全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年08月02日

●えびす洞はつカレッタ



大浜海岸にキタ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!…ぐぅぐぅ.。oO

「( ´_!_`)番組の途中ではございますが、今㌧でもないニュースが入ってきました。
徳島県美波町大浜海岸の沖合い1、5kmに突然現れた、大きな生物は
アカウミガメの突然変異による、巨大アカウミガメである事が判明しました。
この巨大アカウミガメは甲羅の長さだけで15㍍、全長は19㍍に達する
大きさであると推定されています。

アカウミガメは比較的おとなしい生物ではありますが、大きさが大きさだけに
付近の皆さんは厳重注意をするようにと県警・自衛隊合同対策本部は呼びかけています。

現在、この巨大アカウミガメは浮いているだけで動く様相を示していませんが
各分野の専門家の意見は、寝ているだけという事で概ね一致しているようです。
それでは“日和佐うみがめ博物館「カレッタ」”の館長である、○○さんにお話を伺います。
○○さんよろしくお願いします。
○○さんアカウミガメの基本的な情報をお教え下さい。( ´_!_`)」


○○カレッタ館長 
「あ~はい、こんにちは…え~アカウミガメは英語では“loggerhead turtle”と呼ばれ、
学名では“Caretta caretta” と呼ばれています。
頭部、特に頭幅が甲幅にくらべて大きく全体にがっちりした印象です。はい。
ちょうど比率的には武田鉄也さんのような感じですね。はい。
成体は褐色又は赤褐色、日本に上陸する雌の甲長は90cm 前後のものが多いですね…( ´Α`)」



■今回も青いイナズマ載せているよヽ(´▽`)ノ

「今回、大浜海岸へ接近中の巨大アカウミガメの目的は産卵でしょうか?( ´_!_`)」

○○カレッタ館長
「あ~はい、おそらく産卵が目的でしょうね。今は動きがありませんが暗くなったら
上陸体制にはいると思いますよ。はい。
え~平成16年には10頭、翌17年には42頭のアカウミガメが上陸した訳です。
平成16年は異常気象で台風が以上に多かったんですよ。それで少なかった。はい。
過去最高は昭和43年の308頭、最近では平成2年の220頭。今年はまだ2頭ですよ。ええ。
上陸数はどんどん減ってはいるのですが、急にこんな大きいのが来てもねえ…( ´Α`)」



「これが上陸して産卵するとなれば卵の大きさはどのくらいの大きさになりますか?( ´_!_`)」

○○カレッタ館長
「さぁねえ~大きければ直径1㍍こえるんじゃないの?( ´Α`)」


「それらが孵化すると、また大きなアカウミガメへと成長する訳ですね?( ´_!_`)」

○○カレッタ館長
「さぁねえ~しかし大きければいいってモンじゃないよねぇ~
この大きさじゃ2次災害の可能性だって出てくる訳ですよ…( ´Α`)」



■大浜海岸から見た「恵比須洞」がある山

「あっ、今、続報が入った模様です。え~、…巨大なアカウミガメはえびすどうという、
現地の観光名所ですね?…恵比須洞という波の侵食作用で出来た洞窟に
入って行こうとしているとの情報が、ただ今入りました。
これはアカウミガメの行動上の何か性質的なものでしょうか?○○さん?( ´_!_`)」


○○カレッタ館長
「さあどうでしょうねえ…でもなんかおかしいよねえ…( ´Α`)」


「おっと恵比須洞の遊歩道側に顔を出しました!海側から入り込んで、遊歩道側の穴から
頭部を出しています!何てことでしょう!
これはどういうことですか??○○さん?( ´_!_`)」



○○カレッタ館長
「さあどうでしょうねえ…どうせだれかの妄想じゃないの?
ありえませんよ。ええ。ありえません。
亀が穴にはいるってあんた…亀ちがいじゃないの?
変なオッサンの妄想か夢ですよ。きっと…ほっときましょう( ´Α`).。oO(わたしゃもう、つカレッタ!)」



はっ!…ゆ、夢か…ヽ(´ρ`)ノょだれぃ


巨大アカウミガメ もういねぇ工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工

大浜海岸で寝てしまった俺ですよ。前日の車中泊で暑くて寝れなかったものだから
せっかく来たこんな綺麗な浜のトイレ前で寝てしまった…
E隊員も寝ているわ!起こしてやろう!

アゲ谷 「おい!お㌔っ!巨大アカウミガメはもういないぞ!」

E隊員 「亀…??ヽ(´ρ`)ノはぁ?」

まったく変な夢を見たわぃ…「恵比須洞」見学に行く前に寝たからか?

電話ボックスが「亀の形」しているからいかんのだ…ヽ(´▽`)ノぷんぷん1
白い燈台」が水色になっているからいかんのだ。
白かった燈台」に変更してくれぃヽ(´▽`)ノぷんぷん2
しかも寝る前に行ったトイレの前にもがいたぞ…
はっきり言って人よりの形した物が多いぞヽ(´▽`)ノぷんぷん3

とにかくすべてヽ(+▽+)ノもげぇ

 






そうです。ここは亀のための砂浜である大浜海岸なのです。

国の天然記念物「大浜海岸のウミガメおよびその産卵地」は、文化財保護法、自然公園法、
美波町文化財保護条例、美波町ウミガメ 保護条例の趣旨にそって保存のため、今年も
保護規制を行いますので、ご協力よろしくお願いします。
との事です。

ウミガメ保護規制のためここでは海水浴はもちろん、キャンプ、花火はもちろん、犬の散歩他
いろんな行為が規制されています。



生きた化石といわれるウミガメを保護するためには徹底しているのです。
これは止むを得ない措置でしょう…
はるか南の島から大浜海岸までやってくるウミガメたちを暖かく見守ってあげましょう。


実は今日、「徳島☆秘密探検隊」は「青いイナズマ」で「恵比須洞」を海から覗こうとしたのですが、
規制期間中なので砂浜からの出航は無理だと判断し、すこし寝ることにした訳なのです(ノ∀`)アチャー

もう少し向こうの海岸の砂浜から出るという手もありますが、海は何が起こるかわからない
危険な場所!巨大アカウミガメが何時やってくるかもしれません。
とりあえずこれからその「恵比須洞」なる奇勝を探検してみますよ。
下見って訳です。


■ここから下りていくのです。

入り口についたら車が一杯ヽ(+▽+)ノもげぇ。日曜だからこんなもんかと思いながら
どこを見ても観光客なんかいない…(´-`).。oO(なんでだろう?)と思っていると
岩場で釣りをしている人が!なるほど釣り師達には地磯な訳か…
看板にあるとおり危険な予感!救命胴衣を着けろと書いてますよ。
救命胴衣は命綱!こ、これだ! …っていうかそりゃそうだ!


■フェンス沿いに大穴が見えてます。

階段をどんどん下ります。きつい!うぉお!(´ロ`ノ)ノ
最近、とても自転車家な俺ですが桁違いのきつさです。
坂道の方が断然まし!同じ角度で同じように動くのは物凄くきついのです。
いきなり

ぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくヽ(T▽T)ノ

コンクリートの歩道に来ても

ぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくぎくしゃくヽ(T▽T)ノ


■このタイプの階段が続くのです

しかし、洞窟がある場所は最初からほぼ見えているのでなんとなく着きますよ。

大きな穴ですよ。大自然恐るべし!うぉお!(´ロ`ノ)ノ
標高52mの岩山の内部が波に浸食されて出来た直径30メートル、奥行き40メートルという
大きな穴!こりゃ巨大アカウミガメも首を出したがるはずだわ  m9(・∀・)ねっ!


■クリックで拡大します


もう俺が行った時には巨大アカウミガメはいなかった(ぉぃ.。oO?
しかし何時頃開いたんだろう。大きな波がどんどん打寄せて内部侵食していくわけですよ。
大昔の地球なんて想像できないほど荒れていたんでしょうね。
毎日が巨大台風みたいなモンだった時期とかがあったんでしょうね。
落ち着いた時期に生まれてきて良かったヽ(´▽`)ノぇぇょぅ~




しかしもう少しその期間が長ければ、鎖のついた遊歩道部分も打ち抜いていたかもヽ(´▽`)ノ
これから、長い時間をかけてゆっくり侵食するのでしょうね。
遥か未来には、ここが突き抜けているのかもヽ(´▽`)ノ見てみたいですね。



この狭くなっている部分は海底で反対側に繋がっているようです。
よく見ていると反対側から波が噴出します。いやあ少し来るのが早かった!
あと2万年後だよ、母さん!ヽ(´▽`)ノゎくゎく

さて頂上を目指しますよ。
例の階段がずっと続いているのですが、相変わらずきつい( ´Α`)あふぇー
もう膝が((;゚Д゚)ガクガクブルブルですよ。
なんとE隊員がかなり遅れはじめた。いつぞやの五滝では俺を置きざりにしたのに…
今日は調子が悪いのか!


■もう膝が動かんヽ(T▽T)ノへろへろ~ と言ってるのです。

勝った!久々の勝利!ヽ(´ー`)ノゅぅぇっヵん

勝ったよ母さん!σ(´▽`)ぉれぉれ
ヽ(´▽`)ノかヽ(´▽`)ノちヽ(´▽`)ノまヽ(´▽`)ノしヽ(´▽`)ノた


■標高52mといえども断崖絶壁です。下には少しだけ岩場が見えます。

釣り師のみなさんが頑張っています。いいポイントなのでしょうか。
救命胴衣を外していますよ、おそらく暑いからでしょう(ノ∀`)アチャー
しかし急な高波が恐いのですよ。高波ってのは予兆がありません。
気付いた時には逃げられないと聞きました。

昔、波止釣り師だった俺は、「和田島の突堤で釣りをしてて波にさらわれた人」を見た人
(ややこしいな)に出合ったことがあります。

気が付いた時点でもうどうしようもない。
逃げる事等考えられずに気が動転してパニックになるらしいのですよ。
波止場よりも30cmくらい高い波に飲まれただけで、足元すくわれて人は流され
荷物もゴミも綺麗に何もかも無くなる。突堤の上を水がそのまま走ってきて
大きな車も簡単に動き出すそうです。

恐るべし水の力!

穴は開けるわ、人はさらうわ、のどを潤おすわ、人を癒すわ、恐がらせるわ…
水とは一体なんなのか! ようヽ(´▽`)ノゎヵらん~


■頂上には休憩所と小さな神社があります。

さてみなさん夏本番ですが水の事故には気をつけて下さいよ。
あと大きなアカウミガメにも気をつけて下さいよ。

次回は「青いイナズマ」で反対側の浜から出発して、海側からの「恵比須洞」の
レポートが出来るかもしれません。
しかしヘルメットは必須です。洞窟の中で波によりガンガン頭打つかも…うぉお!(´ロ`ノ)ノヶんヶん
松中ヘルメット捨てるんじゃなかったなぁ…ヽ(T▽T)ノへろへろ~

いらないカヤック用ヘルメット募集中!
誰かいらない人σ(´▽`)ぉれぉれにσ(´▽`)くれくれ


最後にホテル「白い燈台」の白かった頃の画像です。みなさんどう思いますか?
チャレンジ精神ってのはこういうことなのかヽ(´▽`)ノ~ぁゃしぃ!


スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント


■コメント一括化してますヽ(´▽`)スマヌ

コメントする

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL


トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。