全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年12月04日

●次郎笈を牛耳ろう! 2

●次郎笈を牛耳ろう!1の続きです。


■11月の次郎笈

ロビーへ降りて行きます。ご飯は8時の予定。
朝からボリュームのある朝ごはん。登山者にはとても嬉しい。
大体このような施設であれば一万円~一万二千円程度じゃないでしょうか。
ラ・フォーレつるぎさん」は二食付きで7500円。これは本当に素晴らしい。

この一万円行くか、行かないかの辺りに俺は明日への希望を感じますね。ええ。
お隣の「いやしの温泉郷」は一泊1万2千円とありました。
一万円超えると泊まる気さえしない。もはや絶望を感じるんです。

Dc74.jpg

いろいろとオーナーと話込んでしまった俺は、置き逃げ作戦を中止して「徳島秘密探検隊」のページを見せて「こういうブログを書いてます」と正体を明かしてしまいました。
たいした正体ではございませんが、きっと置き逃げより効果的でしょう。

Dc73.jpg

「塔ノ丸」登山時に泊まった時の話をして、「素晴らしい!!m9(・∀・)ビシッ!!」と書いてありますよって伝えると、ぬわ~んとコーヒー3人分無料サービスしてくれたのです。ありがとうございましたヽ(´▽`)ノ
タウトク11月号はもちろん置いてきましたよ。12月号も持って行きたいm9(・∀・)ビシッ!!
さあ、本題に戻りましょう。今日のメインは「次郎笈」!
「剣山」だけなら体力度1☆でしょうが、「剣山」登って「次郎笈」を目指すとなると体力度2☆☆位でしょうか。
「徳島県の山」という書籍では「剣山スーパー林道から登るコース」で体力度2と紹介されていますが、「剣山」経由「次郎笈」でももちろん体力度2☆☆でしょう。おそらく。多分。

なんたって剣山頂上まで約1時間~1時間30分、「剣山頂上~次郎笈」まで1時間くらい?
こりゃ体力度2☆☆ですよ。間違いない。っていうか体力度2☆☆は未経験のσ(´Α` )ぉれぉれ
なんとか許して下さい。無事登れますよう、心からよろしくお願いしたいんです。



前回は寝不足で挑んだσ(´▽`)ぉれぉれ。今回は「ラ・フォーレつるぎさん」というスンバらしい宿泊施設に泊まって挑むんです。準備は万端。
体も軽い。実に軽い。

「お前の球は軽いm9(・∀・)ビシッ!!」

花形やオズマに言われても気にならないほどです。身も心も軽い。
なんとなく脳みそも軽いかもしれません。
軽けりゃ軽いで、アンダースローに転向だ。
ふわ~っと浮く大リーグボール3号を次郎笈に向かって投げてやりましょう。

お天気はかなり良さそう!
ドリカムってみるなら「太陽が見てる」 「晴れたらいいね」「朝日の洗礼」の3本立てでしょうか。
今度は虹を見に行こう」も入れてもいいかもしれません。

Dc75.jpg

見ノ越の第1駐車場へ到着。準備して登山口の神社の方へ向かい…ません。
ヒコさんいとさんは向かいますが俺は向かいません。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、 ハンデってやつでしょうか。
彼らは20代。俺は40代。

40代はリフトで勝負!

帰りは一緒に足で降りるから許してくれぃヽ(´▽`)スマヌ
彼らは文句をプンプン言いながらも快く承諾してくれました。

なんつったって前回はガスっててリフトからの景色さえ見えて無いのです。
「塔ノ丸」は登ったけど「剣山」からの「塔ノ丸」は見ていない。
「丸笹山」も登ったけど「剣山」からの「丸笹山」は見ていない。

今日初めてリフトからの眺望を堪能できるんです。こりゃ勘弁してください。
3遍回って勘弁してほしい。

Dc78.jpg

切符を買って乗りましょう。今日は平日ですので未だ193番です。(  Д ) ゚ ゚ …ん?
しかし平日でも既に193人登ったのか?まだ9時30分ですよ。なんて繁盛してるんだ!
実にうらやましい。
西日本第二の標高とはいえ、こんなにも人が寄ってくるのか…さすが霊峰!

係員の方に切符をもぎってもらいます。
どうぞご記念にお持ち下さい」ってもぎらないまま渡される…

う、うまい!

記念になるがゴミにはならん!一石二鳥の素晴らしい作戦でしょうか。
名づけて、もぎりそうでもぎらない「もぎりの渡し

Dc79.jpg

さ~て楽チン登山の開始です。俺は足をブランブランしてれば西島駅1750㍍まで安泰。
あとは野となれ山となれ!もし次郎笈を牛耳られなければ若者二人で牛耳って下さい。
がんばれヒコさんいとさん!

行けるならば俺も行きますが、行かれなければ君らで行きなはれ!

この微妙なスタンスがいいね。これぞ40代初級登山家のスタンスってやつでしょう。
肩幅と同じスタンスでカキーン!と送りバント!いきらず構えず、あせらず自然体。



ぶらんぶらんさせていると上のほうに見た顔が!

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工



ヒコさんいとさんです。ぬわんてこった!もうここまで来ている!
そっくりさんが居るのかと思いましたが、紛れも無く奴らです。
きちんと歩いて登ってきています。リフトより早いのか?
なんたる健脚!(  Д ) ゚ ゚  …あんたら先祖は飛脚か!

ねぇ、どうして…♪

この調子では俺の乗ったリフトが西島駅に着くのと彼らが足で着くのとほぼ同時じゃないのか?
ひょっとしたら俺の方が遅いかもしれん!
やつらは史上最強の移動遊園地!



「すいませ~ん!リフトのスピードもっと早くお願いできませんかぁ!(゜Д゜) 」

ぬわ~んて叫ぼうとも思いましたが止めときましょう。
もし仮に物分りのいい係員がいてスピードアップしてくれたとしましょう。
そんなことされたら、はっきり言ってリフトから降りられないかもしれません。

降りようとしているのに後からガンガンお尻にへばりついてくるリフト!
こりゃ恐い!リフトからは降りられないが、実は下界に向かって再び下りている!
…なんて事になったら死んでも死にきれませんよ。しかも現金もう持ってないし…
まあ、2週目は無料ならいいけどね。…でもそんな問題じゃないし…



リフトはガンガン上がる!彼らは写真を写してくれているようです。コチラからも写しましょう。
油断させておかないと先回りされてしまいます。
ぬわんて強力ワカモトな奴らでしょう。こりゃ、次郎笈なんて簡単に駆け上がるでしょう。
三郎笈なんてのがあってもきっと変わらず駆け上がるでしょう。
山さえあればすべて乗り越える…

奴らの歩いた跡には草木も生えん!

そんな感じかもじれません。

「しまいにゃあケツの毛まで抜かれてしまうでよ」
そういやぁ、昔かあさんにそんな言葉を聞いたことがあります。
それとはちょっと違いますね。違うなら書くなって感じでしょうかヽ(´▽`)スマヌ



西島駅に到着!
奴らはどこだ!ひょっとしてもう次郎笈か!
いません。よかった~ヽ(´▽`)ノさっき会った場所からは普通最速でも20分くらいはかかるでしょう。
俺は下りだけは経験あるんです。大体の感じでわかりますよ。ええ。
しばらく休憩だなぁ~なんてゆっくりしようと思った瞬間、何気に下を見れば…

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

間違いでした。人違い。びっくりしたなぁ~でもよかった~ヽ(T▽T)ノへろへろ~
今来られた日にゃあ、死刑宣告と一緒ですよ。ええ。そんなスピードで登れんもんね。
彼らがこの西島駅へ来る時間が遅けりゃ遅いほど、俺が一緒に登れる確立が上がるって訳です。
景色でも見ながら待ちましょう。一人で待ちわびさせてください。

  
■クリックで拡大できます。

あの日、ガスで見えなかった「三嶺」、「塔ノ丸」、「丸笹山」…すばらしい。
素晴らしすぎる!
日本三大詩人と言えば西条八十、野口雨情、あと1人は皆様ご存知の大御所、郷ひろみですが、それらの詩人たちに見せてあげたかった。彼らはなんと言うでしょう。

つい数ヶ月前まではほとんど興味のなかった山々!
偉大なる剣山系の大パノラマを知らなかったことが恥ずかしくもさえ感じます。

来て、見て、感じてみないとわからない登山という趣味の奥深さ。頂上制覇の達成感!
なにやら、俺の心まで広くなったような錯覚を感じ、思わずε=\_○ノイヤッホーゥ!といいそうになりました。
しかしここで言ったら笑われます。なんたってまだ足を全然使っていない。頂上でもない。

こんなんじゃ駄目です…こんなんちゃう♪
ちょっと「スタンドバイミー」の歌い出しのメロディに乗せてみてください。出来ればジョン・レノンの方で。
実にいい感じです。こんなんちゃう♪ヽ(´▽`)スマヌ

これじゃあ、腰が痛いと言いつつ休んでるのに笑顔でサッカーしているようなもんです。あのお相撲さんね。
もうひとつ言わせてもらうなら、やはり「肘でもいいから目に入れろ!」って言わせてほしい。
いわゆる「サミング三分の一」って感じでしょうか。洗剤と反則じゃ、きっと違いましょうねヽ(´▽`)スマヌ
ヤッホー言うなら次郎笈の頂上でしょう。ねえ。



次郎笈の方を見ると…聳え立っています。剣山より高いんじゃない?といつも思います。
おそらく「測り間違えているぞ論」の信者であるσ(´▽`)ぉれぉれ
近い将来、県が正直_| ̄|●<スマンカッタと言うかもしれませんし言わないかもしれません。

缶コーヒーでも買いましょう。
朝のコーヒーはいい。やっぱ朝にはコーヒーでしょう。

巻きたて~巻きたて~僕のパーマは巻きたて~♪

天然パーマの大泉洋のファンである俺は、キリンのファイヤーを探しましたがありません。
ポッカの自販機の中にあるサントリーのボス…まあ勘弁してあげましょう。
フタ開けて、一口飲んでくつろいでいますとなにやら聞き覚えの有る声!



ま、まさか…( Д ) ..._。..._。 見て来い俺の目! ..._。..._。

キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

もう来たか!もうなのか!
まだ俺がここに着いて5分だぞぉ(゜Д゜) 
こりゃ着いていけんかもしれん…マジで着いていけんかも…



「早いなぁ~あんたたち…」

そう言って話しかけると、

「普通に来たよ」って言うんです。

ねぇ、どうして…♪    む…無理してると言ってくれ!


いつものE隊員とのコンビならあと30分はかかるでしょう。ぜったいに…

「よっしゃ~寒いけど行こうかm9(・∀・)ビシッ!!」

と言うと、

「暑い~」って言うんです。

なるほど、汗はかくんだ!本当は人間なんだね君たち!よかったぁ~ヽ(T▽T)ノへろへろ~
なんだかこじんまりとうれしい。人間と登るんです。次郎笈ね。
そっと心の中で安心するσ(´▽`)ぉれぉれなんです。


●次郎笈を牛耳ろう!3へ続く


ブログパーツ

スレッドテーマ:アウトドア:趣味・実用

メインページへ 

コメント

●Re: タイトルなし
■コメント一括化しましたヽ(´▽`)スマヌ


続きがワクワク♪

ジロウジュウは山がかっこいいのだ!!

若者と山登りですか??

一人がいいですよ(笑)

晴れてよかったですね。。

今日は鳴門の海へ行きましたが、風が寒い。。


Posted by: ほった老人 | 2007年12月05日 17:23

リフト・・・いや、Hotしまひた~。私もリフト使いました!しかもいまの隊長よりもっと若い時!
次郎牛からタロサの背に移る途中、雨に降られて低血糖と低体温っぽくなりまして、へたり込んでしまいました。糖尿治療始めた頃で、自分の体調が掴めて無く時期でしてね~。一緒に登った友人は雨に打たれても「暑いくらいじゃ!」とかぬかしておりましたが、わたしゃ手足が凍り付いたようになりました。雨具も持ってなかったです。舐めすぎですな。
実はその前年に、行場経由して一の森から剣山へプチ縦走したのですが、そん時もへたりこみましてねー。(手ぶら水筒もなしだった!)で、ちっとは食料と水持っていったのですが、全然足らなかった。
思い出すたび、天童よしみの歌が頭の中流れますな。「なめたらあっかん~」今はどこ行くにも大抵飴かカロリーメイト、ブドウ糖持ってます。

これがステップ、次は大ジャンプ!

Posted by: 毛面 | 2007年12月05日 19:19

■ほった老人さんコメントありが㌧でございますヽ(´▽`)ノ

次郎笈は本当にかっこいいですね。
三角錐にちかくて頂上が狭いので開発を免れた「真の笈」って感じです。
角度がいいせいかいつも日が当たってますし
周りの山と違う独特の緑色が最高ですヽ(´▽`)ノ

一人で行くとまず剣山で終わりです。
若者に引っ張っていってもらわないと行けないんです(ノ∀`)アチャー


■毛面さんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

リフトは必要ですよね。選択肢があるってことは良いことです。
できれば三嶺のモノレールも最上部に駅を作ってほしい。
あれを登山に使わない手は無いと思うのですが…

雨は(・A・)イクナイですね。山で低体温なんて最悪だったでしょう。
そのうえ血糖値まで…下手したら危ない状態ですよ。
俺はシャリばて初体験のときにびっくらこきました。
こんなにも動けなくなるもんなのか!って感じですた。
ひざに力が入らないくて、俺の筋肉どこいった?とつぶやきました。
あの上に低体温症きたら間違いなく降りられないだろうなぁ~と今思いましたよ。

合羽とザックと登山靴は3種の神器と言われますが、
もうひとつ「おにぎり」も足してほしいです。個人的に…
まあひっくるめて非常食・行動食といえばいいのでしょうけどヽ(´▽`)ノ

先週、剣山~一の森に行きましたよ。行きはよかったのですが、帰りの行場は最高に苦しかった。
せっかく下がってきたのに岩が出てきてどんどんあがらないとだめな場所で
「おぃ!」って独り言を言いながら俺もへたり込みましたよヽ(´▽`)ノ
しかも雪が凍る手前の状態でした。

確かに「なめたらあっかん~」ですねヽ(´▽`)ノぎゃ~

Posted by: アゲ谷 | 2007年12月06日 12:21

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。