら日韓友好登頂隊が頂上制覇した模様です。

20㍍くらい登るたびに小休止。ここらへんはマジでハード。なんたって画像がないんです。
写真撮る余裕もないくらいなんです。手も使わないと登れない場所もいくつかあります。

ぎゅ、牛耳られている…( ´Α`)あふぇー

こんなにハードな場所は今までの登山にはありませんでした。
ここらへんが体力レベル2☆☆なんでしょうね。喉から出そうな心臓を押し込みます。汗は出るわ、息はできないわ、目は霞むわ、声さえ出ない。



「あんたたち…俺を置いていけ…ふもとの村に着いたら…救援隊を呼んでくれ…ぶはぁ~ぶはあ~」


まさにこんな感じ。
そう言っても彼らは俺を置いていったりしません。やさしく冷たい目で見守ってくれています。
若い二人でさえ(*´Д`)ハァハァ言ってるです。俺が、(*゜Д゜)ブハァブハァ言っても不思議じゃないでしょう。

小休止のあとは、登る!

ぶはぁぶはぁ~どはぁ~んがくっくっ…

ひえ~っ、うりゃぁ…ぜえぜえぜえ…ん!ずるっ!

もげぇ~はあはあ……( ´Α`)

喘ぎながらも少しづつ少しづつ確実に高度は上がっています。
周りの景色も見える角度が確実に変わっていく。俺は登っている…何でかわからんが登りたい。
っていうか登らせてください、心の底からよろしくお願いしたいっ!



ぐほへぇぐほへぇ…( ´Α`)

「あんたたち…俺を置いていけ…ふもとの村に着いたら…」

「わかった、タイチョ、先行くよ、はよ来てね」

最後まで聞けよ…とも思いましたが足手まといなのでしゃ~ない。

若い二人はガンガン登り始めました。あの二人だけなら今頃もう降りる準備に入っているはずです。

「す、スマン!俺の分まで頼んだぞぉ(;゚ O゚) 」

置いていかれてしまった…ε=_| ̄|○ぷぅ
でもいつかは着くはずです。もう近いはず…マイペースで登りましょう。

しかし確実に苦しい。これだけは言えます。
この不安定な世の中で確実なことは少ないのでしょうが、「俺は今最高に苦しい」これは確実でしょう。

左足の次は右足を出すと登りやすいぞぉ'`,、('∀`) '`,、
そん次はまた左足だ!

登山の基本というか人間の基本を噛み締めながらも俺は登ります。
登れメロス!メロスは登った!


■遠くのちっこいオレンジがσ(´Α` )ぉれぉれ

つぉおおおお~(;゚ O゚)

や、やった…頂上では無いがとりあえずピークにでた!
もうすぐそこに頂上なんです。小休止しながら見ると若い彼らは頂上で万歳している!

…まっててくれよん、もうすぐ俺もいくぞぉ~

ぬわ~んて思いながらも体が動きません。こりゃなんかのおまじないでも必要か?と思いましたがそんなおまじないも、マジないし、ここは休むのが一番でしょう。

あとは割りと平坦に感じる笹の尾根道、今までの岩場とは違います。登頂したのとほぼ同じくらいの未登頂って感じでしょうか。ちょっと感動の嵐。

よっしゃ、いくでぇ~マメタン!

自分でヽ(´▽`)┐ぉしりぺんぺんしながら登ります。最後ですものがんばりましょう。

もげへっもげへっ、ぜみょ~ぜみょ~ぎみょ~ぎみょ~ 

呼吸気管が限界なのか、呼吸音が変ですが気にしません。すぐそこなんです。頂上!

でやぁ~到着!

彼らに遅れること数分、とうとう次郎笈頂上へ…
感動の涙なんかは全然出ていませんが、実は心の中で溢れています。

かかっかか母さん、俺来たよ!次郎笈に来たよ。σ(´▽`)ぉれぉれ
思わず徳島市の方向へ向かって

「おっかぁ~」と叫びそうになりましたがなんとか抑えることができました。




頂上には彼らの他に一名いました。
なんとその方は35分くらいで来たらしいのです。あまり俺と変わらない年齢だと思いますが、なんたる体力。俺の体力が無さすぎなのは分かりますが、これを35分でくるなんてヽ(´▽`)ノぎゃ~

タバコやめようかなぁ~なんてタバコを吸いながら思います。(´ー`)y─┛~~
また、頂上で吸うタバコが美味いのなんのって…実に本末転倒ですがマジ美味い。



「いかん、メールを送らなくちゃ!」

今日こられなかった隊員へ「登頂成功」のメールを送らないといけません。
メールを打つ手が震えます。もう体中がくがくでしょうか。帰れるのか?との思いが心の中をよぎりますが帰らんとしゃ~ない。
これ以上は登れないが下るのはおそらく何とかなりましょう。

初めての景色。反対側から見る「剣山」。素晴らしい。とにかく素晴らしい。
「塔ノ丸」も「三嶺」も素晴らしい…微妙にいつも見ている角度と違うのがこれまた素晴らしい。





もう思い残すことはありません。感動の嵐の中、一気に滑落してふもとへ帰ろうかとも思いましたが危ないのでやめましょう。

というわけで次郎笈制覇!
牛耳ることは出来ませんでしたが、制覇は制覇。

ヒコさんいとさん、実に足手まといで_| ̄|●<スマンカッタ
でもまたどこか行きましょう。
次回も引っ張ってくれぃ…と他力本願時の住職化しようとする俺でした。

(長文にお付き合いありが㌧でございましたヽ(´▽`)スマヌ)


■WONDER 3(史上最強の移動遊園地2名+他力本願時の住職1名)


ブログパーツ

スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●コメント一括化しました
■コメント一括化しましたヽ(´▽`)スマヌ


アゲ谷さん、こんにちは。

うひょ~、やっと制覇!!!ですね~。
やらせ風ドキュメンタリーより、面白かった!

移動遊園地の二人の若さと体力が羨ましい。。。

でも、これを35分で登れる人がいるってのには、ビックリ!
日頃から、何らかの形で体を鍛えているんでしょうね。
急には、無理です。
徐々にレベルアップしないとダメでしょうね。
私も、まず、太陽の下で活動する!から、始めないと。。。^^;
体力レベル0.1ぐらいかな?


Posted by: かよ | 2007年12月10日 11:06

■かよさんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

とうとう書き終わりました。あの二人は本当に元気なんです。
もうびっくらこきまろ○| ̄|_ =3  プッですよ。
思い起こせば俺も20代は元気だった…
一日3食たべて8時間くらい寝てたわ…
しかし今もそうか…ヽ(´▽`)スマヌ

新隊員のはらぐ2さんも元気そうよ。
彼はまだ10代に近いもんね。
かよさんも今ならまだ間に合う!きっと間に合う。
2回登ればもう大丈夫m9(・∀・)ビシッ!!
1回目には地獄の筋肉痛かもしれんけど…

40代はトレーニングを重ねて普通の人みたいな感じ。
最近足腰は丈夫になったけど、心肺機能は心配だわ。

Posted by: アゲ谷 | 2007年12月11日 01:38

やりましたね!ぎゅうじったりましたね!庖丁人味平なみに牛次郎でしたね!
ぎゅーの音も出ないほどですね!

けどやっぱ登頂したなら旗立てないと・・・探検隊旗ってありました?
しょぼい低山でもたま~に見ますよ、「ほにゃらら登山会」とか「ちょめちょめ歩こう会」とかの木札。
赤影山頂!の札作ったらどうです?うすらはげ頭頂だったら泣きますな、あたしゃ。
最近元タイガース湯舟の頭が気に掛かる毛面でした~。

Posted by: 毛面 | 2007年12月11日 19:32

お疲れでしたぁ~♪

本日、本屋さんでタウ徳初めて見ました。

記事が1ページとは??ふざけるな!ですね。。

顔文字が印刷されると変!!

1000冊も買えませんm(__)m

1ページだから立ち読みして終了~~、、スマヌ。。

Posted by: ほった老人 | 2007年12月11日 22:27

■毛面さんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

ぎゅうじったような、ぎゅうじってないような…まあ行くには行けましたが
かなりしんどいもんでした。
味平懐かしいヽ(´▽`)ノぎゅ~の音ヽ(´▽`)ノ

そういやあ、各頂上にサークルの木札ありますね。
徳島☆秘密探検隊もつくらんとあきませんね。
でも3名で登頂して立てたら怒られませんか?
せめて5名くらいいないと気が引けてしまうσ(´▽`)ぉれぉれです。

赤影山頂ワラタヽ(´▽`)ノ


■ほった老人さんコメントありが㌧でございます。ε=\_○ノイヤッホーゥ!

タウトク見てくださりありが㌧でございますヽ(´▽`)ノ
そうか!1ページだと立ち読みで終わってしまうのか!
こりゃいけませんね。
確かにどば~っと文字量あれば買って、家で読もうって感じでしょうか。

さてページといえばジミーペイジ!
レッドツェッペリン 復活しましたね。相変わらずカコイイ!
ジミーペイジ63歳でもカコイイ!
世界ツアーやりそうな予感!


Posted by: アゲ谷 | 2007年12月12日 08:37

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。