全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月02日

●吉野川下流どうでしょう



我が徳島秘密探検隊がくぐった橋は現在の所、
上勝町・日浦橋(勝浦川)
阿南市・持井橋(那賀川)
阿南市・那賀川大橋(那賀川)
阿南市・JR那賀川鉄橋(那賀川)

以上の4本ですが、何と今回は四国三郎と呼ばれる吉野川に挑戦したのです。
吉野川にはかなりの橋があるでしょう。
俺が思いつくだけで吉野川大橋、吉野川橋と、どう数えたって2本はありますよ。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、スマヌ

さて、本日(6月21日)は吉野川第十堰より下流とポイントを絞って行きたい。
建設中の東環状大橋(仮称)まで出来るなら行きたいm9(・∀・)ビシッ!!
そうすると片道約14㌔という長丁場になりましょう。
っていうか往復すれば28㌔!下るだけならまだしも帰ってこられるのか??
深く考えずに中途半端な気持ちで望みましょう。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、



Jさんと約束した場所に向かいます。ヒコ隊員は先日、キャリアを装着したので、ジョイン・トミナガ号を載せてもらってます。
俺の方は、青いイナズマ黄色いたまごぼ~ろの2艇。合計3艇、3人で吉野川を下るという訳です。

吉野川程の水量と水深があればカヌー&カヤックなら何でも大丈夫でしょう。あとちろりあんが余っていましたが、運べる車がもう無いということで3艇のみとなりました。

さい隊員ぷっちん隊員が昼間暇らしいので、ぜひ誘ってあげたかったですが運べないのでどうしようもありませんヽ(´▽`)スマヌ
しかし、幸せなのは交替制じゃないこと。これで思う存分漕げましょう。いやと言うほど漕げましょう。

現在の所、カヌーオフは2種類あります。

①カヌーを体験していただくカヌーオフ----------------

これは初めて乗る方がいる時、参加人数が多い時です。
艇の絶対数が少ない徳島秘密探検隊ですが種類は多いのです。
シーカヤック、カナディアンカヌー、リバーカヤックの3種を体験してみるというオフです。
交代制になるのでカヌーの真髄は極められませんが、お手軽で案外楽しい「水遊び寄り」の企画です。
(現時点ではいと隊員参加時にはいとさんのファン・カヤックも試乗できるでしょう)
しかし、とっかえひっかえ乗ってみると、「私もカヌー買おうっ!」となる諸刃の剣なのです。



■神山町カヌーオフ

②カヌー・ツーリングオフ---------------------------

目的地を決め、カヌーに乗ってそこへ行くm9(・∀・)ビシッ!!というオフです。
すこし探検よりの企画でしょうか。当然、交替はありませんのでカヌー本来の楽しさを極められるでしょう。
長時間のツーリングにはお弁当や、調理器具等の荷物を積んで行きます。
艇の数に限りがありますので、現在は海なら2名のみ、大きな川なら3~4名って感じでしょうか。



■えびす洞攻撃オフ

現状ではこの二つのオフを使い分けております。
そのうちカヌー数が増えれば大人数の無人島ツーリング、技術も上がれば上流でのリバー・ツーリングや曲乗りオフとかが開催されるかもしれません。



さて、現地ではJさんが首を長くして待っていました。正直遅れて_| ̄|●<スマンカッタ
朝から何も食べていなかったσ(´▽`)ぉれたち
昨日、お誕生日のお祝いに部長隊員から頂いた、ミスタードーナツを持ってきました。
最近、とても甘党なσ(´▽`)ぉれぉれ、美味しく頂きましたよ。
部長隊員、どうもありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

お腹一杯になった俺たちは、やっと準備にかかります。



■部長隊員このご恩は3日は…
今回の目的地は「第十堰~吉野川大橋(あわよくば現在建設中の東環状大橋(仮称)の下まで)

★午後12時過ぎ:スタート



スタート地点
■スタート地点

すぐそこに吉野川第十堰が見える良い場所です。去年の9月に「吉野川まるあそび」が行われた所です。ここは藍住町の祖母ヶ島という場所ですが、第十堰は北岸は板野郡上板町、南岸は名西郡石井町藍というややこしい隣接地域です。
小さな支流が流れ込んでいますので、そこからスタート!

向かい風ですが、「わいわいガヤガヤ」言いながら漕ぎ出します。「ガイガイわやわや」ではあきませんよぉ。

楽しいε=\_○ノイヤッホーゥ!

やはり目的地を持ったツーリングこそカヌー本来の楽しみ方でしょう。


ジョイン・トミナガ号に乗るJohnnyちゃん

未だかって、一度もくるくるせずにジョイン・トミナガ号に乗る事が出来るのはJさんだけしかいません。基本が出来ているのでしょう。
…という訳でリバーの鬼、波乗りJさんがこの艇に決定。

俺はもちろんマイカヌーの青いイナズマに乗ります。もう最近では青ズマとか呼ばれていたりもします。
ヒコちゃんは黄色いたまごぼ~ろ


■ヒコちゃんの乗る黄色いたまごぼ~ろ

この二つは同型のモデルなので非常に状況判断がしやすいのです。
「ヒコちゃんが沈したなら俺も沈する」とか、「ヒコちゃんが波を被っているので、俺は避けてこちらから行こう」とか、いわゆる試金石状態なのです。

「ほなおまえ、佐々木が死ね言うたら死ぬんかっ!(#゚Д゚)」

ぬわ~んて、昔は先生によく怒られましたが、ちょうどあんな感じでしょうか…違うねヽ(´▽`)スマヌ


★午後12時35分;名田橋の手前

大コーナー

やっと名田橋が見えました。なぜか漕いでいるのにあんまり進みません。
まあ俺達も楽しさのあまり、行きたい所、見たい所へとジグザクに漕いだりしているわけなのですが、何故か艇が重たい。
確かに弁当や水1㍑、コーヒー、クリープ、タープの布部分等を積んでいる訳ですが、それらが水面上を滑っている艇にたいした影響を与えているとは思えません。



なっ、なぜなのかっ!m9(・∀・)ビシッ!!

と聞かれたら

0(・o・)mバシッ!!と答えて差し上げたいのですが、これまたよくゎヵらん。

おそらく、推定ですが海のほうから水が流れ込んできている。満ち込み状態で俺達は流れに向かっている…としか思えません。
風も強い場所はありますが、ずっと強いままではなく吹いたり止んだり。

広い大きな川では、自艇が進んでいるように感じられません。これも心理的な要因でしょうか。
とにかく俺達は遅い!ヽ(+▽+)ノ
いつもはもっと早いはずです。おそるべし大自然!さすが四国三郎!


■名田橋は見えるがなかなか近づかないのです。

一郎と二郎はどこの川なんでしょう。調べてみますとどうやら日本三大暴れ川のひとつで、利根川(坂東太郎)、筑後川(筑紫次郎)、吉野川(四国三郎) と呼ばれているようです。
四国一郎とかは居ないみたいですよ。

なるほど!日本三大探偵、明智小五郎、金田一耕助、神津恭介みたいなもんか…
ふ━━( ´_ゝ`)━━ん

幹川流路延長は194km、流域面積は3,750km²。凄いわ。こりゃ凄い!かなりのモンだろうな。
しかし先ほどから、浅いのが気になる。深そうな所があまり無いのです。思ってたよりはずっと浅い川のなのです。中流域の河口寄りなんてこんなもんなのでしょうか。



水源の標高 1897m、水源は愛媛県の瓶ヶ森!

うぉぉ!! ( Д ) ..._。..._。

あの瓶が森が水源だとは…あの夏、俺たちを「死ぬほど苦しめた瓶が森!」これは何たる縁!

そういや朧げな記憶を辿ると、そんな風な表記がありましたね。何か看板が出ていたような気がしてきたぞぉ。
そんな事はまあいいかヽ(´▽`)ノ今はココを乗り切る事が大事なんです。ねえ。


★午後13時20分:名田橋到着

>

相変わらず全然進まない俺たちです。いつもどおり漕いでいるのに…
名田橋が見え初めてからもかなり漕いでいます。
漕いで漕いでこいでもかぁ~ってくらい漕いでいるのに…

スタートから1時間以上かかってようやく到着。
橋の下からシリーズ」通算⑤本目の橋です。

藍住町・名田橋(吉野川)


■ヒコちゃんと名田橋


■名田橋下から…

軽くする為に穴が開いてました。コンクリート橋ですから地味ですねヽ(´▽`)スマヌ


★午後13時30分

潮干狩りの砂浜
■名田橋下の潮干狩りポイントに到着

名田橋手前でヒコさんいとさんから電話があり、
「仕事が早く終わったから見に行く」との事らしいのです。

どこかで合流しましょう。ついでにお昼ごはんもいただきましょう。これ以上積んでると腐ってしまいます。
名田橋を少し過ぎた所にある、潮干狩りできる砂浜へと向かいます。
しかし今日は暑い。

川といえども、これ位の幅があると海と変わりません。波が立つ場所はガンガン白波が立っています。
同じ川の中でもいくつもの流れがあるんでしょう。
ラダーは必要ないと思っていた俺ですが、この際出しましょう。出すとかなり楽。
出さないと右漕ぎが多めになって肩が凝ります。これではいかん!

「みんな、年寄りは労われよ(#゚Д゚)」

って昔、先生によく言われましたが…ちょうどあんな感じでしょうか…これも違うねヽ(´▽`)スマヌ

手前の砂浜に上陸!ここら辺は風が強いので一苦労です。



ヒコさんが電話にていとさんとの合流場所を定めています。この浜までは歩いてこられないようです。
「よっしゃもうイッチョ向こうの浜へいくでぇ~」

★午後13時55分:いとさん発見

ε=\_○ノイヤッホーゥ!いとさんがいる!浅い浜の奥の方です。
そこへ行くのがなかなかで、とにかく進めません。浅すぎる!引っ張ったほうが早いヽ(´▽`)ノぎゃ~
強い風と白い波が立っています。こっちに上陸するだけで20分くらいかかってますよ。



「あ~あなたがいとさんですか?」

…と職務質問みたいに聞いてみるとそうでした。ってか、この間あったばかりですわヽ(´▽`)スマヌ
いとさんは「潮干狩りたい」ようで、潮干狩りグッズを持っていたのです。

さて一緒にご飯を食べましょう。
ふと気付くといとさんがあまり笑っていない…

(#゚Д゚)はっ!きっとカヌりたいんだっ!

俺は瞬間的に気付きましたね。なぜならば彼女は大のカヌー好きです。
おそらく徳島秘密探検隊では1、2を争うくらいのカヌー好き!
こりゃ、替わってあげなきゃいかんなぁ…と思いつつヒコちゃんの方を見ると「何も気付かぬフリ」をしているように見えました。そうでないかも知れませんが、これはいかんともし難い気配です。

お昼ごはんを食べて何気なくそ~っと出航です。



「さいなら~またね~ヽ(´▽`)ノ」
       次回の休憩時にコーヒーをご馳走しましょうm9(・∀・)ビシッ!!」


と関係ない事言って逃げます。

「男だったら逃げたらあかんぞぉ(#゚Д゚)」

って昔、先生によく言われましたが…今回は逃げましょうヽ(´▽`)スマヌ


★午後14時48分:四国三郎橋

四国三郎橋は名田橋付近からも見えているのですが、これまた遠そうな感じです。
先程より風が少し激しいのです。波も大きくうねりも感じます。ここまで来ると何も海と変わりません。
大河にはシーカヤック!こ、これだよ母さん!

そういえば、今日参加できなかったさい隊員はこの近くに住んでいると聞いたぞぉ…
こりゃ、暇なら呼び出して俺たちの勇姿を撮影して頂きたい!と思い電話してみたのです。

なんと、今なら暇と言うことで来てくれるらしいε=\_○ノイヤッホーゥ!



四国三郎橋まではまだまだ遠い!さい隊員が来るまで時間は充分あります。
しかし進まない俺たちのカヌー!どうなっているのでしょう。
漕いでもかぁ~って何度も漕いでるのです。


■四国三郎橋の橋桁はワイヤーが対照になってて綺麗です。

海なんかでも早く進む時と遅く感じる時があります。やはり大自然には勝てません。
「時の流れに身をまかせ…」と言ったのはテレサ・テンですが、「時の過ぎ行くままに…」と言ったのは沢田研二です。ええ。
それがどうした?と言われれば何も返す言葉もありませんが…

四国三郎橋は全長910.5m・幅員14mで斜張橋及び桁橋により構成されています。応神町と不動町を結んでいるのです。吉野川橋及び名田橋の渋滞を緩和する目的で徳島県が建設したらしく総事業費は約156億円m9(・∀・)ビシッ!!明石海峡大橋開通の10日前である1998年3月26日に開通しましたよ。

ちょっとWikiってみました。

うぉお!(´ロ`ノ)ノ

ふと気付くと何かいるぞ!



なんだ?鳥か?馬か?河馬か?…

さいだ!



さい隊員です。わざわざ俺たちの勇姿を激撮するために来てくれたのです。なんていい奴なんでしょう。
新隊員のくせに思いやりがあります。この日、彼は名誉隊員となりました。
しかしその時の画像は本日8月1日現在貰っていません。写ってなかったのでしょうか。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

こりゃしゃ~ない、コーヒーをご馳走してあげましょう。JR鉄橋の向こうの浜で落ち合う事にしました。

さて「橋の下からシリーズ」通算⑥本目の橋です。

徳島市・四国三郎橋(吉野川)





さい隊員発見!


★午後15時24分:四国三郎大橋到着

約束どおりいとさんさい隊員にコーヒーをご馳走してあげないといけません。ご馳走と言ってもインスタントコーヒーですけどねヽ(´▽`)ノ

>


一番近い浜はJR鉄橋(高徳線吉野川橋梁)の下です。これを越えないと上陸できません。
やはり浜が一番上陸しやすいのです。思い切り漕いで突き刺さればいいのですからね。
階段状の場所はたくさんあるのですけど、上陸失敗すると「降り沈」する可能性があります。
今泳ぐのはまだ早いでしょう。想像つくことは大体の事をやってしまう俺たちです(ノ∀`)アチャー




★午後15時34分:JR高徳線吉野川橋梁到着

さて「橋の下からシリーズ」本日3本目、通算⑦本目の橋です。



JR高徳線吉野川橋梁(吉野川)



★午後15時37分:さい隊員と合流




本日2回目の上陸です。砂浜にご~んと乗り上げましょう。
休憩の為にカヤックの荷物入れにいろいろ入れてきました。

うぉお!(´ロ`ノ)ノさい隊員はもういました。いちいち驚かなくてもいいかヽ(´▽`)スマヌ

応神町の休憩地点

せっかく来てくれたさい隊員の為にコーヒーを沸かしてあげましょう。



うぉお!(´ロ`ノ)ノいと隊員も来ました。これまたいちいち驚かなくてもいいかヽ(´▽`)スマヌ



カヤックのハッチを開けて必要なものを取り出しましょう。案外たくさん入るのですよ。
反対に向くなら、さい隊員いと隊員も入るはずです。多分。



ミニバーナーやヤカンを取り出してコーヒータイムです。外で飲むコーヒーは美味い!
いや、おそらくね。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
がんがん沸かしながら考えます。

今何時?

気が付くと午後4時過ぎ…ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
まだ半分も来ていないでしょう。日も傾いてきました。



コーヒーのみながら考えます。


★午後16時30分:引き返し決定

どう考えても時間がありません。この場所までかかった時間を計算すると…(ノ∀`)アチャー
なんと無謀なツーリングだったのでしょうか。
向かい風と流れ込んでいる潮などの悪条件が俺たちを阻んでいたのです。

このまま続行すれば、おそらくゴールは早くて午後10時頃?更なる悪条件が重なれば日付は変わって明日のゴールになるかもしれませんァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
テントでもあるなら河川敷公園で一泊して再スタート!ぬわ~んて訳にも行かないのです。
なぜなら仕事がありますもの。ねえ。

どうやらここで、探検隊ルールにより「ツーリング・オフ」です。
スタート後、一週間以内は「ツーリングの引き返し」、及び解約出来るという、ツーリング・オフの適応を本部に申請しました。

よく考えれば往復28kmってアンタ、阿南市淡島海岸~和歌山の美浜町・日ノ御崎までが33km!
ちょっと無理すりゃあ着いてしまうじゃありませんか。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

さて、美味しかったコーヒーを片付けて帰りましょう!
日が暮れるとマジで恐い!夜の川を漕ぐなんて…まだライトがあればどうにかなるかもしれません。
コーヒーとクリープはあるんですけど懐中電灯ひとつも持ってません(ノ∀`)アチャー



さい隊員はもう帰るみたいです。いとさんは、また例の名田橋の下の浜で潮干狩り後、合流予定です。
いろいろとサポートしてくれているんです。誠に申し訳ないヽ(´▽`)スマヌ
なんせみんないい隊員ばかりですわ。感心しますよ。

どんどん日が落ちていく…心なしか艇のスピードが速い!いや気のせいではありません。
上流に向かって漕いでいるほうが早いのです。
あらあらなんという不思議!川って複雑に出来ていますなぁ…感心しました。風はほとんどありません。



振り返れば眉山が俺たちを見ていました。

「アゲ谷、もう少し考えて行動せぇよ(#゚Д゚)」

って昔、先生によく言われましたが…ちょうどあんな感じでしょうか…やっとどんピシャ!ヽ(´▽`)ノ

帰りは早い!なんてこった!30分で名田橋まで来てしまったのです。不思議ですよ。
漕いでると早さの違いがはっきり分かります。なぜ上流に向かっている方が早いのでしょう。
潮、風、理由を考えますがきちんと説明はできません。海は特に早い様に感じます。
塩水の方が浮力がある!そういうのも関係しているのでしょうか…とにかくゎヵらん!

あっさりと上陸!いとさんがいます。しじみやあさりの入ったバケツを持っています。
ここまで付き合ってくれたのです。これは替わってあげたい。
なんとしても替わらなければいかんm9(・∀・)ビシッ!!


★午後17時20分:いと隊員と三回目の合流

いと隊員合流




「あ~俺はタイチョなので替わる訳にはいかんが…」

と前置きし、

「どうだ、ヒコちゃん!いとさんと替わってあげたらどうだろう。
              彼女も非常に乗りたがっていることだし…」


と振ってみた。ヒコさんはどうしてもゴールしたいようで、すったもんだの挙句、Jさんがこんなことを言い出したのです。

「俺が替わりますよ。乗りたがっているのに可愛そうじゃないですか」

工エエェェ(´▽`ノ)ノェェエエ工

そりゃ、スマンカッタ!という訳でJさんが交替、彼は歩いてスタート地点まで帰るというのです。
な、なんてこった!見上げた男です。一度しゃがんで下から見上げてみました。素晴らしい!
とにかく、みんないい人ばかりですわ。感心しますよ。




「そのかわり、競争しましょう。今日、スタートした地点までカヌーでm9(・∀・)ビシッ!!」

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

みんな嬉し泣きしながら、急いでカヌり始めたのです。この好意を無にしてはいけないと…






漕ぎながら、Jさんを目で追っていたのですが、直ぐに見失います。
はは~ん!土手の反対側からゴールを目指しているのでしょう。頭脳戦です。
俺らもマークされないよう、沈して潜りながら進もうとしましたが、少し無理があります。
ようし、せっかくの好意に負けないように何としても先にゴールだm9(・∀・)ビシッ!!




ところが、もう疲れていて漕ぐのが非常につらい!おそらく漕ぎ距離は10kmを越えているはずです。
しかし負けられない!

気が付くとヒコちゃんが漕いでいません。

「タイチョ、漕がなくても進むよ~んヽ(´▽`)ノ」

とか言っています。おいおいマジか!この競争中に!
Jさんに負けるぞぉ…
Jさんの好意を無にするのかぁ!と思いましたが俺もやってみましたヽ(´▽`)スマヌ

なるほど、上流に向かっているのに、漕がなくても進むんです。
「こりゃいいや~漕がなくても進むねぇヽ(´▽`)ノ」…と二人でぷかぷかしてたのです。
競争中なのに…これで5分は損しましたね。ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、



せめていとさんだけでもゴールして欲しいm9(・∀・)ビシッ!!
君は徳島☆秘密探検隊カヌー部のホープだ!あとの事は頼んだぞ!


★午後18時20分:スタート地点へゴール!

到着!

もちろんJさんのほうが早かった…




往復の最短距離計測で12.9㌔でした。川幅の広さによる誤差があるのでもう少し多いかもしれません。
しかしまあ、良く漕いだものです。一日でこれなら、2日かければ小松島から秋田町へカヌーで飲みに行けるかも知れません。
土曜日の昼に横須海岸より出て、夜までに秋田町、カヌー繋いで両国橋より上陸、飲み会参加。
その日はどこかで寝て、次の日の朝出発!午後には到着するでしょう。

来年当たり、飲み会オフをカヌーで参加!ぬわ~んてのをやってみたいσ(´▽`)ぉれぉれです。

みなさんお疲れ様でしたヽ(´▽`)ノ
Jさん特にお疲れ様でした_| ̄|●<スマンカッタ


<追記>
この記事見たさい隊員から画像が送られてきました。
アリガ㌧さい隊員ヽ(´▽`)ノ







上からなんて画像は大変珍しいε=\_○ノイヤッホーゥ!



ブログパーツ

スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●■コメント一括化しましたヽ(´▽`)スマヌ


忙しくてワスレテマシタ(´д`)

ゴメンナサイ。

今送りましたので・・・。

ところで、土曜日の予定はどんな感じでしょー?

Posted by: さい | 2007年08月02日 22:35

これが私に連絡がいかなかった吉野川カヌーの詳細だったのですね!!

 ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、' あんたたちは凄いよ!!

でも楽しそうでいいの~~~~!!(笑)


台風だよ・・・金曜は荒れてるね~~~~

土曜はどうなんだ???

ちなみに金曜にカヌーのキャリアとカヌーなどなどを借りる予定になっております!!

Posted by: sawa212 | 2007年08月02日 23:21

■さい隊員コメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

貴重なショットなので許してあげましょうm9(・∀・)ビシッ!!
今の時点で君は名誉隊員だε=\_○ノイヤッホーゥ!

土曜は予定通りで大丈夫ですよ。台風の影響は徐々に緩和されるでしょう。
場所はどうしましょう。
波が高ければ大潟行きますか?那賀川河口でもいいし。
150間滝は復活しただろうか?雨はそんなに継続的に降ってないようですので
乗り込めないかもしれませんよぉ。

■sawaちゃんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

そうです。これですよ。時間があれば、sawaちゃんに
吉野川橋の上で立っててほしかったのですが時間切れの体力切れでしたヽ(´▽`)スマヌ

土曜は通常の日に戻ると思いますよ。波の高さは分りませんが…
予定通りカヌりましょう!
場所の状況を見ながら判断しませうm9(・∀・)ビシッ!!
カヌーとパドルとスプレースカートは借りておいたほうがいいと思います。
ε=\_○ノイヤッホーゥ!

Posted by: アゲ谷 | 2007年08月03日 11:33

こんばんわ~
1ヶ月も前のことだと『おーこんなことあったね~』って感じですw
上から撮った写真はめずらしいですねー!
私も撮ってもらいたい!ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

明日カヌーの日なのですね^^
台風の影響はどうなのでしょう?
夕方仕事から帰ってくるときは、かなり高波でしたが(´ヘ`;) う~ん・・・
私はしっかり仕事してます(ノд`)
レポよろしくですよー(`・ω・´)

Posted by: いと | 2007年08月03日 21:40

アゲ谷がびっくりしたの?

Posted by: BlogPetのラ? | 2007年08月04日 07:03

■いとさんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!

いとさんの記事見ながら書きましたよ。
あんまり覚えていないのです。マジで。
上からの画像は貴重でしょうねえ。こんなの見たことないもんね。
次回、さい隊員におねがいしましょう。

レポ前に連絡するとこの土曜隊でツーリング参加が出来るのはぷっちん隊員だけでした。
あとの人は腕力不足でしょうか。
いとさんみたいに最初からガンガン漕げていませんでした。
カヌーが好きか嫌いかに依るのかな?もう少し時間の必要な土曜隊でした。

さて、大潟の湾から長島・鵜渡島~あこめ海岸~北の脇海岸はゴールデンルートかもしれません。
次回ぜひ行きましょうε=\_○ノイヤッホーゥ!

Posted by: アゲ谷 | 2007年08月06日 00:54

腕力はいるかもしれませんね~
私には仕事で培われた腕力がありますから( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
それでも隊長達についていくのがやっとですよ><
「波には弱いよ」とお店の人には注意されたMYクレーメルちゃん。
どこまでツーリングできるかわかりませんが、ゴールデンルート挑戦してみたいですヾ(●⌒∇⌒●)ノ
次回出航予定・・・9月になりそうな気配がムンムンですが(´・ω・`)しょぼん
夏は休みなしです┌┤´д`├┘ ふぅ…


Posted by: いと | 2007年08月06日 15:12

■いとさんコメントありがε=\_○ノイヤッホーゥ!

まあムキムキじゃなくてもいいけど最低限の筋力がいるかもねぇ~
無駄のない漕ぎ方すれば筋力を温存できるけどそこまでに達するのがなかなかです。
普段はパドルの半分くらいしか水に漬けていない俺の手抜き漕ぎ漕ぎ!
こ、これだm9(・∀・)ビシッ!!

普通の波の日ならクレーメルちゃんは十分行けそうな予感。
ゴールデンルート挑戦行こう!9月に行こうε=\_○ノイヤッホーゥ!


Posted by: アゲ谷 | 2007年08月08日 12:37

■Jさんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!

正直遅刻スマンカッタヽ(´▽`)スマヌ
小松島から第十堰まで実に時間がかかりました。陸路は混雑です。
これなら横須海岸から出て、直接海川と漕いでもかわらんのじゃあ?と思いましたが
吉野川河口は強大で巨大な悪魔でしたね。

玉死ぬギターな場所が案外多い徳島県!
こうなりゃ広大な海原へ先に出て、和歌山制覇したあと吉野川へ行く方がいいかもです。
海のほうが漕ぎ易いのではないか!と最近思ってます。
めちゃくちゃ荒れない限りは海!こ、これだっ!
カーボンは危険ですね。この際俺は避雷針で漕ぎたい!
そしてこの電力を家に送って電気代の節約したい!
だめか!だめね(ノ∀`)アチャー

消えさり草は本当にほしいアイテムじゃないでしょうか。違いましょうか。
俺はいたるところに出没してみたい。いや消えたまま出没したい。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、何するかは想像つくと思う(ノ∀`)アチャー

とにかくお疲れ様でしたm9(・∀・)ビシッ!!

Posted by: アゲ谷 | 2007年08月10日 09:50

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。