全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年10月15日

●雲早山の雲は早いな2



登り口には鳥居があっていかにもな感じです。これをくぐりましょう。
左手には沢があり、水は多めでどんどん流れています。これに沿って登るのでしょうか。
もしそうなら初めてのパターン!なんか嬉しい。
E隊員について行きましょう。

うぉお!(´ロ`ノ)ノ

いきなり道が無い!これは…登って10秒でルート間違いヽ(´▽`)ノ
上の方にわずかに分かる踏み跡が…こりゃ思いやられそう。

赤テープを見逃さないように行きましょう。
登山道には、必ず赤いテープが木に巻かれているんです。ピンクやレッドメタリックのテープもありますが、とにかく目立つ赤系のテープで順路を示してくれている訳です。

道がはっきりしない時はこれを見るしかありません。ひとつ先、二つ先のテープを探しながら行きましょう。

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工




いきなりの急な坂!まさに心臓破りの坂!沢と共に急流&急坂!
最初がこんなにきつい山は始めてです。どこを見ても「これ間違えてないか?」と思わせる。
坂の登りやすい所を勝手に行け!みたいな感じ。

ドキドキ…ドックンドックンドックン

脈が上がります。はっきり言ってえらい。しんどい。もう一言、言わせて貰うならたっすいm9(・∀・)ビシッ!!

気乗りしません。暗いし湿気ているし…山のダークな部分でしょう。
大きな滝でもあるならガンガン行けそうですが、充分な睡眠を取っているにも関わらずもうしんどい
ヽ(T▽T)ノへろへろ~



とにかく最初から道が急すぎ!( ´Α`)


沢を左下に見ながら登ります。すぐに沢と同じ高さになります。小石の上を渡り沢の反対側へ…
沢は二つに分かれて…って書いているとたいした事ありませんが、なかなか凄い地形です。
この沢は鮎喰川の源流のひとつと記されていました。
最初からこんな調子ですから先が思いやられそう。



ドックンドックンドックン…

あ、あかん!休憩のプロである俺ですが間に合わんかったヽ(+▽+)ノもげぇ
心臓が7箇所くらい一度に破れた気がします。こりゃ朝田龍太郎に手術してもらわんとあかん!
いや待てよ!俺の心臓はどっちかと言うと肥大してるわ。ここでバチスタしたほうがええんちゃうんか!
(ゎヵらん人ヽ(´▽`)スマヌ…)




とにかく休憩!休憩のプロらしい休憩をバチッと見せてあげよう。
そうそう、俺は休憩の龍と呼ばれた「休龍」m9(・∀・)ビシッ!!



いくぞっ!全身脱力! ( ´Α`)あふぇ~

(な、なんて見事な休憩なんだ!)

知らない人が見ていたらきっとそう言うでしょう。完璧な休憩!
無駄が無い。隙が無い。金も無い。金は関係無いかァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

休憩は本当に素敵です。こんなにも素晴らしい休憩を味わえるのは登山ならでは!
落ち着いたので行きましょうか。



屋根よりた~か~いやまの~ぼ~り♪

脳内に響き渡るこの歌がリフレイン!気持ちいいねぇ。

「そろそろ行くで?」

E隊員が聞きます。実はまだ休憩中なんです。プロですもの。

「駄目だ!あと5分だっ!」

俺は簡単に動きません。休憩を思う存分堪能しているのです。
一回休んだら、朝日が出るまで休もう!
これが俺の信念なのです。
俺の心の中を開けて見てみなさい…きっと「信念開けましておめでとう」って言われるはずです。
いや、言われんかもねヽ(´▽`)スマヌ
休憩ついでにリアルタイム投稿のチャンスを窺う!そぉれ、ライブ投稿!



あかん。圏外…( ´Α`)あふぇー

昨日の夜以降、何も投稿できていません。こりゃ失敗でした。
文明の利器も大自然の中では、ゴミ以下にまで成り下がる場合があります。
今やこの場所では俺の携帯電話は時計のみの機能しかないのです!
あ、カメラ機能があったわ…ヽ(´▽`)スマヌ



あら!ここは休憩場所か?さすがσ(´▽`)ぉれぉれ
ここに来るまでに休憩している!先取りってやつか!ちがうな。うん違うと思う。
しかしマジで最初から急過ぎ。でもこれから上も見るからに急過ぎ。



ガスが出てきました。
自分たちより上の方は白い闇です。目視50㍍くらいでしょうか。

うぉお!(´ロ`ノ)ノ

人が下りてきている!

みんなもう頂上制覇、そろそろガスるから帰ろうかって感じなのでしょう。
例のアレをやってみましょう。ぁれぁれ(´▽`)σ

「くんぬつぁ~」

ちょっと津軽風に訛ってみました。

「こんにちわ~」




あらあら!で流されましたァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
まだ訛りが足りないようです。

「んだどもぉ~おらたちの村ではそんれは無ン理だべさ」…と話しながら、そして近づいてきた所を「くんぬつぁ~」

次回はこれでいってみましょう。
北からの便り」みたいな「何か」を伝えられるかもしれない。
まあ伝えんでもいいもんでしょうが…ヽ(´▽`)┐ぉしりぺんぺん

そ~らまた登山家が降りてきた!




「んにちは!もうガスで何にも見えんでよぉ~」
いかん先に挨拶言われた(゜Д゜) 

「あ~ほんまですかぁ、雨も降りそうやねぇ」とσ(´Α` )ぉれぉれ

よく喋る外交的な人でした。っていうか、こんな遊びをしている場合じゃないようです。

確かに標高があがるにつれてガスが濃くなっています。もう30㍍くらい先も見えません。
それにしても急な山ですわ。人を交わすたびに必ずどちらかが立ち止まれないといけない。
先に広い場所を見つけて待ってるのが正解でしょう。
荷物同士が当たってどちらかが転んだりすると、どんどん転がって最初の沢に着いてしまうくらい。

せっかくここまで登ったのにそれだけは勘弁してほしい。
どうせなら降りて来る人を下まで転がして差し上げたい。下り時間の短縮をお手伝いしたい。
転げた人は血だらけになるかもしれませんが、俺はまだ登るんです。ええ。
なるべく山側で待ちましょう。



時折、パラパラッと雨が降ります。一瞬だけの雨ですが合羽を着るほどでもありません。
しかし何時連続的に振り出しても不思議ではありません。
こんな急坂の細い道で降り出した日にゃあ、合羽着ながら転げていくかもしれません。
ここでは無理でしょう。なんとかもう少し開けた場所に出ないもんか。




苔生す石だらけの場所があります。まるで緑の石の川!
幅30㍍くらいで、見える場所は上から下まで緑の石だらけ。水分が多いのでしょうね。
でも何故ここだけ?
最初にあった沢は一つは登山道と違う方向へ、もうひとつは何気に消えてしまいましたが、その消えた方と繋がっているのでしょうか。



伏流水であれば、この苔生す石の川の理由がわかります。石の下に見えない水が地中を流れている。
だから湿気て苔が生す!
それ以外なら全然理由が分かりません。
石は地表に置かれたそのまんまで苔生している。
雨が降ればここを水が流れるようにはとても見えません。
なんでここだけこんなになってんの?って感じです。

しかし凄い山ですわ。
見るところがいっぱいあります。
しかしまあ、この雲早山に限らず慣れてくるといろんな違いが目に見えてくるのでしょうね。
こりゃ奥が深いぞ!おそるべし登山!




さて坂が少し緩やかになった気がします。ほとんど真っ白。

あらッE隊員は?

うぉお!(´ロ`ノ)ノ 花摘みか!?



いや違う!トリカブトの根を採取している?や、殺られる…少しずつ晩ご飯に入れるつもりでしょう。
こりゃいかん。花摘みもいけませんが、桁違いにいかんのはトリカブト採取です。いかんすぎ!

((;゚Д゚)ガクガクブルブル

いや、よく見ると綺麗な花に目を惹かれているだけで、トリカブトとは気付いていないかもしれません。
ここ、雲早山はトリカブトの名所なんです。
兜を被った鳥じゃありませんよ。毒を持つというキンポウゲ科の多年草です。



花が咲いている時は見間違うことはないのですが、芽が出る頃の姿はニリンソウ、セリ、ヨモギなどと似ているため、山菜と間違え食べた人に中毒事故が起こるらしいのです。
漢方ではトリカブトの母根を烏頭(うづ)、子根を附子(ぶし)と言い、鎮痛,抗リューマチ,強心作用があると言われています。…って帰ってきてからググッたんですけどね。ヽ(´▽`)スマヌ

そんなトリカブトを密かに持って帰ってるのか…?




経口から摂取後数十分で死亡する即効性があるとも聞きました。少量を食べ物に混ぜて毎日の食卓に並べる話は、よく保険金殺人で使われる手口です。
四谷怪談のお岩さんも飲まされたというあのトリカブトを俺に飲ませるのかぁ!

違うようですヽ(´▽`)スマヌ
写真を撮っているだけでした。しかし恐い。花の蜜を吸ったミツバチでも中毒例があるというくらいですよ。
荒瀬門次の麻酔みたいなもんでしょうか。

ドックン、ドックン、ドックン…



うぉお!(´ロ`ノ)ノまたもや心臓に負担が…
いっその事、トリカブトの根を煎じてもらおうと思いましたが、強心作用までの分量と製造方法、用法がわからん。

ドックン、ドックン、ドックン…

ガスはどんどん激しくなってきます。
上半身裸になって白いガスにまかれながら休憩のイメージを浮かべます。
目を閉じて全神経を指先に集中し、休憩に直接触れているイメージ!

俺は休憩のプロだ…人が5分しか休まないところを20分休み、人が休めない場所でも休める!
しかもイビキが異常にデカイらしい…そんな俺を「休龍」と呼んでくれぃm9(・∀・)ビシッ!!

「そう言えば君はすだちが好きだったねぇ…」などと野口教授に言われないよう完璧な休憩をイメージして、休憩場所の特定に入る…そして、その前に白闇に紛れつつ…

雉を撃つ! ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
だってトイレ無いんですもの。ヽ(´▽`)スマヌ


「さて行くか…」

トリカブトを持っていないのを確認してE隊員に声を掛けます。

あ!(  Д ) ゚ ゚



いつぞや写真で見た「BSパラボラアンテナ」流用の案内板です!
ここが分岐点ε=\_○ノイヤッホーゥ!

左へ行けば高丸山!右は雲早山頂上!
頂上へは15分ヽ(´▽`)ノモ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
こりゃ着いたも同然!

因みに高丸山への縦走は4時間以上かかるそうです。
そりゃそうだわ。神山町から上勝町へ歩くのですもの。
これはハードでしょうね。もちろん俺たちは15分で頂上の雲早山へ行きますよ。



うぉお!(´ロ`ノ)ノ

           雨キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!




俺の仕事が始まります!とうとう雨男の季節!
しかしこれはここら辺の地理的な性質なのでしょう。

南風が吹けば直ぐ雨になる…

県内有数の豪雨地帯なのです。俺が来なくても雨ですよ。きっと。ねえ。
って事は南風吹いていたのでしょうか。わからんかった!

さ~ていよいよ雲早山のスーパーな部分がやってきましたよ!本領発揮!
合羽着ましょう。これは着なくちゃしゃ~ない。



俺ももちろん着ます。山中で雨にたたられるのは慣れています。夏でもずぶ濡れになると意気消沈してしまいますよ。何より恐いのは体温が下がって動けなくなることです。
万端の準備!これです。俺はジョイン(徳島市 末広 2丁目 1-119 Phone : 088-625-5593・Fax : 088-625-5513 )で買ったレインスパッツを持ってきましたよ。
これがあるのと無いのでは大違い。



いわゆる版画や図画工作するときに腕につける腕カバーの足版みたいなものなのですが、これが実に効果覿面!
靴は濡れないわ、足に水は入ってこないわ、ズボンの裾は汚れない、いいことずくめ!
登山家はスパッとコレつけなくちゃだめm9(・∀・)ビシッ!!


ようし!行こう!もうすぐそこが頂上!登ったも同然でしょう。




普段なら絶景が見える尾根筋。今日はガスって何も見えない。でもそれでも楽しい。
こんな日にはこんな日の楽しみ方があるんです。おそらく。
次回はきっと晴れましょう。そうでも思わんとやってられんヽ(´▽`)ノ



なんと前半部とは逆でここらへんは凄く穏やか。
なんなく登れます。しかし風が強い。物凄く強い。
雲がどんどん流れていく。これぞこの山の名前の由来なんでしょう。

どんな山にも風の通り道があります。ここはまさにそれ。風と共に雲が通ります。寒い!



雲早山の雲は早いな
もうコレしか言いようが無い…




ふと気が付けば黄色い杭が打ってあるじゃないですか!
ぬわ~んと何時の間にやら木沢村になっている。どうやら頂上は木沢村にあるらしいのです。
整備の遅れで表示は木沢村ですが、現在では那賀町木沢です。
神山から歩いて登って木沢へ来た訳だ。国道でいけば何時間もかかる道のりですが、山から行けばこんな風に行けるのですね。



すこし角度が上がりましたよ。なにやらもう頂上の雰囲気!何も上に見えるものが無くなって参りました。
俺もそろそろ参りました!もう休憩したい。もう勘弁してあげますから勘弁してください。
勘弁合戦です。




開けた!開けてきた!
うぉお!(´ロ`ノ)ノうぉお!(´ロ`ノ)ノうぉお!(´ロ`ノ)ノ

頂上です!

頂上キタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

小さな建物と360°の展望!1495.9㍍到着!
雲で何も見えないけど、見えないだけに自分が高い場所に居るのが想像できます。




なんとお店があるじゃないですか。こんな狭い頂上なのに、日本酒売っているお店があります。
何も無いと聞きましたよ。
無人販売ですね。なぜならお釣やお代がそのまま放り投げてありますもの。
しかし小さいお店ですわ。マジで日本酒1本しか無い…これぞまさに頂上現象でしょうかヽ(´▽`)スマヌ



冗談はやめておきましょう。
さあ、もう見るものが無いのであとは食うだけm9(・∀・)ビシッ!!
頂上ラーメンの実践です。思い起こせば高丸山以来でしょうか、頂上にて美味いインスタントラーメンをタント食べるというこの企画。汗をかいたあとは味噌ラーメンが死ぬほど美味い。
これは山に登るからには続けたい企画です。本当に美味いんです。

雨は小雨です。もう霧に近い感じ。毛みたいな雨。
投げ出した荷物が勝手に湿っていく感じ。



例の名水を出します。ちょっと飲んでみる…美味い!のか?俺にはゎヵらんが不味くは無いぞ。

ナベにまけまけ一杯入れて沸かします。

もし県外の人が読んでくれているなら、この「まけまけ一杯」が通じないかも知れないことに気付いたので説明しておきましょう。
溢れるほど一杯入れるって事です。覚えておいてください。おそらくアンジェラ・アキも使っているでしょう。
そのうち、「まけまけ一杯」が標準語になる日が来るかもしれません。あるいは来ないかもしれません。



E隊員はお湯を沸かしながら眠っているように見えたので、

「寝たら死ぬぞぉ!( ´O)η 」

…と起こしてあげました。

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

気が付くとコーヒーを飲むためのカップが無い。そういやぁ車の中にあったわ。食器は俺の担当じゃないので

「ちゃっちゃ~と降りて取ってきてくれぃ!」って言ってあげました。

「嫌!」と即返が帰ってきました。

いろいろと工夫しながら飲んだり食ったりしましたよ。何にしろ美味い。山の上のラーメンは最高。
これだけはみなさんに伝えたいのです。

何にも見えない頂上で記念写真を撮りましょう。



景色は見えないけど最高でした。道中見るべきところが多いのです。雲早山

帰りも一苦労でした。とにかく急。
E隊員なんか5回くらいシリモチついてました。こんどは踏み外せば転げていく立場です。
勝手に踏み外して、滑って行く。誰がE隊員を止められましょうか。
自分の意思で滑るんですもの。ねえ。
猪突猛進な彼女は獅子座です。

結局、ガスに巻かれ雨に降られ、頂上からの景色は見えず終いでしたが雲早山はお勧め!
いつかは高丸山まで縦走したいと思いつつ下山した俺たちでした。

因みにキャンプ地から見えた神山の町は下分でした。
学校の形、町の具合からして間違いないでしょう。


しかし、雲早山の雲はホンマ早いな(゜Д゜) 




■ジョインで買ったモンベルの帽子は光るんです。



■この画像がそそる人は山へ行こう!


ブログパーツ

スレッドテーマ:アウトドア:趣味・実用

メインページへ 

コメント

●■コメント一括化しましたヽ(´▽`)スマヌ


アゲ谷さん、こんにちは。

霧でも雨でも、目指す山頂!
凄いですね~、信念を感じます。
雲の動画見ると、ホンマに早い!
フツーの人が、下山しちゃうのが分かりますね。

Posted by: かよ | 2007年10月18日 12:28

■かよさんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

登山で雨なんて普通みたいです。
山の雨は地上よりはるかに多く、そのため雨装備が毎回必需品らしいのです。
俺もだんだんと慣れてきましたが大雨は(ノ∀`)アチャーですね。
持っていないと最悪、死に至る!
なら行かなければ良い!ぬわ~んて訳にはいかないのですねヽ(´▽`)ノ
雨でも行きたい!これぞ探検隊!

さあ登山にいきませんか!山に触れてみませんか!
ε=\_○ノイヤッホーゥ!な経験ですよ。ええ。


Posted by: アゲ谷 | 2007年10月19日 11:06

お疲れさまです。
むか~し登った時、沢を渡った後、巻き道に入る手前の岩の辺りで、お腹空いたので座ってカロリーメイト食べて立ち上がった瞬間貧血!
その後無理して登ったけど、2時間近く掛かった・・・。あの巻き道休める場所ないすもんねぇ。急だし細いし。
あたしゃ10m毎に木に抱きついて何度も休憩しました。天気は良かったけど貧血のせいで眼の前が白くなったり黒くなったりで、殆ど見えなかった!
頭痛いし吐き気はするしで・・・アホでした。今は反省してます。

けど登山口に鳥居もなかったし、尾根にこんなおもろかしい標識もなかったなぁ。木の標識はあったけど。
登山愛好家がぐわぁ~んと増えましたもんね。そのせいかな。高丸山でも山頂の裏登山道入り口が刈り上げられてたし(昔は藪でした)。

悪天候での登山クリアですね。文字通り一歩一歩登山や・・いや登山家への道を登ってますね!最近体調激悪なんですが、鍛え直して登山オフ会に備えたいと思います。

Posted by: 毛面 | 2007年10月19日 18:50

今回は動画つきカクカク?はしませんが、臨場感があってよろし。
雲早山の登山道って、道らしからぬ道なんですね・・・というか観光登山でなかったらこんなんでしょう。
今回のベストショット!E隊員の頭に後光が・・思わず拝みました、モンベルの光る帽子です。どうやって光るのか知りたい!
どうやらアウトドア派はモンベル化するらしい。
もう名前までモンベル・アゲ谷なんていうんじゃないか?(嫌?)



Posted by: あってん☆迷い人 | 2007年10月20日 07:31

☆雲早山登山達成!おめでとうございます!☆
それと、お疲れさまでした。

徳島にもホントいろんな山々がありますが、私自身の足では踏み入れてない山々ばかりで、なんだかとても新鮮ですよ♪
車が走れちゃうような林道とかある山々は、たま~に入山したりしますげと、やっぱり自分の足、『自力』となると、なかなか腰が重いというか、勢いが無いというか・・・
体力つけなくっちゃ!
車で一瞬に走りすぎてしまうのと、自分の足で歩くとのでは大きな違いがありますよね。

雲早山はもうそろそろ冬の気配がありませんでしたか?山の冬の便りは早いみたいですね。
今現在、県内でも紅葉してる所があるみたいで、確かに車窓から見える山々の木々も色付きはじめている所がチラホラありますね。
あっ!そうそう、祖谷方面なんかだと朝晩思いっきり寒そうですね。山間部はホント冬の訪れなんかは早いのでしょうね。

とにかく、いつもいつも探検ホントご苦労様です。っていうか、楽しい記事を毎度ありがとうございます♪読んでていつもワクワクやら笑っちゃうやらで、隊長は私の『心のビタミン剤』ですね。

いつも「今度はどこに探検に行くのかな?」って楽しみにしていますよ。
でも、危険な場所(崖とか)は避けておいてくださいね。万が一の事があっては大変ですからね。


山には色んな植物がありますが、中には危険なものがありますので気をつけてくださいね。
と、いう事で、
カロゴンの伝説シリーズ
【あづり峠のワンダーキノコ~博士の誤算】
をお送りします。

これは古いお話しなんですが、徳島のある場所に『あづり峠』(あづり越)という標高の比較的低い峠があるのですか、その山に知り合いの方と野鳥観察に行った時のお話しです。

※ 知り合いの方=以後K氏とさせていただきます。

K氏がいうには「林の中に無数の木箱が有って野鳥が沢山いる」というのです。
車を止めて5分ほど茨(いばら)の道を歩いたでしょうか?その木箱にたどり着いたのですが、中には野鳥など一匹もいなくて残念な結果だったのですが、「気分転換に山歩きしましょう」ということになって少しばかり歩いた所で、林の中に『キノコ』を発見したのです!

私はキノコの事なんて詳しくないし、全く無知なので普段は見向きもしなかったのですが、K氏が言うには、
「○○○という食用キノコですよコレ!」
なんて自信満々に言うのです。焼くと美味しいそうで・・・

さっそくキノコをK氏の家に持ち帰り、彼の奥さんが調理をしてくださいました。
隊長~ぉ!私、ホントは食べたくはなかったんですよ!怪しいし・・・
それでもK氏夫妻との関係を壊したくなかったので、仕方なく食べましたよ~ぉ"(ノ_・、)"ぐすん。

味は、なんか生シイタケっぽい味でしたね。ポン酢かけてたべました。
でも不思議とコレがご飯とあってたんですよ。

不安感を抱いたまま食後の団欒をしていたら、K氏の奥さんが少し笑いはじめたのです!
とにかく笑ってるんですが、なんだか呼吸が辛そう!

「中毒違うんか!?」

そういう疑惑が私の中に芽生えはじめました。サスペンスですね。

でも、そうは疑って思っててもK氏夫妻にはそれは言えないのです。なにしろご夫妻との人間関係が優先ですから"(ノ_・、)"ぐすん。

そうしていると私も、自分の両の頬が見えない何かに吊り上げられているような感覚に襲われました!

「ホンマに!ホンマに!これ中毒ちゃうんか!?」

そ~思うというか、確信したというか、でも言えないし・・・
とにかく辛かったですわ~。

テーブルの向こう側のK氏を見ていると、爪楊枝を使っている人がするような顔つきしているんですよ!少し笑っているような?引きつってるような?

その頃、奥さんはトイレに何度も通いはじめていましたね。
間違いないでしょう隊長ぉ!

「中毒でしょ!コレ!」( ̄□ ̄;)

もの凄~く言いたい一言なんですが、言えないんです。


食後30分は過ぎたでしょうか?
私、涙が出てしまうほど何だか楽しくなってきました!
自分でも何が楽しいのかは分かりません。
『ペテンのキノコ博士』に騙され中毒している自分が惨めで笑えるのか?
それとも目の前で私と同じように涙を流しながら笑っているK氏(博士)の姿が面白いのか?
とにかく笑っちゃうんですよ?自分に何かが憑依したかのように笑えるんですね。

奥さんなんかトイレの往復に疲れちゃったのか?ソファーでぐったり、そしてまたトイレへ駆け込んでという行動を繰り返していました。


笑って、笑って、そして腹痛!( ̄ ̄□ ̄ ̄;)!なに~!

ついに私にもK氏にも腹痛症状が現れたのです!
さあさあ!三人でトイレ争奪戦の勃発です!

「シュゴ~ン!ゴブィ~ン!コポコポ!」
な~んていう異音をお腹の奥から発しながら、トイレを何度往復した事か!?
冷や汗出るほどお腹痛いのに、でも三人とも緊張感のないような感じで涙出して笑ってるんです!

そしてなぜか争奪戦の途中、もの凄い睡魔に襲われてきたんです!
お腹もの凄~く痛いのにとにかく眠いんです!
判断力に衰えていく自分を今でも何となく覚えています!

争奪戦の権利がK氏の番になってた時、トイレの中から彼が奥さんに救助を求める声がしました!

「おい!紙切れたぞ!」

そ、そんなぁ~!(°O° ;)
次は私の権利なのに紙を切らしてしまった博士。いやK氏。
紙の無いトイレに入れません!困りました!

そんな中、奥さんが急遽とった行動は何か?驚きと痛みと睡魔の三重苦に戦う私にはそれが何かすぐわかりましたよ!K氏の一言で・・・

「オマエこれっ!クッキングペーパーでないか!」

そうなんです隊長ぉ!
「トイレットペーパーを切らしたので、クッキングペーパーでお尻を拭け!」
というK氏の奥さんの考えが分かったっときは、私、また再び涙です!

トイレ争奪戦の激戦化したK氏の家は、夜遅くまで賑やかな笑いあり、涙あり、腹痛あり、睡魔ありのワンダーランドと化していました。


でもね、隊長ぉ!
私、最後の最後まで言いませんでしたよ!

「これ中毒症状ですよね!」

この一言!


隊長!
野山の植物はホント要注意ですよ!
やたら滅多に口には入れないようにしてくださいよ!
そうしないと隊長のお宅もワンダーランド化しちゃいますよ!

『アゲ谷隊長』
この響きが似合います!

『アゲ谷博士』
そう呼ばれないようにしてください!


最後に、
雲早山登山、ホントにホントにお疲れさまでした。
今回も楽しく拝見させていただきました。ありがとうございました。
また次回の探検を楽しみにしていますね!隊長♪

Posted by: カロゴン | 2007年10月20日 09:34

みなさんコメ返まってくれぃ(゜Д゜) 
腰痛ですわれんσ(´▽`)ぉれぉれ
明日には書きますヽ(´▽`)スマヌ

Posted by: アゲ谷 | 2007年10月21日 22:42

登山にはカッパがいる!ってことが切実に分かりますね~><
すごい風とガス…^^;
登山は晴れた日に、な~んてちょっとした遠足気分を覆していただきましたわ。
まずカッパを買わないと山には登れない!(; ̄ー ̄川 アセアセ
登山の前にモンベルでお買い物ですかね~?
冬用シュラフも必要かも…c(゜^ ゜ ;)ウーン

Posted by: いと | 2007年10月22日 20:16

■毛面さんコメントありが㌧でございます。

山行でお返事おくれますたヽ(´▽`)ノすみません!
貧血はいけませんね。尾根の両側切り立ったような場所だと動けませんよね。
立ちくらみでも恐いと思う場所なんてザラにありますよね。山って…
こわ~い!

あの巻き道は本当に坂のみで笑ってしまいます。
休憩しようにも猿みたいに木に捕まって休憩!
滑ったら最後まで滑る!しかし山って同じものが無いのが不思議ですね。
それぞれに性格がある。まあそれが面白いのでしょうけどε=\_○ノイヤッホーゥ!
パラボラアンテナの付近にも倒れそうな鳥居があると聞いたのですが、
この日は見つけられませんでした。もう崩れたのかもしれませんが…
やはり徐々に整備されているんでしょうね。
まあ楽に安全に登れるに越したことはありませんが…

登山オフぜひ行きましょうヽ(´▽`)ノ
探検隊で山好きなのはほとんど女性ばかりです。
男では俺とヒコちゃんくらいでしょうか。
ワイワイきゃあきゃあ言いながら登りつめましょうε=\_○ノイヤッホーゥ!

■あってん☆迷い人さんコメントありが㌧でございます。

もう少し綺麗に大きいサイズで動画撮れるのがあればなんて思いましたが
なれないコンデジはイマイチでした。
例の水坊ちゃんは誤動作するようになってしまいましたァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
レンズの大きいデジカメが欲しいヽ(´▽`)ノ
オプティオ用40M対応の水中ケースをオクで買いましたが使う間が無く秋がヽ(´▽`)ノ

ここ雲早山は特にハードに感じました。でも本当に一番体に悪かったのは逆さ五滝でしたよ。
あれよりえらいのはまだありませんね。まあ体調によるんでしょうけどねヽ(´▽`)ノ

俺は大体、シマムラかモンベルですわ。(ノ∀`)アチャー
危険な転びそうな場所に行く時は捨ててもよいようなシマムラです。
登山はあるていどのもの着ていないと自分にツケが周ってきます。
乾かない、汗吸わない、重い分厚い!これは体に毒ですね。

しかもすれ違う爺さん婆さんでもずっと機能的な高額ウェアを着込んでるしヽ(´▽`)ノぎゃ~
俺も金があればノースフェイス化したいのですが、どう見ても価格がモンベルの1.6倍に感じます。
未来ノースフェイス・アゲ谷って呼んで欲しいヽ(´▽`)ノ


■カロゴンさんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

おかげさまで雲早山行けました!でも天気はいけてませんでした。
まあそのうち何回か登ろうとおもってますよ。ええ。
いろんな山があるのにどれ一つ同じ山が無いのですよ。これが凄い!
当たり前なんでしょうけどねヽ(´▽`)スマヌ
どれも個性がありどこの山へ降ろされてもすぐ分かる様になっている筈です。ツウにはきっと!
俺も今までの4つなら一発でわかりますよ。重ねがさねスマン!

体力付けに山へ行きましょう!ぜったい面白い!癖になりますよ。
遭難しない限り面白い!でも、些細な遭難はいつも経験しています。
回数重ねないと山用の勘みたいなのが発達しませんね。
最近、次郎笈に行きたい病が発生してしまいました。

昨日の塔ノ丸は秋の気配ばっちりでした。もう冬の気配といってもいいかもです。
でも日中はとても暑い!んがっ、夕方は死ぬほど寒い!夜は死にますね。
ススキも枯れ落ちかけています。
紅葉はあるんでしょうか。いつぞやみたいにいきなり冬がきたりしてヽ(´▽`)ノ

きのこは恐いなε=\_○ノイヤッホーゥ!
それは笑い成分が入っていたのでしょうね。きっと。ワライタケ系は恐いなぁ!
笑いながら下したりするのって嫌ですね。下すくらいで済んだらいいけど入院はいやですよ。
トリカブト以外にもハシリドコロなんかも恐そう!
幻聴、幻想なんかの症状が出てきたらそのまま山から飛び降りそうですヽ(+▽+)ノもげぇ

食いたくないキノコを食わされるのはいい迷惑でしょうなぁ…人間関係とキノコ!
想像するだけでも恐い!

しかしクッキングペーパーはワラタε=\_○ノイヤッホーゥ!
もう、涙がとまらんかったですわ。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

ご注意ありがたく承りますヽ(´▽`)ノしかしトレイがいくつかあるならその状況に陥りたい!
しかも少し羨ましく感じます!笑いたい!キノコで笑いたい!ヽ(´▽`)ノ

吐くしヽ(´▽`)ノ

さて「塔ノ丸」の偽頂上に何回も騙されましたヽ(´▽`)ノ
また読んでくださいね。頑張りますよε=\_○ノイヤッホーゥ!


■いとさんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

そうなんですよ。
要るか要らんか分からん時でも持っていなくちゃいけないのがつらいところですね。
でも持ってたら持ってたで嬉しいですよ。
雨・晴れ・雪と3回分経験したいと思うσ(´▽`)ぉれぉれです。

しかし探検と登山は紙一重です。
頂上目指すか、マイナス頂上目指すかみたいな感じでしょうか。
違いましょうねヽ(´▽`)ノ
目的地がはっきりしているかどうかの違いでしょうか。いやこれも違いましょうね。
でもマジでかなり近いものでしょう。マイナーかメジャーかみたいなこの感じかな。

とにかく全ての装備はどのジャンルでも使う必需品です。共用が出来ましょう。
合羽はピンからキリまでありますが、雨さえしのげれば死にはしませんm9(・∀・)ビシッ!!

アウトドア自体、家を捨てよう!みたいな感じですからね。
さあ、家出だ!ヽ(´▽`)ノぅぁ~



Posted by: アゲ谷 | 2007年10月23日 00:22

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。