全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年06月02日

●四十代からの無人島挑戦



5月27日(日)の事でした。
先日、ヒコさん&いとさんが行った無人島(中津島)の隣にある、「青島」にE隊員を連れて行く事になりました。
無人島及び海食洞窟制覇すればランクアップして名前のあとに☆☆が付くという我が徳島秘密探検隊です。

E隊員は初の海カヤック挑戦。泳げない彼女ですが、精神的に海を制覇できるでしょうか。
泳げなくても救命胴衣さえあれば普通は大丈夫ですが、戸惑いや恐怖までは浮かせられません。
本人の意思が「私は無人島に行きたい」と決まるまではかなりの葛藤があるに違いありません。

「どう?行ってみる?」

と聞くと、

「行こうm9(・∀・)ビシッ!!」

との返事。

うぉお!(´ロ`ノ)ノ 予想外!

m9(・∀・)ビシッ!!と来れば0(・o・)mバシッ!!と受けて立とう!
しかし、正直びっくりしました。「海は恐いなぁ」と日頃から繰り返し言ってたE隊員

こ、これはまさに「40代からの無人島挑戦」 
NHKに取材に来て欲しいくらいですァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、



はっきり言って男子でも「チキン」には無理でしょう。興味があっても「行きたい」とは言わないはずです。
中古とはいえ、マイカヤックを購入した彼女です。その行為自体、既に一線を引くものであり「ピンチ・パンチ・ポンチ」な体験なのかも知れません。

淡島海岸は外海とはいえ左に長い「淡島突堤」、前方には目指す仮称・ツインピークスの「青島」、そして先日ヒコさん&いとさんが上陸した仮称・インファント島と呼んでいる「中津島」、やや右に「丸島」、「烏帽子島」、右には「亀崎港」とそれらが海岸を囲むように配置されていますので比較的波は穏やかな日が多いと感じます。その日もかなり穏やかでした。

「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」国土情報ウェブマッピングシステム(試作版)より
航空写真で見てみます。


■撮影年度 昭和51年度 地区名 阿波豊岡  撮影縮尺 1/10000
整理番号 CSI-76-2よりトリミング

しかし桑野川から出た水流が大きく影響してくることも考えられます。駄目なら中津島で我慢しましょう。無理は出来ません。出来れば、

青島の砂浜でお弁当を食べるm9(・∀・)ビシッ!!



これが今回の目標です。ナカイ阿南店のスーパーで買ったお弁当と水、バーナー、コーヒーカップ、ボトル等を積み込んで出発です。器具は最軽量の登山装備です。不測の事態を考えて久しぶりに「バズーカ」も積んで行きましょう。
浮くものは何でも役に立てたい一心です。沈して再乗艇する場合の足場には格好のバズーカ。
本来ならパドルフロートなるものがあるのですが、水に漂いながら一連の作業をするのもまどろっこしい。

バズーカならポンと浮かべてパドルを使って橋架けて乗り込めます。艇の水出し時にも効果的でしょう。
浮力体は青いイナズマ黄色いたまごぼ~ろとも前後装備です。

早速、海へ!

脳内BGMはMSGの「キャプテン・ネモ」 
いつも大体これです。海を見ればの「海風」か「キャプテン・ネモ」が勝手に流れ出すσ(´▽`)ぉれぉれ
古くてわからん人にはヽ(´▽`)スマヌ
脳内「i-pod」ですから「無い-pod」と呼んで差しあげたい。

E隊員を砂浜より送り出します。試しにそこら辺漕いでみ!と伝えて俺も発進準備。
乗り込みながらペダルの確認をしていると一度だけ少し大きめの波が…

うぉお!(´ロ`ノ)ノ  斜めになりながら海水が艇内に…
いやな予感!ぬわ~んて全然感じませんでしたが、今思えばこれは、これから起こり得る体験への
予兆だったのかもしれません。



出艇して20㍍ほど漕いで波打ち際を逃れます。俺のいきなりの作業は水抜き。
スポンジに水を染み込ませて艇外で搾ります。20回分くらいの水が入っていました。
E隊員は海漕ぎの練習中。揺れもに馴れたみたいで大丈夫そう。

今日の淡島海岸は鏡面仕上げの凪状態。でも少し風が吹き出しました。海の天気は変わりやすい。
でも暫らくは大丈夫でしょう。日差しもそんなに強くなく「快適」の一歩手前状態。


■淡島突堤が波をカバーしてくれる

湖を漕いでいる様な感覚です。あまり波を感じないのです。ただし微妙にうねっている感じ。
でもぜんぜん気になりません。E隊員の初海デビューには持って来いの状況でしょう。

目指す「青島」は「ひょっこりひょうたん島」のモデルらしいというのを何かで読んだことがあります。
確かに浜から見ればまさに双子島ですが、航空写真の通り実際の島の形は複雑です。



中津島までは普通に漕いで約40分くらいですから、順調に行けば50分くらいでしょうか。目指す浜はこちら側から見えない場所にあります。ぐるっと周りこまないといけませんからいかがなモンでしょう。桑野川の水流も気になります。

左側の淡島突堤が終わりかけた頃、急に波が高くなります。

工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

風も出てきました。海面の状況はすぐ変わります。
ぬわ~んと俺たちは最高の状況だった「最後の数十分」に渡航を開始したのでしょうかヽ(´▽`)ノぎゃ~
波は左側から押し寄せます。青島まで300mくらいの所でしょうか。
時折、艇より波が上に見えるのです。ええ。
左側から俺たちと同じくらいの高さの波が時折、攻撃してくるのです。

まあ、それが覆いかぶさってくる訳ではありません。その高さまで艇ごと上下する訳です。
うねりが大きくなっているのでしょう。突堤が切れた頃には、そんな波だらけ。
しかしシーカヤックの安定性は凄い。三半規管さえ強ければ大丈夫な感じ。

E隊員に「酔ってないか?」と声を掛けます。
まだ大丈夫そう。でもこれはいい加減大きな波です。この先はもっと荒れるでしょう。
前方、青島の左側に白波が立っています。風もどんどん強くなる…

(  Д ) ゚ ゚ ぶっ! 青島~中津島間がうねりまくり!

目で見てわかるくらいです。
こりゃあかん!中津島に避難しましょう。シーカヤックはリバーカヤック程は腕を必要としない乗り物ですが、それは艇の安定性に助けられているからでしょう。腕よりも大事なのは状況判断でしょうか。無理は禁物。
命に関わります。

俺自身、今まで経験したことのない波の高さになりました。
前回のえびす洞よりもずっとハード!
なんたってタバコ吸う余裕がありません。デジカメで画像を残す余裕も無いのです。

E隊員はなんか楽しそう。あんた強い三半規管をもっているのか?

時折、黄色いたまごぼ~ろの前から1m50㌢くらいが丸見えになります。

と、飛んでいる!

シーカヤックにまた一段と驚かされましたよ。ええ。こんな風な事が出来るとは思っていませんでした。
スプレースカート無しでも波はぜんぜん入りません。スカートが必要なくらいの状況ってどんな波なんでしょう。この波で沈しないのならいつ沈するんでしょう?

仮にロールが出来るとして、まあ沈しましょう。
しかしその波の状況ならまた沈しましょうよ。考えてください。沈~ロール、沈~ロール!

これの繰り返しでは前に進まないではありませんかヽ(´▽`)ノ
沈するくらいの波なら、すでに海に出ていない。大きく荒れだして沈するなら、起き上がっても沈!
ややこしいな…常識的な判断で遊んでいる限り沈は無いのか?漁船の大波をくらうとか、高波が来たとか、そういう場合にしか沈しないのでしょうか。う~ん、とにかく見た目よりずっと波に強い不思議なのりものですわ。

反対に見た目は丈夫そうなのに簡単に沈するちろりあん
いやあ奥が深いなぁ…益々はまりそうな感じです。今年の夏の目標は海ロールです。鼻が痛そうな感じでしょうが、これに明け暮れてやりましょうm9(・∀・)ビシッ!!

ロールで行ってロールで帰ってくるぐらいの達人になりたいものですね。



緊急避難した「中津島」は満ち潮のせいでいつもの半分以下の広さしかありません。
それでも「青島」の影になるせいか、左側からの風や波はまだマシです。
上陸して艇を引揚げます。あたりには磯釣りの船がたくさん止っています。

E隊員は普段と変わりなく、酔っている様子も無し。
初の海カヤックがこんな大きな波でもびっくりした様子もありません。海はこんなもんだと思っているのかもしれません。俺も「まあだいたいこんなもんだろう」と教えます。
正直、最初からこの波なら、おそらく乗らないと思います。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、

おばはんは揺れ耐性が高いm9(・∀・)ビシッ!!


■見張りか?

着いたとたん島内探検に出かけていくE隊員。しまいにゃあ、崖の上で見張りをしています。
さて、お弁当を食べようとしましたが風がまた強くなっているのです。これでは長居できません。
遊漁船を見ていると位置を変えようとしている気配があります。


■青島は今回断念。また次回ヽ(´▽`)スマヌ

せっかく来たのだから記念写真を撮りましょう。でも風が強くて髪の毛が逆立つのです。
早く帰らないと危険かもしれません。とうとう遊漁船は移動し始めました。
おそらく釣りにならないのでしょう。風の弱いポイントへ移動するのでしょう。





俺たちも帰りましょうm9(・∀・)ビシッ!!
このままここで泊まるわけにはいきません。これ以上ひどくなるなら、2つの艇を縄で縛って双胴船化、まさに高速艇みたいな感じで帰るハメになりましょう。
それはネタとしては最高に面白いかもしれませんが、実際に双方が片側ずつ漕ぐのはハードそうです。

まずE隊員を載せて丸い石の浜から押し出しましょう。
「俺が押したら全速力で20m漕げ!」と指示します。波うち際は危険な場所、特に風が強い時は、危険度3割増しです。一番弱い波の時を見計らって…せ~のでど~んと押し出します。

「せ~の、ど~んヽ(´▽`)ノ」

風の来る方向にラダーを入れながら全力で漕いでいます。たいしたもんです。さすが自艇。

問題は俺の発進です。押してくれる人がいませんから、自分で

ど~んヽ(´▽`)ノ

う、うまい!こ、これだ!い、いまだ!
最高のスタートです。丸石はコロ代わりになっていい感じ。

さあ右からの波に変わります。ああ、なんか気持ち悪い!左からの波にはなんとも無いけれども、右からの波はちょっと嫌なσ(´▽`)ぉれぉれ。利き手の問題でしょうか。誰でもそうでしょうか。

ふわぁ~ヽ(´▽`)ノど~んヽ(+▽+)ノ

上下幅が1m近くありましょうか。いや~たいしたもんだシーカヤック!俺の艇も先が浮いているのが解るようになってきました。フッと軽くなり…バシャァ!と音がします。
海には強力な三半規管は必要不可欠なのでしょう。
俺は移動する車の中で朝刊全部読めるタイプですが、最近は怪しくなってきました。機能が衰えている感じがします。しかしE隊員も強力三半規管を持っているとは知らんかった。ふ━━( ´_ゝ`)━━ん



やっと落ちついてきました。画像が撮れます。あの淡島突堤のおかげさまでしょう。
たいしたもんだよ淡島突堤!



波とともに風も収まる…?なんてこった。これは試練だったのかも知れん…
このあたりに「試練のライン」があるのでしょうか…

兎にも角にも良い体験をさせて頂きました。徐々に強くなる波だからいいのでしょうね。
いきなりあの波ならたまりませんよ。ねえ。
いやぁ、奥が深いなシ~カヤックm9(・∀・)ビシッ!!

瀬戸内海なんて安定の塊じゃないの?ぬわ~んて思いましたよ。ええ。



ようやくうるとらぽ~くが見えてきました。しかし今回の最大の発見はこれにつきましょう。

オバハンは揺れに強いm9(・∀・)ビシッ!!

メインページへ 

コメント


■コメント一括化しましたヽ(´▽`)スマヌ
あの鏡のような水面をもつ淡島も天候によって荒れるんですね~
E隊員はすごい!
泳げないのに荒波に突入するなんて!!
さすがMYカヌーを持っているだけはありますw
カヌーはイイ♪
次の探検が待ちどおしいです~(。。)む~
Posted by
アゲ谷さん、こんにちは。
E隊員スゴイ!
とても泳げない人の行動とは思えないですね~。
私もオバハンだけど、三半規管は弱いですぅ。
もっとE隊員を見習わないと!
Posted by
■いとさんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!
外に面してる海はやはり荒れますね。気圧計が必要と思いましたよ。
でもE隊員は天然なので波の大きさに気づいていなかったかも
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
動画があるんだけどうpすると見た人は酔と思うのでやめました。
俺は思ったのですがまず救命胴衣装着で泳がすことから始めれば、
泳げないやつは精神的に海を克服できるのでは…
深いところへ連れて行くんです。戸塚ヨットスクール方式でもいいかもうぉお!(´ロ`ノ)ノ
結局救命胴衣さえあれば泳げる泳げないなんて関係ない!
ってのが理解できると話が早いのですよね。
泳げる人間だから救命胴衣が要らないって訳じゃないしねえ。
マイ救命胴衣は必ず購入!これはカヌーより先ですよ。ええ。
んでもってど~んとツーリング行きましょうヽ(´▽`)ノ
■かよさんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!
上にも書いたけど、泳げるからってカヌーに救命胴衣なしで乗れるわけではないのですよね。
泳げる俺が救命胴衣付で乗る=泳げないE隊員も救命胴衣付きで乗る
同じなんですよ。泳げても泳げなくても。ええ。
あとは精神的なもの…これの克服でしょう。
脱がない限りは死ねないってのを頭でわかるかどうか…
波はやはり気づいてないのかも…m9(・∀・)ビシッ!!
かよさんはまだオバハンの域に達していないのですよ。
40超えしたら三半規管もつよくなりまっせぇ~m9(・∀・)ビシッ!!
ぜひ行きましょう!カヌーオフ!
Posted by
E隊員やりましたね~~~~!!
泳げなくても根性あれば大丈夫なんですね~~~!
さすがですわ!!
マイカヌーを持っていれば心も強いんでしょうね~~~。
ちなみに私は三半規管はあまり強くありません・・・
遊園地の乗り物でも酔う時がありますから・・・
ラフティングの上下とかは全然平気なんですけどね~~~。
Posted by
■sawa212ちゃんコメントありが㌧ε=\_○ノイヤッホーゥ!
昔はおしとやかな女の子だったんですけどね。ええ。
まさかカヤック乗って無人島行くとは思いませんでしたね。
基本的に大の海好きですわ。E隊員は。
海水浴大好きですしね。しかも装飾品以外で買うのはお菓子と海用グッズばかりですね。
まあおばはんになれば必ず三半規管は強くなります。ええ。
もっともっと揺れるような事をすればおのずと器官が磨かれるでしょうε=\_○ノイヤッホーゥ!
Posted by
E隊員すご~イ!
私はちょっとだけカヌー先輩面できてましたが、もう、できません。
E隊員は中学校の時にタイチョに意地悪言われた(笑)ころからホントは
すっごい並々ならぬ根性を隠し持っていたに違いありません!
 
Posted by
■PAUSEさんコメントありが㌧でございますε=\_○ノイヤッホーゥ!
思えばあの吉野川のリバーカヤックから始まったE隊員のカヌー!
海をここまで駆け抜けるとはおもいませなんだ。
でも川用は相変わらずガメラ状態ですよ。
ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
しし座で寅年ですからね。とても負けず嫌いなんです。
カラオケでも「負けないで」をよく歌いますよ。ヽ(´▽`)ノ
持っていたに違いありません!
Posted by
Great site!
Posted by

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。