全ての記事を表示  徳島☆秘密探検隊とは? 探検隊の用語解説  位置情報   作戦会議
「徳島☆秘密探検隊・最新情報」
■【タウトク連載第26回!
徳島県と共に歩むσ(´▽`)、今月の「タウトク」連載は「次郎笈を牛耳ろう!最終回
月刊タウン情報トクシマ(株式会社メディコム発行)12月号好評発売中
今回を以って徳島☆秘密探検隊は終了!でもみなさんタウトクは買ってねm9(・∀・)ビシッ!!

■【上勝ポータルサイトに登場
上勝ポータルサイト「やるでないで上勝!」にリンクされました。I垣さんありが㌧でございます。
父親も母親も上勝町旭地区出身のσ(´▽`)ぉれぉれ。もはや上勝人と言っても過言じゃないでしょう?最近はとあるブログにゼロ谷が出現しているぞぉ!(ノ∀`)アチャー

■【あなたも隊員になりませんかm9(・∀・)ビシッ!!!
カヌー、登山、滝、探検、飲み会好きな皆さん!あなたも隊員になって盛り上がりませんか?
初心者の方には親切に教えましょう!随時、オフ会開催中です!山登ろう!海へ出ようm9(・∀・)ビシッ!!

隊員希望の方は左カラムの下の方のメール送信フォームよりご連絡下さいε=\_○ノイヤッホーゥ!
(入隊は無料です。登山装備、救命胴衣等は参加後、各自で揃えて下さいね。)
--年--月--日

●スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月16日

●150間滝(仮称)大作戦



船さえあれば陸から見えないものも見えるであろう!
                   アゲ谷 (自称探検家 【日本】 196●~  )

早い話、カヌーが欲しいのですがカヌーってなぜあんなに高価なのでしょうか?
カヌーに限らず船、ボート、ヨット、とにかく水周りの乗り物の価格には辟易!

金の無い奴は陸地でおれっ!みたいな何かいやらしさを感じますよ。ねえ。
笑わせてくれるね。船業界の人たち。
船本体どころか関連部品も信じられないような価格( ´Α`)あふぇ~自動車業界を見習え!
と思ったりする今日この頃。
ついでに部屋中ご~ろごろ Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

さてそんな怒りとともに生きていたアゲ谷にも一筋の光明が…ピカッ!

神様 「これアゲ谷、お前が落としたのはこの汚いカヌーか?
            それともこのモーターボート
                  それともこの高速クルーザーか?」


アゲ谷 「ええ?あら!いや、はい神様、私が落としたのはその高速クルーザーです!ええ!(・∀・)」

神様 「ウソをつくでない!おまえみたいな奴はこの汚いカヌーで十分じゃあ!」

アゲ谷 「やった!カヌーもらえたよヽ(´▽`)ノぎゃ~」


なんて空想をしていたあの頃…
しかしついに見つけた!天の導きだ!母さん俺みつけたよ、中古の格安カヌー
今まで見た中では一番安い。ヤフーオークションをも含めても安い!
徳島市内のアウトドアショップの前で動けなくなってしまったのですよ。
傍からみれば「なにこの人?カヌー持って走りそう!」みたいな感じだったでしょうに。
デジカメ「水ぼっちゃん」買い替え計画も無くなったし、探検隊を名乗るからにはここはひとつ
中古カヌーなるものを持っていてもいいのではないか!

と思った瞬間買いましたよ。
それでもこの間仕事用に買った古い軽四より5千円高い。プンプン!
なんたる矛盾!まぁいいか…探検できればヽ(´▽`)ノ   …結局いいのかよ
さ~て、買ったからには早速使う!こ、これだ!

さて今回は間近で「150間滝(仮称)」を見るのです。道からだと遥か彼方に見えるけれど
おそらく湖から行けば…全体の形が見えるはず!どん!(机たたく音)

前回の探検 ●百五十間滝…(゚Д゚)?




前日に一夜漬けでカヌーの動かし方を調べてお勉強しましたよ。
カナディアンカヌーってタイプらしいのですが優雅に止水、静水域を移動するにはもってこい!
慣れてくると流水も下れるらしい!カナディアンうそつかないヽ(´▽`)ノ

ところが土曜は雨で行けませんでした。しかし日曜日が晴れれば一石二鳥!
お化け滝である「150間滝(仮称)」は雨を浴びて生き返る!

さ~て着きましたよ。上勝町正木ダムのダム湖「美愁湖
カヌーはここ2日間車上に積んだまま…恐ろしく長くて置く場所がない。
4m80センチくらいありますよ。立てたら先っちょは雲のうえ。
積んだまま走ると、何やら漁師の引越しみたいヽ(´▽`)ノ
E隊員は泳げないので陸上監視本部を担当してもらいました。

今回新隊員の高橋ユキヒロ似隊員が参加です。



もちろんアゲ谷も高橋ユキヒロ似隊員も手コキ…いや手漕ぎ船なんて初体験!
釣り船経験はありますがカヌーなんて普通乗りませんよね。
まず失敗して(チン=もちろん沈む事)してもいい様にライフジャケットを着込みます。
これは絶対的必需品です。これさえ着ていればなんとかなります。(心臓麻痺のぞく)

カヌー専用品は持っていないので船釣り用のモノです。

そ~っと乗り込みますよ。最初は怖い!ぎゃ~ゆれるよヽ(´▽`)ノ
まったりしたイメージとは大違い。こんなフラフラ、ゆらゆらしてていいのか?
俺が見たカタログ画像は、女性一人が荷物を一杯積んで川下りしている写真でした。
なんか違う…けどなんとか漕いでみると前に進みました。(・∀・)イイ!!すばらしい!
すばらしすぎてグラグラしますよ。



勉強したとおりにやってますよ。しかしバランスとりが非常に難しい。
後ろを振り向くとバランスが崩れる…足をふんばって体を動かさないように漕ぐ!
えぐるように漕ぐべし!明日へのその一ですよ。

高橋ユキヒロ似隊員が前で左側を漕ぐ、アゲ谷は後ろで右側を漕ぐ。
同じ力、同じタイミングで漕ぐといやでも直進するはずです。
ホイって言うたら漕ぐ…これでいこう」打ち合わせも完璧。



「ホイ」、「ホイ」、「ホイ」、「ホイ」、「ホイ」…動く動く。完璧だよ。
俺ってカヌー漕ぐために生まれてきたのか!前世はカヌー漕ぎのカナディアンだったのか!
なれてきたので3拍めは「マイケル」をいれてみようと提案。
「ホイ」、「ホイ」、「マイケル」、「ホイ」、「ホイ」、「マイケル」、「ホイ」…
途端に乱れてぐらつきだしたよ。まさにMr.Boo!

ちょっと後ろを振り向いて見る…と、再びバランスが崩れて斜めに…
ヽ(´▽`)ノぎゃ~こわ!
妙な動作をするとまた斜めに…あらあらあら!!
いやぁ気ぃつかうわ…「ホイ、ホイ」言ってた頃が懐かしい。テンポを上げますよ。

「ホイホイホイホイホイホイホイ…」スピードを出せば出すほど安定してくるようです。難しい。
鴨はなんて身軽に泳ぐんだ!うらやましい!グワッ!



荷物は400kgくらい載せられると聞きましたよ。俺たち二人で130kgくらい。
なるほどもっといろいろ積めば安定するのでしょうね。
積むものがないので湖の水を積もうかと思いましたが、体がもの凄く拒むのでやめました。

曲がる時はパドルを水に入れて抵抗を与えると曲がっていきます。
慣れるといろんな曲がり方が出来るようですが、今は直進メインで乗り切ろう!
目的地は車なら5分の所です。
初心者カヌーなら…想像もつかない…


■いつも道から見ている建物( いっきゅう茶屋 )が見えてきました。不思議な感じ。

「ようしもっとスピードアップするぞぉ」ってな感じで、終いには
「ホホホホホホホホホホホホホホホホ」もう「」なんて発音する間もありません。
おそらく100km/hくらいスピードが出ていたでしょう(ぉぃ
そう感じましたよ。カナディアンうそつかないヽ(´▽`)ノ


しかしそんなのは3分も続きませんでした。既に筋肉痛ですよ。
ふと耳を澄ませば何やら水の音
全力で「ホホホホホホホホホホホ」してたのでぜんぜん気が付きませんでした。
あの滝ですよ。



見た瞬間に動きが止まりました。言葉が出ません。
いやあ一部しか見えていなかったのですよ。道からはね…水面から見ると全貌が…
大きい!60mくらいあるのでは…湖面までどんどん水が!
無いときは無いのに、雨が降ると出てくるお化け滝。
お化け滝と呼ぶには大きすぎる規模だよ。ねえ。ああ来てよかったヽ(´▽`)ノ





■動画(2.60mb)
いつものデジカメじゃないので映りが悪いのですが…

よく考えて見ると、この正木ダムが出来る前はおそらくあと数十メートルは
下まで落ちていたのではないか…いや見たこと無いので想像ですが…
もしそうだとしたら「灌頂ヶ滝」(約70m)を越える高さの滝(お化け滝ですが)だったのかも(゚Д゚)!!
ひょっとすると、つるぎ町の「鳴滝」も超えていたかも!!
そして今、横で一緒に泳いでいるのが鴨かも!!!
「ガァガァ」うるさいけど人懐こいやつですよ。
ああ、昭和49年頃見たかった!

さ~てずいぶん来ましたよ。もうおいそれと帰れない位置ですよ。
上陸できそうな島や岸は皆無です。
普通ならここで「ベムラー」か「エレキング」あたりが出てきて
俺たちは転覆するのでしょうが、今日はそんな気配は皆無です。



おお!気が付けば去年キャンプした所まで来ています。水が多いので水没していますが
確かここら辺ですよ。景色に見覚えがあります。
坂道発見!接岸可能です!」 
いったん上陸しましょう。
もう腕の筋肉がパンパンに張っています。腰も伸ばしたい!

ここら辺は水が流れていないのか浮遊物が多い。持っているテクニックの全てを発揮して
坂道へと近づきます…が、そんなにうまくいく訳がない!
岸に生えている野ばらの中に突っ込みますヽ(´▽`)ノぎゃ~



やっとの思いで接岸!いや~久しぶりの陸地!
疲れましたよ。しばしの休憩。
E隊員に連絡して、車で迎えに来てもらおうと思いましたが止めました。


カヌーで来たならカヌーで帰れ


アゲ谷家、先祖代々の教訓その1ですよ。

しかも同行の高橋ユキヒロ似隊員、アゲ谷の実の弟です(笑)
先祖の教えの通りアゲ谷兄弟、カヌーで帰りましたよ。
そういや、アゲ谷の爺さんはこの谷のどこかに材木運搬車ごと落ちて死んだらしい…
昭和23年の話ですが…ようし、先祖の供養のためにもここはカヌーで帰る!

ところが帰り道、いや帰り川、向かい風が強くなりまして大変苦労しました。
カナディアンカヌーは風に弱いとは聞いていたのですが
まさかそこまで弱いとは…漕いでも漕いでも進まない。でも向かい風はまだ安心。
怖いのは横風を受けることです。転覆の可能性が発生しますよ。いや沈するのは覚悟の上、
カヌーにとっては当たり前のことのなのですが、出来ることならしたくない。
水が冷たそうヽ(´▽`)ノ

こうなったらライン取りで勝負ですよ。
地形を考えながら風が弱くなった瞬間にがばっ!と漕ぎ出して、漕ぐ漕ぐ漕ぐ!


郷に入ればマッハGOGO!


先祖代々の教訓その2ですよ。
まかせとけ爺さん!

風の少ない岬の影を目指して最短距離で漕ぐ漕ぐ漕ぐ!
風のあるときは木陰でお茶をゴクゴクゴク!



ジグザクに移動しているので結局時間はかかりますが、安全第一、沈没第二です。
ふ~っ、なんとか帰って来れました。しかし下流へ向いて走るのにこんなに苦労するとは!
自然を舐めたらあきません…おそるべし大自然!
きっと爺さんが守ってくれたのかも…しかし爺さんもびっくりしたでしょう!
孫二人がカヌーで来るとは(笑)…とにかくありがとう爺さんヽ(´▽`)ノ

お昼のお弁当…550円
ここまでのガソリン代…千円
中古のカヌー…●万5千円
湖面から見た幻の滝…プライスレス
爺さんへの供養…プライスレス
カナディアン…うそつかない



■車で往復10分の所を2時間…カモを捕まえて食おう(ぉぃ、…としましたが
 腰痛と腕の筋肉痛でもう動けませんでした。


さて今回はグラグラしていたのと小さいデジカメ(手ぶれ補正機能なし)を持っていったため
ブレた画像が多かったのですが、次回はもう少し漕ぐのが巧くなっているはずです。

しかし楽しかったよカヌーヽ(´▽`)ノ


ブログパーツ

スレッドテーマ:徳島県:地域情報

メインページへ 

コメント

●■コメント一括化しました
■コメント一括化しましたヽ(´▽`)スマヌ


アゲ谷さんこんばんは♪
カヌーGETおめでとうございます!!
いいですねぇ~。何がいいかとゆうと湖からだと滝の全貌が見えるんではないかとゆう発想にかられて突き進むその心意気が!!
たぶん僕でもノリノリでしょうね!やはりアゲ谷さんとは同じ血が流れてそうな気がします!!


Posted by: - N - | 2006年04月18日 02:47

おお~カヌーGETおめでとうございま~す!!

初乗りも済ませたのね~楽しそう☆

なんか購入するまでが「あの夏いちばん静かな海」の
主人公に感化された同級生が中古の波乗り板を買う
シーンのように思えました~w

カヌーは足が固定といかカバーに隠れるのでひっくり返った時の
恐怖感を想像しちゃうのですが怖くないですか~?

Posted by: mっけ | 2006年04月18日 21:53

■- N - さんコメントアリガ㌧
そうですよ!突き進みましたよ!
どんどん行きましょう!O型の血がさわぐ!
しかしあの写真気持ち悪かったねヽ(´▽`)ノぎゃ~

■Johnnyさんコメントアリガ㌧
みんなそういいますが初心者の私には安定してるとは言い難いもんでした。
一人漕ぎの時はある程度傾けて漕ぐらしいですね。
倒れそうで倒れないピサの斜塔みたいなもんですかヽ(´▽`)ノ

カヌーイベントですか?練習しなくちゃあ!

■mっけさんコメントアリガ㌧
手には入れましたが、指も入れたい気分です。ヽ(´▽`)ノ
悩みましたよ。購入時は…海用のカヤックも売ってたのですよ。
まあ順番からしてこっちかなと思いました。

一人用カヤックの沈したときにはエスキモーロールとかで復活するとか…
いやあ怖いね。うん。
カナディアンでもエスキモーロールできる人も居るらしい。
多分、前後に浮力体付けてると思うけど…
奥深そうですよ。

Posted by: アゲ谷 | 2006年04月19日 00:15

初めまして。
てら嫁さんの所から飛んできました。
面白いブログですねぇ~!
思わず一人で笑い転げそうになりました。(^^)

カナディアンカヌー、購入されたのですね。
私は大歩危の上流の方で、年に数回ですが、カヤックやってます。
まだまだ下手なんですけどね・・・。(^^;
興味があるようでしたら、私が夏には毎月通っている、「素猿」http://www.smonkey.jp/、見てみて下さい!
ここは絶対お薦めですよー!


Posted by: くみ | 2006年04月19日 00:28

■くみさんはじめまして!コメントありがとうございます。

素猿とかいてスモンキーって読むのですね!
見てきましたよHP!面白そうです。
シャワークライミングっていうのが良さそう!
夏にはシャワークライミングだ!と思ってます。
どうぞこれからも来てくださいね!

Posted by: アゲ谷 | 2006年04月19日 00:47

アゲ谷さん こんにちは

楽しそうな事始めましたね。
パワーショベルの下のあたりからエントリーするのでしょうか?

私も古いカヤック持っていますよ。野田さんが新町川にカヌーでやってきた時(カヌーのイベントでした。)参加しました。浸水するのでその時までに自分でFRP補修しましたけど。

Posted by: 八寸 | 2006年04月19日 15:54

■八寸さんコメントありがとうございます。
そうですパワーショベルの横を通ってそこからエントリーです。
夏になるとあと10mくらい水面が下にあるのですが
今頃は水を満々と抱えています。
カヤックも面白そうですね。
次はカヤック、そしてシーカヤックと考えているのですがいつになることやらヽ(´▽`)ノ

Posted by: アゲ谷 | 2006年04月19日 19:29

(*゜▽゜)ノ★+☆【祝】☆+★ヾ(゜▽゜*)カヌーゲット♪
いいですね!!
すごい楽しそう♪
湖の水が青くてきれいそうw(゜o゜)w
ホントに徳島県内ですか!?と思ってしまいますw

Posted by: いと | 2006年04月19日 21:08

■いとさんいらっしゃ~い!
この日は前日大雨だったにもかかわらず
綺麗な色でした。普段はもっと緑っぽいのですが
白くにごって余計に乳緑色みたいな
そんな色あるかどうか知りませんが(笑)
バスクリン系ですね。

カヌーは楽しいですよ。
「普段行けないところへ行ってしまうイケナイ私!」みたいな感じヽ(´▽`)ノ

Posted by: アゲ谷 | 2006年04月20日 13:03

ただただ吹き出しました。(^_^)
このところの落ち込みがこれ読んでなんと!
元気がでましたがな!一回乗ってみたいが
この頃体重が。。。(^^;)

Posted by: 阿波親父 | 2006年04月21日 00:18

■阿波親父さんコメントありがとうございます。
睡眠取れましたか?
我が駄文で落ち込みが飛んだとは、誠に光栄です。
また来てくださいねヽ(´▽`)ノ

Posted by: アゲ谷 | 2006年04月21日 01:25

アゲ谷さんカヌー買ったのですか!
このまま探検続けてたら来年の今頃はムキムキマンになってエンゼル体操をしてるのでは、、、?(笑)

Posted by: タートル号 | 2006年04月21日 04:29

 こんばんは。カヌー、ゲット、おめでとうございます。中古の軽四より高かったんですね。本当に、船、ボートの類は高いですよね。ちょっとしたプレジャーボートでも300万円位はするんじゃないでしょうか。
 そうそう、今、い○ら釣具で大感謝祭しているみたいです。アウトドア用品や、ボートも置いてるみたいです。ボートは3割引き~半額で、一番安いのだと3万円位であるみたいです。新聞で見ただけなので、大きさやクオリティ等は分かりませんが…。セールは今月28日の夜10時までらしいです。

Posted by: 船員28号 | 2006年04月22日 19:18

■タートル号さんコメントアリガ㌧
ムキムキにはならないと思うよん。
-{}@{}@{}-の食いすぎで太ったから(・∀・)
せめて普通に戻りたいよ~

■船員28号さんコメントアリガ㌧
い○ら釣具で大感謝祭!(・∀・)イイ!!
初日に小松島店行ってきましたよ。
川の石の上で滑らない靴を買いにヽ(´▽`)ノ
いってみると靴底が取り替えられるのがありますた!
道は「ラジアル底」で渓流は「フェルト+スパイク」
これでもうこけない!はず…

Posted by: アゲ谷 | 2006年04月22日 21:25

こんにちは、徳滝のたけのです。ご無沙汰してます。
ところで、この滝をみて凄いなぁと感動したので、昨日(4/23)行ってきました。
昨日の水量はこんな感じ。
http://www.ne.jp/asahi/photo/takeno/temp/konan01.jpg
雨のあとなのに極少でした(泣)。確かに幽霊滝ですなぁ。

滝下からの眺めはこんな感じです。
http://www.ne.jp/asahi/photo/takeno/temp/konan02.jpg
滝下からだと滝口が見えないんで小さく感じますが、それでも大滝の雰囲気はプンプンです。滑らかな岩壁が艶めかしくて素晴らしい滝でした。(惜しむらくは水量!)
落差は50m強、水さえあれば徳島でも1級の滝でしょう。

一応、動画も(デジカメで撮影)
http://www.ne.jp/asahi/photo/takeno/temp/konan.MOV

いやぁ、でもこんな滝があったんですねぇ。徳島の滝は本当に奥が深いです。
滝の名前は、コナンの滝とでも仮称しようかなと考えております。

貴重な情報、お礼申し上げます。それでは!
(あ、上記の写真と動画は数日後に削除しちゃいますんで、お早めに)


Posted by: たけの | 2006年04月24日 20:50

■たけのさんご無沙汰してます!&コメントありがとうございます。

画像と動画みせてもらいました。
本当に気まぐれなんですよ。雨の後だからって水が無いときはちょろちょろ…
多い時は2日後でもザバザバ落ちている…
しかしダムが出来る前に見たかったですね…

もう少し上流(月ヶ谷温泉より)にもいい感じの
幽霊滝がありますよ。

慣れないカヌーから写したのでブレた画像しかなく掲載しませんでしたが…
そちらもなかなかのものでした。

http://again.main.jp/mt/mtb/weblog/bbs4.html

この日は上勝すべての幽霊滝が、いかにも滝であるかの如く
存在をアピールしながら噴いていました。



Posted by: アゲ谷 | 2006年04月24日 21:39

コメントありがとうございました。
そして、滝の全貌を見せて頂きました。
なるほど!こうなっていたのですかぁ~
驚きと感動ですよ。ありがとう(^o^)/


Posted by: goavalon | 2007年04月07日 23:40

■goavalonさんこちらこそコメントありがとうございます。

思えば2004年に見つけていらい、ゴムボートで行こうとしてみんなに止められ
中古カヌーを買うまでが非常に長かったんです。
役場で聞いてもみんな知らないって言うし、こりゃ行かんとしゃ~ないと思い、
漕ぎましたヽ(´▽`)ノ

今度は大雨のあともっと綺麗な画像に残そうと考えています。
なんせ、船は揺れるし腕は震えるヽ(T▽T)ノへろへろ~

しかし大雨が最近ありませんね。嬉しい様な悲しい様な…



Posted by: アゲ谷 | 2007年04月08日 00:35


コメントする

サイト管理者にのみ通知する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。